外壁塗装の相場費用はどれくらい?相場を知り安心な外装リフォームを

家を新築してからかなりの年月が経過すると、気になるのが外壁塗装の劣化です。同じ頃に新築したご近所がぼちぼちと外壁塗装をはじめると、うちは大丈夫かしら? と心配になってしまいますよね。外壁塗装には適切な時期がありますので、時期を逸しないうちにやりたいもの。しかし次に気になるのが、外壁塗装の値段です。いったいどれくらいの費用が必要なのでしょうか。この記事では、外壁塗装の相場費用について紹介します。そろそろ外壁塗装を……とお考えのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

外壁塗装相場の価格|30坪,35坪,40坪,45坪など

外壁塗装の相場費用は、家の大きさや塗料のランクなどさまざまな条件によって大きく変動します。はじめにざっと、家の坪数による価格の相場を確認しておきましょう。

家の坪数(延床面積) 外壁塗装の相場費用
30坪 60~100万円程度
35坪 70~120万円程度
40坪 80~130万円程度
45坪 90~140万円程度
50坪 100~160万円程度
60坪 120~200万円程度

同じ30坪でも、60万~100万円程度までと金額に幅があります。

30坪前後の外壁塗装相場費用は?

分譲住宅や建売住宅がこの30坪前後お家が多い様です。分譲住宅や建売住宅とは敷地内に数件の同じ様なお家が土地と建物がセットで販売されているお家の事を一般的に分譲住宅・建売住宅といいます

30坪前後のお家の外壁塗装相場費用は、100万円前後が相場費用です

項目 平均面積 単価相場 相場金額
足場相場費用 300㎡ 800円 240000円
洗浄相場費用 290㎡ 150円 43500円
外壁塗装相場費用 200㎡ 2400円 480000円
付帯塗装補修等相場費用 200000円
合計 963500円

※税抜きでの平均価格 外壁塗装は3回塗りの合計単価

30坪前後の外壁塗装相場費用のポイント

30坪前後のお家の場合、外壁に使用されている外壁材はサイディングというパネル素材の外壁材が使用されている場合が多いです。サイディングなどのパネル素材の場合パネルとパネルの継ぎ目にゴム状のコーキング(シールともいわれる)という目地のあります。外壁の塗り替えをする場合、この継ぎ目の部分のコーキングも新しく設置するのが適切な工事ですのでこの部分の費用が発生する場合がありますので一度お家の外壁材を確認しましょう

30坪の外壁屋根塗装の相場費用をさらに詳しく知りたい方はこちら

40坪前後の外壁塗装相場費用は?

40坪前後のお家は外壁面が多い為、外部から外壁面がよく見渡せる傾向が多くある様です。その為、外壁面の劣化や色褪せ症状などが特に目立つ傾向が多くみられます

40坪前後のお家の外壁塗装相場費用は、120万円前後が相場費用です

項目 平均面積 平均単価 平均金額
足場費用 330㎡ 800円 264000円
洗浄費用 325㎡ 150円 48750円
外壁塗装費用 225㎡ 2400円 540000円
付帯塗装補修等費用 250000円
合計 1102750円

※税抜きでの平均価格 外壁塗装費用は3回塗りの合計単価

40坪前後の外壁塗装の相場費用のポイント

40坪前後のお家の場合、外壁面が道路からみえる面が大きくその分ひび割れや色褪せがよくみえます。そのため訪問販売業者から目を付けられる可能性が高くなり平均費用よりも高い費用を支払ってしまった・・・という被害に合う可能性もあります。また外壁面が大きいため塗り替えする場合はツヤあり・ツヤなし、使用する塗料を検討しないと今までのお家のイメージがガラッと変わってしまうので注意が必要です

40坪の外壁屋根塗装の相場費用をさらに詳しく知りたい方はこちら

50坪以上の外壁塗装相場費用は?

