外壁塗り替えの費用相場はどれくらい?相場を知り安心な外装リフォームを

家を新築してからかなりの年月が経過すると、気になるのが外壁塗装の劣化です。同じ頃に新築したご近所がぼちぼちと外壁塗装をはじめると、うちは大丈夫かしら? と心配になってしまいますよね。外壁塗り替えには適切な時期がありますので、時期を逸しないうちにやりたいもの。しかし次に気になるのが、外壁塗り替えの料金です。いったいどれくらいの費用が必要なのでしょうか。この記事では、外壁塗り替えの費用相場について紹介します。そろそろ外壁の塗り替えを……とお考えのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

外壁塗り替え費用の価格相場|30坪,35坪,40坪,45坪など

外壁塗り替えの費用相場は、家の大きさや塗料のランクなどさまざまな条件によって大きく変動します。はじめにざっと、家の坪数による価格の相場を確認しておきましょう。

家の坪数(延床面積) 外壁塗り替えの費用相場
30坪 60~100万円程度
35坪 70~120万円程度
40坪 80~130万円程度
45坪 90~140万円程度
50坪 100~160万円程度
60坪 120~200万円程度

同じ30坪でも、60万~100万円程度までと金額に幅があります。

外壁塗り替えの費用を左右するもの

前述のとおり、同じ一戸建てでも外壁塗り替えの費用にはかなりの幅があります。外壁塗り替えの費用を左右する条件は以下のとおりです。

  • 外壁塗り替えをする延床面積や坪数
  • 塗料のランク
  • 塗り替え前の劣化の状態
  • 塗り替えをする時期|季節や繁忙期など

それぞれ説明していきましょう。

外壁塗り替えをする延床面積や坪数

まず外壁塗り替えの費用相場を左右する条件として、家の延床面積や坪数が関係してきます。当然ですが、延床面積や坪数が大きくなるほど、費用の相場も上がります。なぜなら単純に塗る面積が増えるからです。また同じ延床面積でも、その家のつくりによって費用が変わる場合もあります。総2階の四角い建物と、複雑なつくりの建物ではどうしても複雑なつくりの方が高くなってしまいがち。ただ単に塗り替え面積が増えるだけではなく、足場代や作業の工賃などにも影響してくるからです。

30坪の外壁塗り替え費用相場の解説はこちら

40坪の外壁塗り替え費用相場の解説はこちら

50坪の外壁塗り替え費用相場の解説はこちら

塗料のランク

外壁塗り替えの費用相場は、塗料のランクによっても大きく変わってきます。外壁塗り替え用の塗料には、さまざまなランクがありそれぞれ一長一短です。塗料ごとにメリットやデメリットがありますので、それらを確認しながら予算に応じた塗料選びをします。

塗料の種類 価格 耐用年数 メリット デメリット
アクリル塗料 1,000-1,800円/㎡ 3-8年 料金が安い 耐久性が乏しい
ウレタン塗料 1,500-2,500円/㎡ 5-10年 塗りやすくはがれにくい

比較的料金が安め

今はあまり使われない
シリコン塗料 1,800-3,500円/㎡ 7-15年 耐久性がいい

バランスがいいので一般的に使われている

料金が高め
フッ素塗料 3,000-5,000円/㎡ 12-20年 耐久性にすぐれている

雨で汚れが落ちやすい

料金が高い

塗り替え前の劣化の状態

塗り替える以前の、外壁の劣化状態によっても費用が変わるケースもあります。前回の塗装の劣化が激しい場合には、補修や下塗りの段階で通常よりも手間がかかってしまうことも。そのため外壁塗り替えをするタイミングは、なるべく適期を逃さないようにしたいものです。

外壁塗り替えをする時期|季節や繁忙期など

外壁塗り替えには、適した時期とあまり適さない時期があります。そのため適した時期は、業者や職人にとっても繁忙期となり塗り替え費用が上がる可能性も。逆にあまり適さない時期には、比較的リーズナブルな価格で塗装をしてもらえることもあります。

外壁塗り替えに適した時期 外壁塗り替えを避けたい時期
4~5月、9~10月 梅雨時、雪の多い時期

一般的に気候がよいといわれる春か秋が、外壁塗り替えには適しています。この時期は天候も安定していてカラッとしており、作業段階でうまく乾かすこともできるからです。逆に梅雨時の雨続きのなかでは、塗料を塗ることができません。また雪国など気温が5℃を下回るような時期には、塗装ができないのです。このように外壁塗り替えには適した時期と適さない時期がありますので、少しずらすことで価格がおさえられる可能性もあります。しかし無理な条件での塗装は、早い劣化につながりますので、よく業者と相談してください。

