宝塚市地域密着で外壁塗装を行っています

屋根塗装をする目的はどんな必要性があるのでしょうか?屋根の外観を美しく保つという目的はもちろん屋根の耐久性を高め、雨漏りなどのトラブルを未然に防ぐために必要なのが屋根塗装です。

大切なわが家を快適に保つためには、劣化が始まる前に屋根の状態をチェックし、最適な塗装時期を知ることが大切です。また、屋根材や塗料の耐用年数をすぎてしまっている場合は、変化がなくても劣化が進んでいることがあり、塗り替えが必要となります。屋根塗装の保護が無くなると屋根の劣化が急激に低下し建物内部に影響がでてしまい、最悪の場合、修繕に莫大な費用がかかる可能性もあります。そうならないために住宅の屋根塗装について紹介していきます。

屋根塗装の必要性や屋根塗装を実施するタイミングの見極め方や費用など、屋根塗装をおこなう際に知っておくべき内容についてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

屋根塗装の目的は?

屋根塗装はなぜ必要なのでしょうか?屋根塗装の目的についてみてきましょう

美観をキレイに

屋根塗装の目的である美観は経年劣化によって色あせた屋根を再度塗装することによって元の色に塗り直したり、違う色に変えたりすることでキレイに美しくなり高級感もでます。また屋根塗装を行う事で屋根材の劣化を防ぐ事ができます。

屋根材を守るための防水機能

屋根塗装をする事で屋根材に塗膜と呼ばれる膜ができます。この塗膜は屋根材を雨水の侵入を防ぐ効果があるため、屋根塗装を実施すると防水効果が期待できるようになります。

ただし、すでに雨漏りしている場合には屋根材そのものの劣化が起きているため、塗装によって解消することはできません。劣化が起こる前に定期的に塗装を行うことで屋根材の寿命年数まで守るための防水効果を期待できます。

屋根材をゴミや砂から守る為に

屋根は、雨だけでなく風にも24時間365日さらされています。風によって運ばれてくる砂や細かなゴミが付着すると、屋根材の劣化を早めます。定期的な屋根塗装をおこなわずに塗膜が劣化している場合は、屋根材自体にゴミが付着したり砂が溜まったりすることにより、屋根が傷ついたり水分を含みやすくなってしまいます。現在の屋根塗装で使用される塗料には防塵機能の付いた塗料もあるため屋根塗装を行うと防塵効果が期待できます。

部屋の遮熱効果が少し期待できる

屋根塗装に使用される塗料の中には、遮熱効果を備えている塗料もあります。屋根塗装をおこなえば、建物の気温の上昇や低下を防げるようになりますし、冷暖房の効きも向上します。但し住宅の場合は、屋根に収納部屋がある場合などには効果があまり期待できませんが屋根と同じ角度で天井がなっているお家の場合は期待出来ます

屋根塗装を行うタイミングは?

屋根塗装を行うタイピングは築10年ぐらいすると屋根塗装の時期と言われていますが実際に屋根塗装をされる方の多くは築10~20年の間が多く特に築15年ぐらいが屋根塗装をされる方が一番多いです。では屋根塗装を行う必要性の劣化症状などをみていきましょう

屋根にコケ・カビがある

屋根のコケやカビ

屋根にコケやカビが発生している場合は屋根の防水機能の低下が進んでいる証拠です。コケやカビが付着する原因は湿気が原因で屋根の防水機能の低下によりコケ・カビが発生します。屋根にこの様な症状が発生している場合は、早期に屋根塗装を実施し防水機能の回復を行う必要性があります。

屋根の色あせ

屋根の色あせが発生する原因は屋根はどの面も直射日光・紫外線などの影響を受けます。また長年の過酷な自然環境からお家を守ってくれているため屋根に塗膜の寿命がき色あせが発生します。屋根に塗装されている塗膜は屋根材を守るための防水機能を持っていますが色あせが発生すると防水機能が低下してきているため屋根材自体に水分を含みやすい状態になっています。

