建売住宅の外壁塗装どこに頼む?塗り替えする時のポイント解説

建売住宅を購入してから10年位すると外壁の色あせが目立ってきたからそろそろ塗り替えが必要なのかなと考えておられる方も多いのではないでしょうか?また建売住宅にお住いの方は訪問販売業者による営業を頻繁に受けられるケースが多く本当に外壁塗装が必要なのかなと思われている方もおられるのではないでしょうか?

建売住宅は不動産業者が仲介や販売元になっているケースが多い為、施主様と建築会社が直接関わることがないケースが多く定期点検が行われる機会がないことが少なくありません。そのためどこに塗り替えを頼めばいいのか?迷われている方に建売住宅の外壁塗装をする際のポイントと後半に安心できる業者さんのポイントを解説しています。

建売住宅とは?

建売住宅とは土地と建物が一体で不動産会社さんなどが売りに出している物件の事をいい分譲住宅とも言われています。開発された敷地内に数戸のお家が立ち並びご近所さんとのコミニティーなども生まれ子育てしやすい住宅環境とも言えます。地場の不動産会社さんや大手分譲会社さんなどから建売住宅は販売されています。

建売住宅の塗り替え時期は?

建売住宅の塗り替え時期は築7~10年くらいから検討をする目安です。建売住宅の場合、お家を建てるにあたり内外装、トイレやお風呂などの設備器具などをトータルコストを考えて一件のお家を建てます。コスト面から内装や設備器具の方にコストを多く掛けるケースが多く外装部分にコストがあまり掛けられていないケースが多いです。7年くらいから紫外線によって外壁が劣化し、防水性が徐々に無くなってきます。防水性が無くなって外壁が雨水を吸い込むようになると、ひび割れや変形など塗装では改善しない症状も発生してしまいます。そのため外装材を劣化させない為に築7~10年くらいで外壁の塗り替えを検討する目安時期になっています。

こんな劣化症状が出ていると塗り替えの時期です

外壁材を守るためにこの様な症状が出ていると外壁材側からのそろそろ塗り替え時期ですよと教えてくれているサインですのでまずはご自身で我が家にこの様な症状が出ていないかチェックをしてみてください。

手で外壁を触ると白い粉がつく

外壁を手で触ると白い粉や外壁の色が付く場合は塗料の耐久性の寿命がきている事を外壁材が教えてくれていますので塗り替えを検討する時期です。外壁材に水分が含まない様に塗料で保護をしていますがこの塗料の耐久性が切れてくると外壁材に水分が含んでしまい反りや浮きなど原因になってしまいます。その様な症状をいつまでも放置すると柱などに水分が浸入しお家の修繕に莫大な費用が掛かってきてしまいます。外壁材は水分が含まれてくると劣化してくるので手で外壁を触ると白い粉が付く場合は早めに塗り替えを行う様にしましょう

反り・浮きが発生している

外壁材に反りや浮きがある場合は早めに塗り替えメンテナンスを行いましょう。反りや浮きが起こる原因は外壁材に水分が含まれ膨張、収縮を繰り返すことで発生しているケースが多く反りや浮きがある場合はビスでもう一度反りや浮きを戻しますが一度変形してしまうと元に戻らないケースもありますので早めに塗装メンテナンスを行いましょう。

目地のひび割れ・開き・欠落等の劣化

建売住宅の外壁に多く使用されているケースが多いのがサイディングというボードの外壁材です。このサイディングというボードの外塀材は1枚のパネルと1枚のパネルを突き合わせて貼っていますが隙間ができてしまいます。その隙間の部分にコーキングという充填材で隙間を埋めて外壁が出来ています。この隙間に充填しているコーキングの事を目地といいます。サイディング外壁の場合、サッシの周りにもコーキングを充填しています。この目地のコーキング部分も耐久性があり年月と共に劣化しひび割れ・開き・欠落等の症状が築7年くらいすると起こってきます。この症状が発生しいつまでも放置するとサイディング外壁材に水分がまわる原因となってしまいますので早めのメンテナンスを行いましょう

ひび割れ

外壁にひび割れが入っていたら塗装メンテナンスを早めに検討を行いましょう。外壁にひび割れが発生している状態で放置するとそこから水分の侵入経路になってしまい外壁材に水分が含んでしまいます。水を吸い込むようになった外壁は、水を含んで膨張、収縮を繰り返しまた振動等でひび割れが大きくなってしまったという事になってしまいます。

コケの付着

外壁にコケが多く付着するのは北側など湿気の溜まりやすい外壁面に付着します。コケが付着するという事は湿気が溜まりやすい場所ですので外壁材に水分が含んでしまうと乾きが悪く外壁材を傷めるスピードが速くなってしまいます。コケがもし外壁に付着している様でしたら早めの塗装メンテナンスを行いましょう

建売住宅の外壁塗装のポイント

建売住宅の外壁塗装を行う際には以下のポイントを抑えて行う様にしましょう。

我が家専用の見積り・提案を

建売住宅にお住いの方が外壁塗装をする際は、必ずあなたの家専用の見積もり・提案をもらうようにしてください。近隣の家とだいたい同じ感じの家だから大きさも同じ感じだし同じ金額だろうと思ってしまう事はNGです。なぜなら、同じ形の家であっても、日当たりや立地によって劣化の状態が違いまた、同じ坪数だったとして外壁の面積は変わる場合があります。後悔のない塗装をするためには、