50坪以上では、アパート・マンション・ハイツなどの集合住宅が多いですが一般の戸建て住宅も中にはあります。50坪以上の場合は、外壁面も道路から見える面もさらに大きくなりまた屋根の部分が屋上防水となっている場合があるのでその場合は相場費用が大きく変わってきます

宝塚市 外壁塗装リフォーム

50坪以上の外壁塗装相場費用は200万円前後は相場費用です

項目 平均面積 平均単価 平均金額
足場費用 550㎡ 800円 440000円
洗浄費用 540㎡ 150円 81000円
外壁塗装費用 390㎡ 2400円 936000円
付帯塗装補修等費用 250000円
合計 1705000円

※税抜きでの平均価格 外壁塗装3回塗りの合計単価

50坪以上の外壁塗装の相場費用のポイント

50坪以上は圧倒的にアパート・マンション・ハイツなどの集合住宅が多いです。そのため一般の戸建て住宅と同じ様な感じではなく屋上防水をされているケースが多いです。防水機能が切れると建物に雨漏りなどの症状が発生する可能性もありまた集合住宅の場合は外観と共にきちんとメンテナンスをしていないと入居率にも影響してきますので注意が必要です

50坪の外壁屋根塗装の相場費用をさらに詳しく知りたい方はこちら

外壁塗装の相場費用を左右するもの

前述のとおり、同じ一戸建てでも外壁塗装の価格にはかなりの幅があります。外壁塗装の相場費用を左右する条件は以下のとおりです。

  • 外壁塗装をする延床面積や坪数
  • 塗料のランク
  • 外壁塗装前の劣化の状態
  • 外壁塗装をする時期|季節や繁忙期など

それぞれ説明していきましょう。

外壁塗装をする延床面積や坪数

まず外壁塗装の相場費用を左右する条件として、家の延床面積や坪数が関係してきます。当然ですが、延床面積や坪数が大きくなるほど、費用の相場も上がります。なぜなら単純に塗る面積が増えるからです。また同じ延床面積でも、その家のつくりによって費用が変わる場合もあります。総2階の四角い建物と、複雑なつくりの建物ではどうしても複雑なつくりの方が高くなってしまいがち。ただ単に外壁塗装面積が増えるだけではなく、足場代や作業の工賃などにも影響してくるからです。

外壁塗装の相場費用を出すには塗装面積必要になってきます。実際の外壁面積を出し塗らない窓などの開口部を引いた面積が実際の塗り替え面積になります。正確に外壁塗装面積を出すには難しい部分もありますので今回は簡単に我が家の外壁塗装の相場費用がおよそどれ位するのかを知る為に坪を用いた方法でご紹介致します

1坪は3,3㎡ですので

30坪のお家は約100㎡(100÷3,3=30坪)

40坪のお家は約140㎡(140÷3,3=42坪)

50坪以上のお家は約170㎡(170÷3,3=51坪)

この100㎡とか140㎡というのは1F床面積と2Fの床面積を足した合計です。但し外壁塗装は床を塗るのではなく外壁を塗るので同じ30坪のお家でも2F建てのお家と3F建てのお家では壁の面積が違ってきます、またお家の形状や屋根の形、外壁の種類劣化状況、庇の出幅などさまざまな状況がお家ごとに違っているため30坪だからこの費用というわけではありませんので外壁塗り替えをされる際の予算の目安の参考にしてみてください

外壁塗装面積の計算方法

外壁塗装面積=床面積合計×係数1.2~1.4

※係数は会社ごとによって違いますがおよそこの範囲です

塗料のランク

外壁塗装の相場費用は、塗料のランクによっても大きく変わってきます。外壁塗装用の塗料には、さまざまなランクがありそれぞれ一長一短です。塗料ごとにメリットやデメリットがありますので、それらを確認しながら予算に応じた塗料選びをします。

塗料の種類 価格 耐用年数 メリット デメリット
アクリル塗料 1,000-1,800円/㎡ 3-8年 料金が安い 耐久性が乏しい
ウレタン塗料 1,500-2,500円/㎡ 5-10年 塗りやすくはがれにくい