屋根材に水分を含み続けると屋根材の本来持っている寿命年数よりも短くなってしまい屋根を貼り替えなくてはいけなくなってしまい費用も塗装費用よりも掛かってきてしまいます。その様に事にならないために屋根に色あせが発生している場合は早期の屋根塗装を実施し屋根材を守ってあげる必要性があります。

屋根の反り

屋根塗装は屋根材を守るために屋根塗装を行いますが塗装に屋根に水が染み込むようになってくると、吸水、乾燥が繰り返します。それに合わせて屋根材が膨張したり反ったりすることでダメージが蓄積され、徐々に反りが大きくなってきます。反りが強い場合には貼り替えを行う必要性が出てきますので、反りの発生を抑えるために屋根塗装を行う必要性があります。

屋根のひび割れ・欠落

屋根にひび割れや欠落がみられる場合は、雨水の侵入口となりお家を上からの雨水などから守っている防水シートを傷めてしまいます。そのため防水シートを傷めるとお家の内部に水分が浸入し骨組みとなっている木材などの構造体を腐らせたりし修繕に莫大な費用が発生してしまいます。

屋根材はこの防水シートを守る役割がありさらに屋根材を守る為に屋根塗装を実施され何重にも外部からの水分の侵入を防いでいます。屋根にひび割れ・欠落がある場合は防水シートがむき出しになってしまっているので雨水が直接当ってしまい防水シートを傷つけていますので早期に屋根を修繕し屋根塗装を実施する必要性があります。

屋根にサビの発生

金属屋根や屋根の板金部分にサビが発生する原因は、長年の塗料という膜で鉄部を守っていた膜が寿命が過ぎ水分が鉄部に当たってサビが発生します。屋根にサビが発生すると鉄部はサビで弱くなり水分の侵入口となってしまいます。その様な症状がある場合は早期に屋根を修繕し屋根塗装あるいは屋根の貼り替えを検討する必要性があります。

早期の修繕を!屋根材やその他の部位の劣化が目立つ場合

住宅の屋根に、以下のような症状が見られる場合は、今すぐに屋根の修繕を実施する必要性があります。

  • 瓦の滑落
  • 板金部分の浮き
  • 釘抜け
  • 漆喰の劣化
  • 漆喰の剥がれ

このような症状は、屋根の塗装だけでなく、屋根そのものの劣化が相当進んでしまっているサインです。そのため、専門の業者に依頼して修繕してもらい、その上で屋根塗装を実施する必要があります。

屋根を確認するには

屋根の状態を確認する際には危険ですので絶対にご自分で屋根に登っての確認はしないでください。屋根の状態を確認するには遠くに離れると屋根の一部が見えますので離れて屋根の一部を確認するか1階に屋根がある場合は1階の屋根を確認する様にしてください。

屋根の種類

住宅の屋根に使用されている屋根材はさまざまな屋根の種類があります。そのため屋根材によって屋根塗装の方法や必要性が変わってきますので屋根の種類や劣化症状をみていきましょう。

・スレート瓦(カラーベスト・モニエル瓦)

劣化症状 ・色あせ

・触ると手に粉が付く(チョーキング現象)

・コケの付着

・屋根の塗膜の浮き・剥がれ

・釘などの抜けがみられる

ここ注意です

パミュールなどに代表されるスレート屋根材には屋根塗装不可のスレート屋根材があります。

ニチハ パミール

このニチハのパミールという屋根材は、サイディングメーカー大手のニチハから1998年~2006年に発売された屋根材で現在では発売中止になっています。屋根材の種類は軽量スレートという屋根材の種類になり施工後10年位で不具合が起こる屋根材です。

このニチハのパミールは、施工後数年経ってから表面が剥がれる・釘の腐食などの症状が発生し塗装ができないという屋根材になります。

スレート屋根のパミュール屋根が塗装できない理由

・洋瓦(セメント瓦・モニエル瓦)

劣化症状 ・色あせ

・手で触ると粉が付く(チョーキング現象)

