【注意!】外壁塗装やリフォームの際には闇業者には気を付けて!

いつもご覧頂きありがとうございます。

今日も暑い日が続いていますね・・・

さてこのコーナーは兵庫県宝塚市・西宮市・川西市周辺で外壁塗装や住まいのリフォームをお考えの方に

安心して塗り替えやリフォームをして頂きたいと思い情報を随時更新しています。

さて今日は、リフォームや外壁塗装の業者の選び方について解説していきたいと思います。

住まいのリフォームや外壁塗装を検討した時、まずは、どこにお願いしようか、業者さん選びから

始めると思います。その際、

『手抜き工事をされないだろうか・・・』

『安心してリフォームや塗り替えを・・・』

『どこに頼めばいいのかしら・・・』

『何を基準で選べばいいのかな・・・・』

などなどリフォームや外壁塗装をされる際には不安な部分も多いと思います。

特にはじめての場合は、不安になられる方も多いのではないでしょうか?

外壁塗装や住まいのリフォームをする際には、国土交通省住宅局が推進している業者の選び方があります。

そこで今日は、国土交通省住宅局が推進している業者の選び方を参考に解説していきます。

住まいのリフォームや外壁塗装の際には闇業者には気をつけて

住まいのリフォームや外壁塗装は、実は、どんな業種や誰でも参入できてしまいます。

実際、皆さんの身近でいうと家電量販店さんがリフォームも取り扱う様になっていますよね。

どんな業種や誰でもリフォームや外壁塗装を取り扱えるという事から全く知識のない業者などが

リフォームを請け負ったりする為に悪徳リフォームという被害が多くなり問題になっています。

お家を長く大切にと考えて外壁塗装を

キッチンをもっと快適に

壁紙が汚れてきたからきれいに

などお家の困ったを解決したいと考えてリフォームや外壁塗装を検討されたのではないでしょうか?

悪徳リフォームや不安なく安心してリフォームや外壁塗装をする為に国土交通省住宅局が推進している

一つ目の判断する材料として

『建設業の許可・建築事務所登録証の確認』をする事をおススメしています。

この建設業許可証や建築事務所登録証は県や国からこの業者さんはしっかりとしている業者さんですという

お済付きみたいなもんで昔は、簡単にとる事ができましたが悪徳リフォーム被害の問題が出た時以降から

新規参入の業者さんは、簡単に許可証を取得する事が難しくなりました。

許可証がない業者さんは新規参入の業者さんかそれとも何かしらの理由があり取得できないという理由が

あります。また創業年数があるのに許可証を持っていないという場合は、創業年数をごまかしている場合が

あります。

ですのでまずは、業者さん選びの第一の判断基準として

『建設業の許可証・建築事務所登録証のある業者』を選定する事を国土交通省住宅局は推進しています。

建築士などの有資格者がいるかを確認

リフォームや外壁塗装を考えた時にまずは実際のお家の状態や詳しいお話をお聞きさせて頂く初回の

現場調査を行います。その際に、営業マンや担当者がお家にお伺いしますが建築士などの住まいの

専門の有資格者であるかを確認しましょう。

確認する方法として有資格者ならば名刺に必ず記載しているのでその営業マンや担当者が有資格者

なのかを判断する事ができます。

また代表者が住まいの専門資格を持っているのかも確認しましょう。

大切なお家をリフォームや外壁塗装を安心してお任せ頂く以上、住まいの専門資格を持つことは最低限

当たり前の事ではないでしょうか?

住まいの専門資格を持っていないという事は、お医者さんが医師免許なしで診断や治療をする事と

同じ事です。医師免許のないお医者さんにあなたの体をみてもらいますか?

そんな事は怖くて到底できませんよね?お家もこの事と同じです。

住まいの専門資格のない業者さんにお願いする事はリスクを背負う様なもの、わざわざリスクがある

所にお願いするよりも住まいの専門資格のある業者さんにお願いしましょう。

まとめ

リフォームや外壁塗装は、誰でもが参入できてしまいます。

例えば飲食店が『明日からうちは住まいのリフォームも取り扱うから』となればその日からでも

簡単にリフォーム業を名乗る事が出来てしまいます。

畑違いの業者の方に大切なお家のリフォームや外壁塗装をあなたは任せる事ができますか?

わざわざリスクがあるのにリスクを背負う様な事をする人はいないと思います。

リスクを事前に回避するために国土交通省住宅局が推進している

・『建設業の許可証・建築事務所登録証を受けているか?』

・『建築士などの有資格者がいるか?』

まずは、この二つの事を確認する事でリフォームトラブルに巻き込まれない様にする為に事前に

確認しましょう。また創業年数が古いという事もポイントです。

創業年数が古いという事は、地域に根差して古くからあり良心的という事でもあります。

悪い噂というのはすぐに広がります。悪い噂があればその地域で業者は仕事が出来なくなってしまうので

その地域で古くからあるという事は、地域で悪い噂などなく良心的で頑張っているという証拠。

これらの事を確認するには、現在ではインターネットで簡単に確認する事ができます。

どの業者も現在ではホームページがあります。そのホームページに会社概要というページが必ずあります。

その会社概要のページに

・取得免許証

・創業年数

・有資格

これらが必ず記載されています。(記載なき場合は論外です)

確認の際に注意して頂きたいのが創業年数が古いのに建設業の免許証や建築士事務所登録証がない業者さんも

います。その様な場合は、取得をしないまたはできない、創業年数を偽っているなどさまざまな理由が

必ずあるので注意が必要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

お電話でのお問合せはこちらメールでお問合せ