・お家をしっかり点検してもらうこと

・この先何年持たせたいか・予算などを業者に伝えること

が重要です。外壁塗装をする際には我が家専用の見積・提案をもらうようにしましょう。

外壁の色を変えて我が家の理想のお家に

建売住宅の場合、外壁の色を選択できる色が非常に少ない場合が多くまた色も形も同じ建売住宅が数軒並んでいる場合が多く建売住宅を購入する際に『建売だから仕方ないか・・・・』とあきらめていた方も外壁塗装というメンテナンスを行う際には外壁の色を変え我が家の理想のお家にする事ができます。例えばツートンカラーで外壁を塗り替えたり青色や黒色など建売住宅購入時に希望していた色に塗り替えたりすることもできます。建売住宅の外壁塗装というメンテナンスは必ず必要になってくるメンテナンスです。必要な塗装メンテナンスの際にあなたの理想のお家に変身させることもいいですね。

余分な費用を掛けないために外壁の寿命をのばす

外壁塗装の目的は美観を綺麗にと思っておられる方も多いのではないでしょうか?美観上の事も大事ですが本来の目的はお家を外部からの雨風から守る為に外壁材を守るのが目的です。外壁材に水分が含んでしまうと本来の外壁材の寿命が全うできなくなってしまい外壁材を張り替えなくてはならなくなってしまいますい余分な費用が発生してしまいます。そうならないために定期的な周期で塗装メンテナンスを行ってあげることがお家を永く持たせる重要なポイントです。ですので塗装メンテナンスを定期的な周期で行う様にしましょう。

建売住宅の外壁塗装相場費用は?

建売住宅は30坪前後のお家が多く塗料のグレードによっても費用は変わってきます。また立地条件や2建て・3階建てなど階数などによっても変わってきますがここではおよその費用について解説しています。

30坪前後のお家の外壁塗装の相場費用は、100万円前後が相場費用です

項目 平均面積 単価相場 相場金額
足場相場費用 300㎡ 800円 240000円
洗浄相場費用 290㎡ 150円 43500円
外壁塗装相場費用 200㎡ 2400円 480000円
付帯塗装補修等相場費用 200000円
合計 963500円

※税抜きでの平均価格 外壁塗装は3回塗りの合計単価

30坪前後の外壁塗装相場費用のポイント

30坪前後のお家の場合、外壁に使用されている外壁材はサイディングというパネル素材の外壁材が使用されている場合が多いです。サイディングなどのパネル素材の場合パネルとパネルの継ぎ目にゴム状のコーキング(シールともいわれる)という目地のあります。

外壁の塗り替えをする場合、この継ぎ目の部分のコーキングも新しく設置するのが適切な工事ですのでこの部分の費用が発生する場合がありますので一度お家の外壁材を確認しましょう。

また使用する塗料のランクによっても費用が変わってきます。

塗料の種類 相場単価 耐久年数
アクリル塗料 1000円~1300円 5~7年
ウレタン塗料 1800円~2000円 6~8年
シリコン塗料 2300円~3500円 8~15年
フッ素塗料 3800円~5000円 15~20年

外壁塗装に使用される塗料の耐久年数が長くなるにつれ単価も高くなってきますが費用を抑えたいと思って耐久年数の短い塗料でと思って塗装すると次回の塗り替えサイクルが短くなるので費用が余計に掛かってくる場合もあります。また外壁材に適していない塗料もあるので耐久年数が長いからといって選んでしまうとすぐに塗膜にひび割れが入ってしまったという不具合も起こってきます。そのためコスト面・耐久年数・外壁に合った塗料など総合的に判断して塗料を選定することが大事なことです。

国が推奨する業者選びのポイント

建売住宅の場合、不動産会社さんが販売・仲介しているケースが多く定期的な点検などが無い場合も多くあります。また不動産会社さんが販売・仲介をしているため工務店さんなど知り合いもいないためどこに外壁塗装をお願いすればいいのか全くわからない方のために国が推奨している業者さん選びのポイントがあります。

リフォームは、そのリフォーム内容が正しいのか判断する事が難しいといわれています。その中でも外壁塗装は特に判断する事が難しい為、国民消費者センターに相談される方が多いくおられます。被害にあってからでは手遅れとなってしまうので被害にあわないためには一番最初の業者さん選びで失敗しない様にすることです。

国土交通省住宅局が推進している業者さん選びのポイントは、

1・希望するリフォームと業務内容が合っているか?

2・経験豊富で実績がある事業者か?

3・建築士などの有資格者がいるか?

4・事業者団体に加盟しているか?

5・建設業等の許可を得ているか?

6・自宅からあまり遠くないか?

など国が推進しているリフォームや外壁塗装の際の業者さん選びのポイントがあります。このポイントを守って業者さんを選ぶと被害にあう確率がぐんっと低くなります。事実、私達にご相談を頂いた方に内容をお伝えさせて頂くとみなさんこの方法で成功されています。業者さんを選ぶ際のポイントはネットなどでたくさんの情報を得れますが業者さん都合で書かれている場合もあります。しかしこの方法は、国土交通省住宅局が推進しているため第三者の立場で公平にみた業者さん選びのポイントになるため一番信用ができる業者さん選びの方法です。

まとめ

建売住宅にお住いの方が外壁塗装を検討する時期は築7年ぐらいからまずはご自宅の外壁に色あせや手で外壁を触ると白い粉の付着・コーキングの劣化などがないかをチェックしてみてください。もし症状が少しでも出ている場合は塗り替えメンテナンスを行う時期にきていますので検討しどこに頼めばいいのか迷われている方は国が推奨するポイントを参考にあなたにあった業者さんを選ぶ様にしましょう。そして永くお付き合いができる業者さんをみつければこれから何かあった時にどこに頼めばいいのか迷う事がなくなり末永く安心して我が家に住むことができます。


otoiawa%ef%bc%94