外構塀もしっかりと塗り替えメンテナンスを!

外構塀は、お家と一緒で塀を塗装している場合が多くありますがお家の外壁などを塗り替える際に

一緒にとお考えの方も多くおられます。

外構塀も塗装で仕上げている場合が多いですがよく頂くご相談で膨れや剥がれまた外構塀も外壁塗装と

同じ様に手で触ると白い粉が付くので・・・・といった外構塀塗装に関するご相談を頂きます

そこで今日は『外構・ブロック塀塗装に関するメンテナンス』について解説していきます

外構塀塗装のメンテナンスが必要な症状?

塗膜の膨れ・剥がれがみられる

なぜ膨れや剥がれなどが起こるのか?

外構塀は、ブロックやコンクリートで形を作りその上に塗装しています。

外構塀はもともと地面や土の部分に接しているために地面などの水分や湿気を含みやすく

その水分や湿気が塗料とブロックの間に入ってしまい塗膜が膨れてしまうという原因と

塗膜の密着が不十分という原因などでこの様な症状が発生します。

いったん膨れてしまうと塗膜を破ってあげないと水分や湿気は外にでないのでほっておくとどんどん水分や湿気

を含んでしまい塗膜の膨れが大きくなってしまい剥がれなどが起こってきます。

では一度膨らんでしまった部分や剥がれはどの様に補修すればいいのか?

外構・ブロック塀の塗膜の膨れなどの補修方法は?

一度、外構塀の塗料が膨らみや剥がれが起こった場合まずは膨れている塗膜などをはがす必要性があります。

その際、膨れている塗膜の部分と膨れていない塗膜の部分には段差ができてしまいます。

そのままの状態で新しく塗料を塗ってしまうと段差が残ってしまいます、また剥がした塗料と

剥がしていない塗料の部分の境目からまためくれなどが起こってきてしまう原因になるため

塗料を塗装をする前に下地を作ってあげる必要性がありモルタル(セメント)という材料やひび割れなどの

場合は、コーキングなどで段差をなくしてあげる処理をする必要性があります。

下地を作ってあげたあとはこの部分に水分を含んでいるので十分に乾燥させてあげます。

乾燥期間を取ったあとに塗料を塗っていきますがこのまま塗ってしまうと補修した部分は平らに

なってしまい補修していない部分との差ができ補修跡が目立ってしまいます

そのため補修部分を補修していない部分の模様に合わせてあげる必要性がでてきます

模様を合わせる事で補修跡が目立たなくなります

 

外構塀を手で触ると白い粉がつく

外構塀は塗料の膨れや剥がれなどの劣化症状だけでなく外壁塗装と同じ様にチョーキング現象という

劣化症状もあります

チョーキング現象とは壁などを手で触ると白い粉が付着する症状で塗料の耐久性の寿命が来ている

サインの事です。このチョーキング現象が起こる原因は長年の紫外線などから塗料が守ってくれていますが

塗料は永久的に持つものではないので月日が経つと効果が落ちてき塗料の寿命が近づいてくると

発生します。これは外壁の塗り替え時と同じ様に外構塀にも塗料は使われているので同じ症状が

起こってきます。この症状が発生すると外構塀も外壁塗り替えと同じ様に塗り替えの時期にきている

証拠です。

外構塀を塗り替える際は塗料に注意を!

外構塀を塗り替える場合は塗料の選定に注意をしてください

外構塀の特徴は地面からの水分や湿気を含みやすいという特徴があります

その為、膨れや剥がれなどが起こってきます

塗料の選定を間違えるとまた同じことがすぐに起こってきます

外構塀を塗り替える際は、通気性が重要になってくるので通気性のよい塗料を選ぶことが大事なことで

専門家の方に外構塀を塗り替える際には相談をすることをおススメいたします

まとめ

外構塀もお家の屋根や外壁と同じ様に年月と共に色劣化などの症状が起こってきます。

膨れや剥がれなどの劣化症状をいつまでもほっておくと劣化が進んでいくばかりです

外構塀はよくメンテナンスを忘れる方も多い部分でもありますが上記の症状が出ている様でしたら

早めにメンテナンスをしてあげましょう。

その際もし外壁塗装もと検討されている場合は一緒に外構塀もメンテナンスをしてあげると

コストも抑えることができます。

 


兵庫県宝塚市で外壁塗装リフォーム

サブコンテンツ

このページの先頭へ

お電話でのお問合せはこちらメールでお問合せ