外壁にひび割れを発見してしまった・・・ご近所さんが外壁塗装を行っているから我が家も塗替え時期かな・・・築10年以上建って外壁や屋根に色褪せがみられてきたな・・・などなどの理由で外壁塗装を検討しネットなどで探しておられる方が最近では多くなってきています。

どこにお願いすればいいのか・・・建てた工務店がもう廃業してしまって・・・ハウスメーカーの点検で指摘を受けたけど高すぎて・・・さまざまな理由でまずはネットで探してみようと思われた方も多いのではないでしょうか

外壁塗装をするためにはまずは我が家の塗替えをどこにお願いするか業者さん選びをしないといけません。業者さんを選ぶ際にはせめて家の作り方がわかっている業者さんに我が家の外壁塗装をお願いしてください。

外壁塗装の目的

まずは、外壁塗装の目的を知ってください。外壁塗装の目的はお家の柱などの骨組みを守っている外壁材に水分などを含んで傷まない様に塗装でさらに外壁材を守ってあげるのが外壁塗装の目的です。我が家を綺麗にする事も目的ですが一番の目的は家の骨組みを守ってあげる事が最大の目的です。

木造住宅の場合ほぼこの様な形の骨組みで出来ています。この骨組みが家の骨格を作っている大変重要な部分です。木材で出来ている為、雨などの水に弱いためこの骨組みの木材を守る為に保護材で保護をしてあげないといけません。そのため一枚の保護材を貼って木材である骨組みを守ってあげます、一枚の保護材を貼り保護をしましたがこの保護材が破れたりすると木材を傷めてしまいますのでさらにもう一枚保護材を貼ります、これが外壁材です。この外壁材もそのままでは外壁材を傷めてしまうので外壁材を守るためにさらに塗料で保護をしています。お家の骨格となっている木材の骨組みを守る為に何重にも保護材でお家は守らているわけです。その一部の保護材が塗料という塗装部分になり外壁塗装の本来の目的です。

外壁塗装でのトラブルを避ける為にも家の作り方がわかっている業者さんに

外壁塗装は実際トラブルが多いリフォームになってしまっています。

国民消費者センターの情報によると上記の様にこれだけのリフォームによる相談が寄せられています。またヤフーの知恵袋や外壁塗装の一括業者サイトなどの質問欄などにも外壁塗装をお願いしたが一年も経たずに剥げてきたや膨れてきたなどの外壁塗装後や塗り替え工事中の疑問が多く質問されています。また先程の国民消費者センターにも以下の様な相談が多く寄せられています。

外壁塗装やリフォームは専門の知識がなく資格などもなくてもだれでも簡単に参入できてしまいます。そのため外壁塗装のトラブルに巻き込まれてしまう方が年々増え続けています。

新築を建てる時は、資格を持った専門の業者しか建てる事ができず役所の検査等も工事前や工事中に受けなければいけませんがリフォームとなると全く検査も資格もいらずできてしまいます・・・・人が住む空間で新築には厳しい制度があるのにリフォームではない・・・国としての制度体制がおかしな部分ですが国として制度などがない以上ご自身でトラブルに巻き込まれない様に対策をしないといけません。

外壁塗装のトラブルに巻き込まれる方の多くが

『安いところで・・・・』

『外壁塗装だからそこまで気に掛けないでも・・・・』

『営業の方がよかったから・・・・』

といった理由で業者を選んでしまい特に『安いところで・・・』と安さ重視で選んでしまう方、『外壁塗装だからそこまで気に掛けないでも・・・』という方が外壁塗装のトラブルに巻き込まれてしまう傾向が高い様です。

あなたのお家の外壁塗装はどんな塗り替えをしたいですか?

『トラブルに巻き込まれたくない!!』

『これからも永く我が家を大切にしたい!!だからこそ丁寧に安心できる塗替えを!!』

『一番安いところで塗り替えたい!!』

『綺麗になればいい!!』

全てはあなたとご家族の我が家の塗り替えをどの様に外壁塗装を考えどんな塗り替えがしたいかでトラブルに巻き込まれてしまうかしないかで変わってきます。

外壁塗装は屋根塗装も含めると100万円以上する高額なメンテナンスリフォームです。100円、200円の物みたいにすぐに買い換えたらいいという物ではありません。

人が安全に住む場所である家。本来は新築と同様に資格や知識・検査などしっかりとした制度がなされてなくてはいけません。しかしリフォームはどんな業者でも簡単に参入出来てしまうという国の免許や資格制度が整っていない以上、ご自身でトラブルに巻き込まれない様に回避しなくてはいけません。その為にはせめて家の作り方がわかっている業者さんに外壁塗装をお願いする様にしてください。

外壁塗装のトラブル回避のためにご自身で判断できる家の作り方がわかっているかを判断するポイント

外壁塗装のトラブル回避のために業者が家の作り方がわかっているかを判断するポイントがあります。いくつかの質問をする事で家の作り方がわかっているかを判断する事ができますがそのうちの一つが

