ブロック塀塗装の膨れや剥がれデメリットと補修方法を解説

外構塀は、お家と一緒で塀を塗装している場合が多くありますがお家の外壁などを塗り替える際に

一緒にとお考えの方も多くおられます。

外構塀も塗装で仕上げている場合が多いですがよく頂くご相談で膨れや剥がれまた外構塀も外壁塗装と

同じ様に手で触ると白い粉が付くので・・・・といった外構塀塗装に関するご相談を頂きます

そこで今日は『外構・ブロック塀塗装に関するメンテナンス』について解説していきます

ブロック塀塗装のメンテナンスが必要な症状?

塗膜の膨れ・剥がれがみられる

なぜ膨れや剥がれなどが起こるのか?

外構塀は、ブロックやコンクリートで形を作りその上に塗装しています。

外構塀はもともと地面や土の部分に接しているために地面などの水分や湿気を含みやすく

その水分や湿気が塗料とブロックの間に入ってしまい塗膜が膨れてしまうという原因と

塗膜の密着が不十分という原因などでこの様な症状が発生します。

いったん膨れてしまうと塗膜を破ってあげないと水分や湿気は外にでないのでほっておくとどんどん水分や湿気

を含んでしまい塗膜の膨れが大きくなってしまい剥がれなどが起こってきます。

では一度膨らんでしまった部分や剥がれはどの様に補修すればいいのか?

ブロック塀塗装の膨れなどの補修方法は?

一度、外構塀の塗料が膨らみや剥がれが起こった場合まずは膨れている塗膜などをはがす必要性があります。

その際、膨れている塗膜の部分と膨れていない塗膜の部分には段差ができてしまいます。

そのままの状態で新しく塗料を塗ってしまうと段差が残ってしまいます、また剥がした塗料と

剥がしていない塗料の部分の境目からまためくれなどが起こってきてしまう原因になるため

塗料を塗装をする前に下地を作ってあげる必要性がありモルタル(セメント)という材料やひび割れなどの

場合は、コーキングなどで段差をなくしてあげる処理をする必要性があります。

下地を作ってあげたあとはこの部分に水分を含んでいるので十分に乾燥させてあげます。

乾燥期間を取ったあとに塗料を塗っていきますがこのまま塗ってしまうと補修した部分は平らに

なってしまい補修していない部分との差ができ補修跡が目立ってしまいます

そのため補修部分を補修していない部分の模様に合わせてあげる必要性がでてきます

模様を合わせる事で補修跡が目立たなくなります

 

外構塀を手で触ると白い粉がつく

ブロック塀塗装は塗料の膨れや剥がれなどの劣化症状だけでなく外壁塗装と同じ様にチョーキング現象という

劣化症状もあります

チョーキング現象とは壁などを手で触ると白い粉が付着する症状で塗料の耐久性の寿命が来ている

サインの事です。このチョーキング現象が起こる原因は長年の紫外線などから塗料が守ってくれていますが

塗料は永久的に持つものではないので月日が経つと効果が落ちてき塗料の寿命が近づいてくると

発生します。これは外壁の塗り替え時と同じ様に外構塀にも塗料は使われているので同じ症状が

起こってきます。この症状が発生すると外構塀も外壁塗り替えと同じ様に塗り替えの時期にきている

証拠です。

ブロック塀を塗装する際は塗料に注意を!