比較的料金が安め

今はあまり使われない
シリコン塗料 1,800-3,500円/㎡ 7-15年 耐久性がいい

バランスがいいので一般的に使われている

料金が高め
フッ素塗料 3,000-5,000円/㎡ 12-20年 耐久性にすぐれている

雨で汚れが落ちやすい

料金が高い

塗料の種類・耐久性について

外壁塗装前の劣化の状態

外壁塗装以前の、外壁の劣化状態によっても相場費用が変わるケースもあります。前回の塗装の劣化が激しい場合には、補修や下塗りの段階で通常よりも手間がかかってしまうことも。そのため外壁塗装をするタイミングは、なるべく適期を逃さないようにしたいものです。

外壁塗装する時期|季節や繁忙期など

外壁塗装には、適した時期とあまり適さない時期があります。そのため適した時期は、業者や職人にとっても繁忙期となり塗装費用が上がる可能性も。逆にあまり適さない時期には、比較的リーズナブルな価格で塗装をしてもらえることもあります。

外壁塗装に適した時期 外壁塗装を避けたい時期
4~5月、9~10月 梅雨時、雪の多い時期

一般的に気候がよいといわれる春か秋が、外壁塗装には適しています。この時期は天候も安定していてカラッとしており、作業段階でうまく乾かすこともできるからです。逆に梅雨時の雨続きのなかでは、塗料を塗ることができません。また雪国など気温が5℃を下回るような時期には、塗装ができないのです。このように外壁塗装には適した時期と適さない時期がありますので、少しずらすことで価格がおさえられる可能性もあります。しかし無理な条件での外壁塗装は、早い劣化につながりますので、よく業者と相談してください。

外壁塗装適した時期について詳しくお知りになりたい方はこちらもご覧ください

外壁塗装の相場費用の内訳|それぞれの値段

ここからは、外壁塗装の相場費用の内訳を紹介していきます。塗料はもちろんですが、それ以外にかかる費用が占める割合は以下のとおりです。

内 訳 占める割合
塗料や材料費 約20%
足場の費用 約20%
人件費や工事代 約30%
その他諸経費 約30%

足場の費用

宝塚市の外壁塗装の相談見積もりは吉村建築設計へ

外壁塗装にかかる費用で意外と大きな割合を占めるのが、足場の費用です。足場代は、全体の費用の20%程度はかかります。安全でしっかりとした足場なくしては、質のよい外壁塗装はできません。

人件費や工事費

宝塚市地域密着で外壁塗装を行っています

外壁塗装は職人の腕によって塗られています。知識や経験が豊富な信頼できる職人がいる業者なら、安心してまかせられますね。

外壁と同時に屋根も塗装した時の相場費用

外壁塗装をする際に、屋根塗装もするのはおすすめです。なぜならば費用の負担が多い足場を組んだ際に、同時に外壁も屋根も塗装ができるからです。予算が足りないからと、また数年後に屋根だけの塗り替えをしようとすると、再度足場の費用がかかってしまいます。できれば同時期にやってしまいましょう。屋根の塗装もあわせて行う場合には、外壁塗装の費用にプラスして30~40万円ほどとみておくといいでしょう。

屋根塗装の相場費用について詳しく知りたい方はこちら

外壁塗装の見積書の見方

ここからは外壁塗装の見積書の見方を紹介します。

外壁塗装の見積書は業者によってちがう

外壁塗装の見積書は、特別な決まりがあるわけではありません。そのため業者ごとにそれぞれちがいがあります。

よい業者の見積書とは

よい業者の見積書は、内訳がわかりやすく提示されています。何にいくらかかっているのかが、外壁塗装にくわしくない人が見てもわかりやすく書かれているでしょう。もしも不明な点があれば、業者に確認して説明をうながすことも可能です。確認したいポイントは以下のとおりです。

  • 3回塗りをしてくれるのか
  • 下地処理をきちんとしてくれるのか
  • 塗料のメーカーが明記されているか
  • よくわからない費用がまざっていないか
  • 保証の記載があるかどうか

悪い業者の見積書とは

悪い業者の見積書は、〇〇一式などと書かれており、内容が不明瞭なものです。また足場の料金が無料などとなっている場合は、要注意。支払うべき費用がきちんと明記されているかどうかを確認しましょう。

お金がない!外壁塗装をしないとどうなる?