・コケの付着

・塗膜の浮き・剥がれ

・瓦の割れ

・金属系屋根材(瓦棒・ガルバリウム)

劣化状況 ・サビの発生

・手で触ると粉が付く(チョーキング現象)

・色あせ

・釘・留め金具の抜け

屋根の種類と劣化症状をまとめてみました。屋根に色あせ・手で触ると粉が付く(チョーキング現象)などの劣化症状が発生していると屋根の塗装時期に来ていますので確認してみてください。また屋根の塗装劣化症状が激しい場合や塗装が不可の場合は屋根を葺き替えるか屋根カバー工法というメンテナンス方法になってしまいます。

屋根塗装の塗料の種類

屋根塗装に使われる塗料はたくさんの種類の塗料があります。塗料のランクにより耐用年数が変わってきますので屋根塗装に使われる塗料をみていきましょう。

屋根塗装の基本の工程はどの家でもほぼ共通していますが、使用する塗料はお住まいの屋根材や劣化状態やお客様が使用したい塗料によってさまざまな塗料があります。屋根塗装用の塗料には

  1. アクリル
  2. ウレタン
  3. シリコン
  4. ラジカル
  5. フッ素

の順にグレードが存在します。耐久性が高い塗料ほど価格も高くなりますので、各塗料の効果や単価相場をしっかり理解しておきましょう。

●アクリル塗料

耐用年数:約5年

施工費用相場:約1200~1800円/㎡

耐久性が低く耐用年数が短いため、新築時に使用されている場合が多くありましたが最近の戸建て住宅では外壁や屋根に使われることはなくなりました。

●ウレタン塗料

耐用年数:約8~10年

施工費用相場:約1800~2200円/㎡

あまり耐久性は高くありませんが、やや柔らかいため軽度のひび割れ(クラック)であれば塗膜が伸びて割れ目を塞ぐことから防水性に優れた塗料です。また鉄部の塗替えによく使用されています

●シリコン塗料

耐用年数:約10~15年

施工費用相場:約2200~2800円/㎡

耐久性が高く価格も高すぎないことから、現在戸建て住宅での外壁塗装に最も使われている塗料です。

●ラジカル塗料

耐用年数:約14~16年

施工費用相場:約3000~3500円/㎡

ラジカルという塗膜の劣化因子を抑制する最新塗料で、フッ素塗料よりも安くシリコン塗料よりも耐久性が高いことから注目されつつあり現在、外壁塗装に使用される塗料の主流になりつつあります。

●フッ素塗料

耐用年数:約15年

施工費用相場:約4200~4500円/㎡

最もハイグレードな樹脂を主成分とする塗料で、紫外線に強いため耐候性が高く10年以上の耐久年数を持つ塗料です。

屋根塗装以外の屋根修繕方法

屋根材を守る為に屋根塗装を行いますが経年劣化が激しい屋根や屋根塗装がそもそもできないパミュールなどの屋根などは屋根塗装は修繕が難しい場合があります。また屋根塗装が2,3回目以降の屋根は屋根材の耐用年数の寿命に来ている場合が多くあり屋根塗装が不向きな場合があります。屋根塗装が不向きな場合の屋根の修繕方法をご紹介致します。

屋根カバー工法

屋根カバー工法

現在の屋根の上に新しく防水シートを敷きその上に屋根材を設置する方法を屋根カバー工法といいます。屋根カバー工法の特徴は

・工期が屋根貼り替え(葺き替え)よりも工期が短縮できる

・既存の屋根材などを撤去する必要がないので屋根貼り替え(葺き替え)よりも費用が安価

という屋根カバー工法にはメリットがあります。但し屋根塗装が不向きな全てのお家の屋根が屋根カバー工法で修繕できるわけではなく屋根カバー工法ができない屋根もありますので屋根カバー工法をする場合は専門家に屋根を確認してもらいましょう。

屋根貼り替え(葺き替え)

屋根の貼り替え(葺き替え)は防水シートと屋根材を撤去し新しく防水シート・屋根材を設置する修繕方法です。屋根貼り替え(葺き替え)は既存の屋根材などを一度撤去する必要性があり荷下ろし費などが掛かってくるため費用は高くなってしまいます。

・瓦屋根などは荷重が軽い屋根材を選べば地震などの災害対策で屋根を軽くすることができる

・新しく屋根を貼り替えるので屋根カバー工法よりも雨漏りの心配がない

屋根の貼り替え費用については詳しく知りたい方はこちら

屋根塗装の相場費用は?