『木造住宅の場合、基本的に目安にする空間の限度は何M×何Mですか?』と質問してみてください。

家の作り方がわかっていれば基本の事なのですぐに答えれるはずです。木造住宅の場合、木材で出来ている為木材の強度の限界があり4M×4Mを超えると木材にゆがみなどが発生してきてしまいます。そのため部屋を作る時に目安となる空間の広さです。但し工法などによってそれ以上に空間をとることも可能です。この事からお家の作り方がどれだけわかっているかを判断する事ができる一つにポイントになってきますのでもし業者さん選びで迷っている場合は一度質問してみてください。

外壁塗装リフォームで手抜き工事をされる理由

外壁塗装・屋根塗装リフォームはキッチンやお風呂、トイレや内装リフォームと違い形があっても無い様なリフォームです。またお家の2階部分など高い場所も塗り替えたりしリフォーム中はお家を飛散防止シートで覆われてしまい作業内容が外からなかなか見えづらくなってしまいます。

外壁の足場設置

そのため今、どんな作業をしているのかを確認することが難しくまた外壁塗装がどの様に進んで行くのかを知っていないとその作業内容が適切なのかを判断する事が難しいというのが外壁塗装リフォームがキッチンやお風呂、トイレ、内装リフォームと違う大きな点です。

そのため、職人さんが手を抜いても判断することがわからず適切に塗り替えが行われているのかを判断する事が難しいという問題が起こってきます。そもそも手抜き工事をする理由は、適切な工事金額で外壁塗装リフォームを行っていないというのが一番の理由です。

これは自分の会社で職人さんを抱えているいわゆる自社施工や下請け業者さんに仕事を発注している会社さん、会社の大きさなどは一切関係なくこのお家を塗り替えるのにはこれくらい必要という適切な工事金額で塗り替えをしているかが重要なポイントで適切な工事金額で塗り替えをしていないから手抜き工事が発生する理由です。

外壁塗装で手抜き工事をする工程はここ!

外壁塗装や屋根塗装リフォームで手抜き工事をされる工程があります。それは、『中塗り一回で仕上げる』という工程です。

外壁塗装や屋根塗装リフォームは、下塗り・中塗り・上塗り(仕上げ塗装)という3回塗りが基本です。

この3回塗りが外壁塗装での適切な塗り替え方法ですが手抜き工事をされる一番の工程は『上塗り(仕上げ)をしない』という手抜き工事が一番多い工程です。下塗りは、中塗りと上塗りの密着性を高める為に行う工程でこの下塗りを抜くと次に塗る塗料がすぐに浮いてきたり剥がれたりしてきます。そのためこの下塗りをしないで塗り替えを行う業者さんはほとんどいません。ここを抜くとすぐに手抜き工事がバレテしまうからです。

中塗りと上塗りで使用される塗料は、お家の方が選んだ色で塗り替えを行います。その為、中塗りと上塗りの区別がつきにくいという問題が起こってきます。手抜き工事をする業者はそこを目をつけ上塗りをせず中塗りで仕上げてしまうという『ピン仕上げ』という事をし完成させてしまいます。

外壁塗装をする為には塗料と材料とその塗料を塗る作業をする人の人件費が掛かってきます。上塗りを抜く事で材料費と人件費が削減できその削減した費用を利益にしてしまいます。適切な工事金額で塗り替えを行っていないからこの様な事が起こってきます。

手抜き工事をされないために

外壁塗装リフォームで手抜き工事をされない為には、

・適切な工事金額で塗替えをすること

・リフォーム中は職人さん任せにしない

ということに気を付ける事が大事な事です。また、中塗りと上塗りの違いを確認する方法があります。

写真の様に中塗りと上塗りでは若干の色味が違うために線が出ているのがわかりますでしょうか?

この線が出ているのが上塗りをしっかりと行っている証拠です。

中塗りと上塗りを判別するポイントでもあるので覚えておくといいでしょう。

また、外壁や屋根の塗り替え中は、今日は何の作業をしたかを翌日に書面で提出してもらう様に

するとさらに安心して塗替えリフォームをすることができます。

まとめ

わが家の外壁塗装・・・これからも永く大切に住み続けるために・・・・だからこそトラブルに巻き込まれたくないと思うのは誰しもが思う事です。ですがあなたとあなたの家族の大切なお家の外壁塗装をあなたとご家族がどの様な外壁塗装を行いたいかで変わってきます。外壁塗装は高額になってしまいます、もちろんご予算があっての事ですのでできれば安いところで・・・とお考えになる事もわかります。外壁塗装のトラブルは年々増加してきています。ネットに書かれている事が全て正しいとは限りません。外壁塗装などのリフォームは誰でもが参入出来てしまい国などのリフォーム業者免許制度なども整っていません。そのためトラブルに巻き込まれない様にあなたご自身で防衛をしなくてはいけないのが事実です。せめて外壁塗装をする際には家の作り方がわかっている業者さんにお願いする事でまずはトラブルを回避する事前の対策です。

あなたとあなたのご家族がこれからも住み続ける為に行う大切な我が家の外壁塗装がトラブルに巻き込まれないために一級建築士事務所の私達が知っている情報をお伝えさせて頂きました。

ぜひ外壁塗装をされる際にはご参考にしてみてください。


otoiawa%ef%bc%94