ブロック塀を塗り替える場合は塗料の選定に注意をしてください

外構塀の特徴は地面からの水分や湿気を含みやすいという特徴があります

その為、膨れや剥がれなどが起こってきます

塗料の選定を間違えるとまた同じことがすぐに起こってきます

外構塀を塗り替える際は、通気性が重要になってくるので通気性のよい塗料を選ぶことが大事なことで

専門家の方に外構塀を塗り替える際には相談をすることをおススメいたします

まとめ

ブロック塀もお家の屋根や外壁と同じ様に年月と共に色劣化などの症状が起こってきます。

膨れや剥がれなどの劣化症状をいつまでもほっておくと劣化が進んでいくばかりです

外構塀はよくメンテナンスを忘れる方も多い部分でもありますが上記の症状が出ている様でしたら

早めにメンテナンスをしてあげましょう。

その際もし外壁塗装もと検討されている場合は一緒に外構塀もメンテナンスをしてあげると

コストも抑えることができます。

私たちと吉村建築設計事務所について

はじめまして、こんにちは。吉村建築設計事務所の吉村隆正と章弘です。兵庫県宝塚市に数あるリフォーム会社の中から当社のホームページにお越し頂きありがとうございます。

まずは、私たちと吉村建築設計事務所について自己紹介させて頂きます。少し長くなりますがお付き合い頂ければ幸いです。

1976年7月22日に私と弟は生まれました。双子なので誕生日は一緒です。私達が生まれた時から父は吉村建築設計事務所を一人で仕事をしていました。父は、朝から晩まで忙しくしている時が多くお休みの日でも家にいない事が多くあり父より母と接する時間が多くあった事を覚えています。小さい時から私達は、野球が大好きで弟と二人でプラスチックのバットやボールで二人で野球をして遊んでいました。私達が小学生になると野球チームに入りたいと言えば母は私達のために必死になって入れるチームを探してくれましたし試合の日にはいつも応援にきてくれていましたが父が来た事は一度もありませんでした。そんな少年時代を過ごしていた事もあり父と話すよりも母と話す方が多くなり父とはあまり話す機会が減っていました。

月日は流れ私は一時期、東京で就職し一人で生活をしていた時期があります。これまで家に帰れば母や姉、弟そして父の誰かが必ず家にいる。

家に帰れば『おかえり』と母が言ってくれる

家族でご飯を食べる

悩みがあれば聞いてくれる家族がいる

そんな当たり前だと思っていた家族の温もりが東京に行くまで普通の事だと思っていました。私はとぢらかと言えば人と接するのが得意な方ではないので東京での生活や会社にもあまり馴染めず悩んでいました。その事を母に相談をしていましたし休みの日には帰っておいでとよく言ってくれていました。実家に帰れば温かく迎えてくれましたし私が食べたい物はなんでも母は作ってくれていました。しばらくは休みの日に実家に帰る生活を送っていましたが東京での生活に慣れず実家のある兵庫県に帰る事にしました。

実家に帰ってからはしばらくやる事もなかったので父の仕事を手伝ったりしていました。もともと、父は昔、宝塚市の消防署や新築住宅などの設計をしていましたが私が実家に帰ってきた時はリフォームの仕事の方が多くなっていました。ある時、父と一緒に昔から父を頼ってくれているお客様のお家のリフォームの現場に行く機会がありました。

そのお客様から『先生、毎日来てくれるから任して安心やわ~』

ん?『毎日、現場に行ってる・・・・?』

毎日、現場に行っているから家にいない事が多かったのか!!!

だから信頼して何度も相談してくれるんだ!!!

私達が生まれてから宝塚市などの阪神間で父が始めた吉村建築設計事務所は父が自ら毎日現場に行く事でお客様からの安心と信頼を得て40年の間続いています。父を信頼しご依頼を頂いたお客様には大変感謝を致しております。

私は、父の仕事の仕方しか知りません。父の仕事の仕方だと一件のお客様のお家のリフォームが始まるとつきっきりなってしまい他のお客様の工事を請ける事が出来なくなってしまいお客様をお待たせしてしまうかもしれません。ですが父の仕事の仕方をみて創業以来、何度もご相談を頂いているお客様もおられます。

だからこそ私達は、父の仕事の仕方が間違っていないと信じています。そしてこれからも私達は、父の仕事の仕方を守っていきます。

私は父と母を尊敬しています。

家族の温もりの大切さを教えてくれました

家族の温もりはどの家庭にもきっとあると信じています

家族の温もりが無ければ人は生きていけないと思います

家族の温もりの場所がお家だと私は思います

だからこそこれからも家族の温もりが溢れるお家を守っていきたい。そういう想いで塗替えメンテナンスを行っています

代表 吉村隆正