屋根塗装に掛かる相場費用は一般的な2階建ての屋根(約50~90㎡)でズバリ約40万円ほど掛かります。但し屋根の形状や劣化状態・使用する塗料などによって変動はしますので参考程度でお考えください。ではこの屋根塗装に掛かる約40万円の費用の内訳はどの様になっているのでしょうか。

屋根塗装に掛かる内訳

屋根塗装に掛かる費用の内訳は『足場代』+『人件費』+『塗料代』+『諸経費』から屋根塗装に掛かる費用が成り立っています。

足場代の相場費用

屋根の塗装をする際に安全対策上、足場が必要になっていきます。足場代の相場費用は約800円~1000円/㎡が相場費用となっています。一般的な2階建ての屋根塗装に掛かる足場代は約20万円ほどが平均価格となっています。

屋根塗装に掛かる足場代 相場単価
足場の設置・解体(メッシュシート張り込み) ¥800~1000/㎡

※足場代の費用を抑えるポイント

屋根の塗装で掛かる足場代は約20万円ほど掛かってきてしまいます。屋根の塗装をする際には外壁塗装も一緒に塗り替えをすると足場代費用が1回の費用で抑える事ができます。外壁塗装に掛かる足場代も屋根塗装に掛かる足場代費用と同じ位掛かってくるので屋根塗装と外壁塗装を一緒にすると足場代が節約できるので一緒に塗り替えを実施するのをおススメ致します。

塗料代の相場費用

一般的な2階建ての屋根の塗装に掛かる塗料缶数は2缶程度必要になってきます。また使用する塗料のランクによって屋根の塗装に掛かる塗料代は変わってきます。

塗料 耐久年数 費用(1缶当たり)
ウレタン塗料 約5~7年 ¥4、000~15,000
シリコン塗料 約8~10年 ¥15,000~20,000
ラジカルシリコン塗料 約10~15年 ¥15,000~25,000
フッ素塗料 約15~20年 ¥25,000~35,000

塗料は耐久年数が短いほど1缶当たりの塗料代は安く耐久年数が長いほど高くなっています。屋根は日中どの面も直射日光が当たる為、外壁よりも色あせなどの劣化症状が激しく出ている場合が多いので耐久性の長い塗料を選ぶ方が長い目でみると塗り替えメンテナンスコストを抑える事ができるので耐久性の長い塗料で屋根塗装をする方をおススメです。

人件費の相場費用

屋根塗装をする際には屋根を塗り替える前に屋根の汚れを落とす高圧洗浄・屋根の下地処理などの工事も必要になってきます。それらの作業を行う人件費が屋根の塗装をする際にも掛かってきます。

屋根塗装に掛かる人件費 ¥28,000/人件費用相場(1日当たり)

諸経費の相場費用

屋根塗装の工事に掛かる廃棄物処理費・交通費・現場監理費・清掃費などが諸経費に含まれています。見積書の明細書に諸経費の記載がない場合もありますがその場合はその他の項目に上乗せされており必ず計上されています。

屋根塗装に掛かる諸経費 ¥30,000~60,000

屋根塗装で絶対にやってはいけない事

屋根塗装を行う場合、できれば費用を抑え安く屋根塗装をとお考えになられる方も多いと思います。屋根は雨風が直接当りまた直射日光などの影響も屋根のどの面も受けます。屋根は上からの劣悪な自然環境からお家を守ってくれており一番ダメージの受けやすい部分が屋根です。その屋根をしっかりと適切に屋根塗装を行う事で大切なお家をこれからも守ってくれます。適切な屋根塗装を行うには費用もそれなりに掛かってきてしまいますので屋根塗装で絶対にやってはいけない事をご紹介しています。