外壁塗り替えに適した時期について詳しくお知りになりたい方はこちらもご覧ください

外壁塗装費用の内訳|それぞれの値段

ここからは、外壁塗り替えの費用の内訳を紹介していきます。塗料はもちろんですが、それ以外にかかる費用が占める割合は以下のとおりです。

内 訳 占める割合
塗料や材料費 約20%
足場の費用 約20%
人件費や工事代 約30%
その他諸経費 約30%

足場の費用

外壁塗り替えにかかる費用で意外と大きな割合を占めるのが、足場の費用です。足場代は、全体の費用の20%程度はかかります。安全でしっかりとした足場なくしては、質のよい外壁塗り替えはできません。

人件費や工事費

外壁塗り替えは職人の腕によって塗られています。知識や経験が豊富な信頼できる職人がいる業者なら、安心してまかせられますね。

外壁と同時に屋根も塗り替えしたい時の費用相場

外壁塗り替えをする際に、屋根の塗り替えもするのはおすすめです。なぜならば費用の負担が多い足場を組んだ際に、同時に外壁も屋根も塗り替えができるからです。予算が足りないからと、また数年後に屋根だけの塗り替えをしようとすると、再度足場の料金がかかってしまいます。できれば同時期にやってしまいましょう。屋根の塗り替えもあわせて行う場合には、外壁塗り替えの費用にプラスして30~40万円ほどとみておくといいでしょう。

外壁塗り替えの見積書の見方

ここからは外壁塗り替えの見積書の見方を紹介します。

外壁塗り替えの見積書は業者によってちがう

外壁塗り替えの見積書は、特別な決まりがあるわけではありません。そのため業者ごとにそれぞれちがいがあります。

よい業者の見積書とは

よい業者の見積書は、内訳がわかりやすく提示されています。何にいくらかかっているのかが、外壁塗り替えにくわしくない人が見てもわかりやすく書かれているでしょう。もしも不明な点があれば、業者に確認して説明をうながすことも可能です。確認したいポイントは以下のとおりです。

  • 3回塗りをしてくれるのか
  • 下地処理をきちんとしてくれるのか
  • 塗料のメーカーが明記されているか
  • よくわからない費用がまざっていないか
  • 保証の記載があるかどうか

悪い業者の見積書とは

悪い業者の見積書は、〇〇一式などと書かれており、内容が不明瞭なものです。また足場の料金が無料などとなっている場合は、要注意。支払うべき費用がきちんと明記されているかどうかを確認しましょう。

お金がない!外壁塗り替えをしないとどうなる?

外壁塗り替えは高額な費用がかかるわけですが、お金がないからといって塗り替えをしないとどうなるのでしょうか。外壁を塗り替える目的は、ただ単に見た目をよくするためだけではありません。外壁塗装が劣化することによって、外壁にひびが入るようになり、さらに悪化すると雨水が浸透して部材が腐ったりシロアリの被害にあったりします。やがては建物自体の耐久性がそこなわれ、自然災害などで倒壊するおそれもあるのです。大切な家や家族を守るためにも、外壁塗り替えは定期的におこなう必要があります。

外壁塗り替えを安くする方法はある?助成金や補助金

外壁塗り替えは、どうしても高額な費用がかかってしまいます。大切なわが家を守るためには必要な費用なので、仕方がありません。しかし少しでも安くしたい場合には、国や自治体の助成金や補助金が利用できないのかを確認してみましょう。よくわからない場合には、外壁塗り替えを依頼する業者に相談するのもおすすめです。業者は、外壁塗り替えのプロ。そのあたりの情報をもっているはずです。

費用をおさえて安心な外壁リフォームなら|ぜひ当社へご相談ください

約10年に一度ともいわれている外壁塗り替え。どうしても高額な費用がかかってしまいますが、大切な家を守るためには必要なメンテナンスです。また外壁塗り替えは、信頼のできる業者にお願いすることが重要となります。もしも外壁塗り替えでお悩みでしたら、お気軽に当社までご相談ください。


otoiawa%ef%bc%94