外壁塗装の最適な色の組み合わせを選ぶ方法と注意するポイント

屋根や外壁を塗り替える際にどの色で塗り替えを行うか?また色替えをする際に迷うのが色の組み合わせです。

塗り替え前に色見本やA4サイズの塗り板と言われるサンプルである程度の確認ができますがどんな色がおすすめでデザイン性が高くなるのかは実際に見てみなければわかりません。外壁や屋根塗装をする際に適した組み合わせの選びかた、失敗しないためのコツなどを紹介いたします。外壁塗装は10年に一度くらいと言われています、そう何度も塗り替えを行う物ではありませんの失敗しないためにぜひご参考にしてください

色の適した組み合わせは?どんな色?

屋根や外壁など住宅の塗装に関わらず全ての物の適した色選びの基本となる考え方があります。

カラーチャート!配色決定に役立つ色彩表

色を選ぶ際に目立たしたい部分や落ち着いた感じにといった雰囲気があります。その雰囲気によって最適な色の組み合わせは変わってきます。世の中にある物の全ての色選びの考えたに共通し外壁塗装の色の選び方でも同じ考え方になります。

目立たしたい部分がある時の外壁塗装の最適な色の組み合わせ方

外壁塗装でベランダや一部壁を目立たしたい場合は『補色の関係』を参考に選ぶと目立たしながらも最適な色の組み合わせになります。

補色とは、例えば上記の図柄で言うと赤を目立たしたい場合、正反対の色の水色系を選ぶと目立ちます。つまり赤色の反対側の色の事を補色といいます。目立たしたいベランダなどの外壁がある場合、この補色の関係を利用して外壁の色を選べば最適な色の組み合わせとなります。

落ち着いた住宅にする場合の最適な色の組み合わせ方

ご近所のお家の事も考えながら落ち着いた感じのお家にする場合の外壁塗装の色の最適な選び方は先ほどの補色の関係とは逆に赤なら隣の色のオレンジなどの近い色を選ぶと落ち着いた最適な色の組み合わせになります。

屋根や外壁塗装の色選びで失敗しない為には色の持っている補色の関係などの特徴を参考にすれば最適な色の組み合わせになるため失敗する事が少なくなります。また色見本やカラーシュミレーションでの色選びにも注意するポイントがあります。

色は面積が大きくなれば鮮やかに膨張する

実際に屋根や外壁塗装の色を決める際にはカタログなどの色見本を見ながら外壁などの色を選んでいきます。その際に色の持っている特徴として『面積効果』という特徴があります。

面積効果とは色の面積が大きくなればなるほど色の見え方が変わってきます。例えばカタログの色見本でマルーンの色を選んだ場合、実際に塗ると赤く見えてきます。

カタログなどの色見本は実際の外壁や屋根と比べると1%にもみたない色見本になっています。屋根や外壁はカタログの色見本よりももっと大きい面積になるため色の持っている面積効果という現象が起こってきカタログの見本帳の色味のままが屋根や外壁の色になると思っているとあれなんだか選んだ色と違ってみえるという事が起こってきます。ですのでカタログの色見本で色を選ぶ際には実際には少し鮮やかにみえてくるという事を考えながら屋根や外壁の色を選ぶと失敗する事が少なくなってきます。

カラーシュミレーションで色の決める際の注意ポイント

屋根や外壁を塗り替える際にパソコンやタブレットを使用して我が家の写真で色をシュミレーションできるカラーシュミレーションをしてもらえる業者さんも増えてきています。カラーシュミレーションは実際のお家にさまざまなパターンの色をシュミレーションする事ができる為、塗替え後のイメージがしやすいというメリットもありますがパソコンやタブレットで観る色味と実際に塗る塗料の色味が多少違ってみえるので注意が必要です。カラーシュミレーションしてもらった色と違うという事が起こらない様にカラーシュミレーションを使う場合は、我が家の屋根や外壁がどんな感じになるのかイメージがつかめない時に使用する事が失敗を少なくするポイントです。

外壁塗装でやってはいけない色の組み合わせは?

最近のお家はおしゃれな外壁や屋根のお家がたくさんあり塗り替えをするならあんな感じにしたい!などあると思います。基本的にどんな色でも塗り替える事は可能ですがやってはいけない色の組み合わせがあります。

色を何色も使って塗り替えるのはNG

外壁の塗り替えで使用する色は屋根を入れて2~4色程度が綺麗で美しい色味になります。色をたくさん使用して塗り替えを行うとそれぞれの色が目立ってしまい逆にまとまりがなくちぐはぐ感な我が家になってしまいます。また我が家の塗り替えだから派手にしてもご近所さんには関係ないと思って何色も使用して塗り替えを行うと廻りの街並みの環境も壊してしまいご近所さんと揉める原因になってしまいます。そうならないためには、ご近所さんとの調和も考えて色を組みわせる事も重要です。

まとめ

屋根や外壁は一生のうちで何度も塗り替えを行うものではありません。そのため一回塗り替えると次に塗り替えるのは10年後となってしまうので屋根や外壁の色を選ぶ際には慎重にどんな色で塗り替えたらいいのかを検討する必要性があります。色の組み合わせで失敗しない為にも色の持っている特徴を理解し最適な色の組み合わせで外壁塗装を行うと色で失敗する事が少なくなりますのでぜひご参考にしてみてください。

 


otoiawa%ef%bc%94

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

お電話でのお問合せはこちらメールでお問合せ