格安業者で屋根塗装を行う

屋根塗装に掛かる費用を安く抑えたいと思う事は決して悪い事ではありませんが格安の屋根塗装の場合

・時間・行程を省き適切な屋根塗装を行わない

・対応年数の低い塗料で屋根塗装をおススメし塗装する

など屋根塗装を格安ですると対応年数が低くすぐに屋根塗装を

しないといけなくなったり時間や行程を省き適当な屋根塗装を行われてしまっって・・・またしないといけないといった事になってしまいます。

屋根塗装をDIYで行う

屋根塗装をご自分で塗装をとお考えなられている場合は絶対にDIYで行わないでください。屋根塗装は高い所を塗り替えます。屋根を塗装する際に慣れていないと落下をし大けがをする可能性があります。またご自分で屋根塗装をDIYでした場合逆に雨漏りの原因などになる可能性もあります。

上記の理由から屋根塗装は格安で行うとかえって屋根を傷める事になるので専門家に適切な屋根塗装をお任せしましょう。

まとめ

本来耐用年数のあう屋根をしっかりと守り適切な耐用年数まで持たせるために屋根塗装を行うのが屋根塗装の目的です。適切な時期に屋根の塗装を行ってあげる事で屋根を守りしいてはわが家を守ってくれます。わが家を守る屋根塗装の必要性や費用に、適切な時期に屋根塗装を行うタイミングの見極め方などについて解説させて頂きました。適切な屋根塗装を行いわが家をしっかりと末永く持たせる様に適切な時期に屋根のメンテナンスをおこないましょう。

私たち吉村建築設計事務所の外壁塗装・屋根塗装リフォームは

お客様のお家の外壁屋根塗装工事に集中する為に!数件同時着工は致しておりません

宝塚市地域密着で外壁塗装を行っています2,3件同時に外壁屋根塗装リフォームをするとお客様のお家に集中して取り組む事ができません。私たちはお客様のお家の塗装リフォームに集中して取り組みたいので数件同時着工の外壁屋根塗装工事は致しておりません。

塗装工事が始まると一級塗装技能士の資格を持つ職人と私、吉村隆正が毎日現場にお伺い致します

西宮市で外壁塗装なら吉村建築設計へ一級塗装技能士資格を持った職人が外壁屋根塗装リフォーム開始から完了まで同じ職人が外壁・屋根などの塗装を行います。途中で作業する職人が変わる事は御座いません。また私、吉村隆正が毎日現場にお伺いさせて頂き外壁屋根塗装中の工程検査を行います。

私たち吉村建築設計が大切に守り続けている事

私達、吉村建築設計の外壁屋根塗装工事では『守り続け大切にしている事』があります。それは、この建築業界に入った時から父の仕事をずっとみてきていました。父は、工事が始まると毎日、現場に行き必ず自分の目で工事の状況や職人さんの監理、適切に工事が行われているかのチェックなどを必ず毎日、現場に行き確認していました。

そして、依頼をされたお客様は、きちんとチェックをしてみてくれているという事が何よりも安心できたというお声をお聞きさせて頂いた事があります。その父の姿をみて多くの事を学びました。

思い出いっぱい詰まったお家、そしてこれからもたくさんの思い出が増えていく大切なお家その大切なお家を長く持たせる為に外壁や屋根を塗り替えてキレイにしょうと思って検討した外壁塗装リフォーム。

どうして不安になりながらリフォームしないといけないのでしょうか!誰もが安心してリフォームしたいはずです!安心して宝塚市の地域の皆さんが外壁塗装リフォームをし大切なお家を長持ちさせる為に私達は『毎日現場に行きしっかりと専門家の立場から検査』を父から教えられた事を大切に守り続けています。