3階建ての屋根外壁塗装は費用が高くなる⁈

いつもご覧頂きありがとうございます。

このコーナーは兵庫県宝塚市・西宮市・川西市周辺ではじめて外壁塗装をお考えの方に外壁塗装・屋根塗装

リフォームの情報を随時発信しています。

さて最近、ご相談が多くなってきています。春に近づいてくるとお家の屋根や外壁の塗り替えを

ご検討される方がやっぱり多くなってくるみたいですね。

ご相談を頂き実際のお家の現在の状態をまずはどの様になっているのかを確認させて頂く初回の

無料診断を行わさせて頂くのですがその際に、最近多くなっているのが3階建てのお家が多くなって

います。3階建てのお家が多くなっているのは限られた敷地に対して間取りを取るには限界があります。

その為、横に取るのではなく上に上にという発想が定着し3階建てのお家が多くなっています。

3階建てのお家の外壁材でよく使用されているのがサイディングなどのパネル外壁が多く使用

されています。もちろんお家を建てられてから10年位すると塗膜の耐久性が落ちてくるので

3階建てでも塗り替えが必要になっていきます。

そこで今日は、3階建てのお家の屋根や外壁塗装についての注意点を解説していきたいと思います。

3階建ての外壁塗装は2階建てよりも費用が掛かる

3階建てのお家の場合、2階建てよりも高さが1階分多くなっています。

通常、2階建ての高さは屋根の軒先まで約6M位ですが3階建ての場合は、1階分高さが増える為、

屋根の軒先まで約9M位になります。2階建てよりも高さが3M増える為に外壁の面積も増えます。

1階分外壁面積が増えるという事は、塗り面積も2階建てよりも増えるという事になります。

また、3階建ての多くは、外壁材にサイディングと言われるパネル素材の外壁を使用している場合が

多くサイディングなどのパネル素材の特徴である目地というゴム状の線が必ず入っています。

このゴム状の線の事をコーキングまたシールといいます。

2階建てのお家の外壁材でもこのサイディングという外壁材は使用されていますし同じ様に目地と言われる

ゴム状の線が必ず入っています。塗り替えの際は、この目地部分も新しくコーキング材を注入していきます。

3階建てのお家の場合も外壁にサイディングなどのパネル素材を外壁に使用している場合もこの目地と言われる

ゴム状の線(コーキングまたはシール)を剥がしてから新しく注入しますが2階建てのお家よりも

階数が1階分多い為、目地の長さも2階建てよりも長くなってしまいます。

その為、2階建ての同じ様なサイディングを外壁に使用しているお家よりも3階建ての同じ様な

サイディングを外壁に使用しているお家の方が目地の長さが増える為に費用が増えてしまいます。

また、屋根外壁塗装で必ず必要になってくる足場ですがこちらも2階建てよりも3階建ての方が

1階分階数が高くなってしまうので足場の高さも増えてしまいます。

足場は面積で費用を出すので2階建てのお家よりも3階建てのお家は1階分面積が増えるので

足場設置費用も2階建てのお家よりも3階建てのお家は増えてしまいます。

階数が増えれば増えるほど塗装工事に掛かる費用は掛かってきてしまいます。

3階建てのお家の外壁塗装をする際の注意点

3階建てのお家の外壁塗装をされる際には注意することがあります。

『3階建てのお家の外壁塗装をする際には、お隣さんとの空きが重要!』になってきます。

3階建てのお家は、限られた敷地に対して2階建てでは間取りが取れない為に上に上にという発想で

3階建てになっています。またお部屋の広さをできるだけ広く広くという発想から敷地いっぱいいっぱいに

お家が建てられている場合が多いです。その為、お隣さんのお家と接近している場合が多くなっています。

お隣さんのお家との空き寸法がほとんどない場合、塗装工事ができないという事が起こってきます。

お隣さんのお家との空き寸法がほとんどない場合、なぜ塗り替えができないのか?

まず、空き寸法がほとんどないという事は人間の体が入りません、また入ったとしても横向きで進んで

行くしかできません。その為、足場を設置する為には単管を一本一本建てて行くために材料を運びますが

空き寸法がほとんどない場合、材料を運ぶことができません。また運ぶことができたとして足場を建て

てしまうとよりいっそう体が入らなくなってしまうという事がおこります。

また、塗り替えをする際にも塗料を運ぶことができない、ビニールシートなどで養生ができない

体が常にお隣さんの外壁などに当たる為にキレイな塗り替えができないやお隣さんの外壁に傷をつけて

しまうという事も起こってきます。

その為、3階建てのお家の塗装工事は、お隣さんとの空き寸法がとても重要になってきます。

お隣さんのお家との空き寸法が40cm以下の場合は、側面や後面が塗装できない可能性が高いので

一度、確認してみてくださいね。

但し、一概に40cm以下だからできないというわけではないので判断ができない場合は、専門家に

相談をしてみてくださいね。

3階建ての屋根外壁塗装の適正価格は?

3階建てのお家の屋根外壁塗装リフォームの適正価格は一体どれくらいなのでしょうか?

ここまで3階建ての塗り替えが2階建てよりも費用が掛かってくることをご説明させて頂きましたが

3階建ての屋根塗装リフォームの適正価格は、外壁や屋根の仕様・現在の状態・立地条件など

さまざまな要因によって変わってくるため一概にこれくらいとは言えませんが

2階建ての場合は、ホームページでもご紹介していますが150万円以下が適正価格です。

2階建ての場合もお家の大きさ・外壁や屋根の仕様・現在の状態・使用する塗料によってかわります。

この事から3階建てのお家の塗り替えの場合は、2階建ての適正価格+1階分の費用合計位が

適正価格とお考えください。もっとはっきりと適正価格を知りたいという方も多いと思いますので

目安として150万円から200万円の間が適正価格とお考えください。

もし3階建てで2階建ての塗装工事費用くらい(150万円以下)の場合は、何かしらの要因があると

お考え頂くといいと思います。

まとめ

3階建てのお家は増えてきています。階数を多くすればその分、塗装工事などのメンテナンス費も

2階建てのお家と比べて費用が掛かってきます。

2階建てと同じくらいのメンテナンス費を考えがちですが3階建てと2階建てでは費用が違って

きます。ですのもしこれからお家を購入される方は、お家の購入後のメンテナンス費の事も考えて

2階建てがいいのか?3階建てがいいのかご判断してください。

また現在、3階建てのお家にお住いの方で塗り替えをご検討されている方は、3階建ての場合は、

費用が高くなってしまうという事を知りことがまずは、塗装工事では大事なことです。

はじめて外壁塗装をお考えの方へ、正しい情報をまずは学びましょう

外壁塗装を兵庫県でお考えならお気軽にお問い合わせください
兵庫県宝塚市で外壁塗装リフォーム

サブコンテンツ

このページの先頭へ

お電話でのお問合せはこちらメールでお問合せ