外壁塗装は高額な費用がかかるわけですが、お金がないからといって外壁塗装をしないとどうなるのでしょうか。外壁塗装目的は、ただ単に見た目をよくするためだけではありません。外壁塗装が劣化することによって、外壁にひびが入るようになり、さらに悪化すると雨水が浸透して部材が腐ったりシロアリの被害にあったりします。やがては建物自体の耐久性がそこなわれ、自然災害などで倒壊するおそれもあるのです。大切な家や家族を守るためにも、外壁塗り替えは定期的におこなう必要があります。

外壁塗装なぜ必要?みんなやってるからしないといけないの?

外壁塗装費用を安くする方法はある?助成金や補助金

外壁塗装は、どうしても高額な費用がかかってしまいます。大切なわが家を守るためには必要な費用なので、仕方がありません。しかし少しでも安くしたい場合には、国や自治体の助成金や補助金が利用できないのかを確認してみましょう。よくわからない場合には、外壁塗装を依頼する業者に相談するのもおすすめです。業者は、外壁塗装のプロ。そのあたりの情報をもっているはずです。

費用をおさえて安心な外壁塗装リフォームなら|ぜひ当社へご相談ください

約10年に一度ともいわれている外壁塗装。どうしても高額な費用がかかってしまいますが、大切な家を守るためには必要なメンテナンスです。また外壁塗装は、信頼のできる業者にお願いすることが重要となります。もしも外壁塗装でお悩みでしたら、お気軽に当社までご相談ください。

私たち吉村建築設計事務所の外壁塗装・屋根塗装リフォームは

お客様のお家の外壁屋根塗装工事に集中する為に!数件同時着工は致しておりません

宝塚市地域密着で外壁塗装を行っています2,3件同時に外壁屋根塗装リフォームをするとお客様のお家に集中して取り組む事ができません。私たちはお客様のお家の塗装リフォームに集中して取り組みたいので数件同時着工の外壁屋根塗装工事は致しておりません。

塗装工事が始まると一級塗装技能士の資格を持つ職人と私、吉村隆正が毎日現場にお伺い致します

西宮市で外壁塗装なら吉村建築設計へ一級塗装技能士資格を持った職人が外壁塗装リフォーム開始から完了まで同じ職人が外壁・屋根などの塗り替えを行います。途中で作業する職人が変わる事は御座いません。また私、吉村隆正が毎日現場にお伺いさせて頂き外壁屋根塗装中の工程検査を行います。

私たち吉村建築設計が大切に守り続けている事

私達、吉村建築設計の外壁屋根塗装工事では『守り続け大切にしている事』があります。それは、この建築業界に入った時から父の仕事をずっとみてきていました。父は、工事が始まると毎日、現場に行き必ず自分の目で工事の状況や職人さんの監理、適切に工事が行われているかのチェックなどを必ず毎日、現場に行き確認していました。

そして、依頼をされたお客様は、きちんとチェックをしてみてくれているという事が何よりも安心できたというお声をお聞きさせて頂いた事があります。その父の姿をみて多くの事を学びました。

思い出いっぱい詰まったお家、そしてこれからもたくさんの思い出が増えていく大切なお家その大切なお家を長く持たせる為に外壁や屋根を塗り替えてキレイにしょうと思って検討した外壁塗装リフォーム。

どうして不安になりながらリフォームしないといけないのでしょうか!誰もが安心してリフォームしたいはずです!安心して兵庫県宝塚市の地域の皆さんが外壁屋根塗装リフォームをし大切なお家を長持ちさせる為に私達は『毎日現場に行きしっかりと専門家の立場から検査』を父から教えられた事を大切に守り続けています。


otoiawa%ef%bc%94