お洒落な外構塀にするための色の選び方

外壁塗装をして我が家もキレイになった~と思ってお家を外からみてみると

『外構塀の汚れが目立っている・・・・』といった事が起こってきます

外壁を塗り替えるなら一緒に外構塀も塗り替えてと思っておられる方も多いのではないでしょうか?

『どうせ塗り替えるならおしゃれにしたい』

『汚れがあまり目立たなくしたい』

『どんな色がいいのかな・・・』

など外構塀をどんな色で塗り替えればいいのか?今日は『外構塀の色』について解説していきます

外構塀の色を決める際のポイント

外構・ブロック塀は、お家の廻りを囲んでいる外構塀やポストやインターフォン・表札などを設置

しているワンポイントだけの外構塀などさまざまな外構塀の形があります

外構塀を塗料で塗り替える場合は、表面の模様などは変わらないので色を選ぶ際にはお家全体との

バランスが重要になってきます。

お家が和風なのに洋風の色を選ぶとおかしな感じになりますし逆に洋風なのに和風の色を選ぶのも

おかしな感じになってしまいます。

そのため外構塀の色を選ぶ際にはまずお家全体と外構塀を遠目から見る様にしましょう

そして外壁の色がどんな感じの色を使用しているか?ここが重要になってきます

お家とのバランスをみながらお家の雰囲気にあった色を選ぶ様にしましょう

外構塀の色はどんな色がいい?

外構塀の色を選ぶ際には2つの選び方があります

1・お家の外壁と同じ色で塗る

外構塀の色選びで一番失敗が少ないのがお家の外壁と同じ色で外構塀を塗ると失敗することが少ないです

お家の外壁と同じ色で塗るとお家と外構塀が一体感が生まれバランスの取れた雰囲気を作る事ができます

但しお家の外壁を黒やグレー系の場合は外構塀も同じ色にしてしまうと暗くなってしまうので注意が

必要です。外壁塗装を宝塚市・川西市でお考えなら創業40年の吉村建築設計にご相談ください

 

2・お家の外壁と違う色で塗る

お家の外壁と外構塀を違う色で塗る場合は、外壁の色と同系色の色を選択するといいでしょう

例えば黄土色系の外壁の場合は、茶色系などの色を外構塀に塗ってあげると同系色なので

まとまりがでます。外構塀を外壁と違う色で塗る場合は明暗を付けるよりも外壁の色と同系色で塗った

方が一体感が出てき失敗する事が少なくなります

外構塀の色選びで一番注意するポイント

外構・ブロック塀を塗装する際の色選びで一番注意して頂きたい点があります

外構塀を塗り替える場合、現在の外構塀の黒い汚れやコケの緑などの汚れが気になってという場合が

多いです。そこで外構塀を塗り替える際に黒い汚れが目立たなくしたいと思って黒系の色をと考えて

しまいます。目に見えている汚ればかりに気をとられてしまうと実は白い汚れも実際にはついて

いたという可能性も外構塀の場合はあります。

この白い汚れは、『白華現象』といいます

この白い汚れの原因は雨などの水分がコンクリートの中の成分が空気と触れ起こる現象で外構塀に

よくみられる汚れです

今まで白い外構塀だったため黒い汚れやコケ汚れなどに目がいっていたので濃い色で塗り替えたら

黒い汚れなどは目立たなくなったけどなんか白い汚れが目立って・・・といった事が起こってくる

可能性があります。これは今までが白い外構塀だったために同化して目立たなかっただけで実は

白い汚れも実際にはついていたという事があります

そのため外構塀の色を選ぶ際には

『目に見える汚ればかりに気を取られない事』がとても重要になってきます

色選びの際はカラー見本よりも鮮やかになるので注意

外構塀を塗装する際に色を選ばなくてはいけません。

例えば茶色の色で外構塀を塗り替えて欲しいといっても赤みの掛かった茶色なのか黄色みの掛かった茶色なのか

それともこげ茶色なのか・・・・茶色と言ってもたくさんの茶色があります

また色は人それぞれ持っているイメージが違います

赤く見える茶色でも人によっては赤くみえないという方もおられます

そこで色を共通認識するためにカラー見本というカタログをみながら色を決定していきますが

その際、注意して頂きたいポイントがあります

カラー見本は小さな見本になっています。そのためカラー見本から選んだ色で実際に外構塀を塗って

いくとカラー見本よりも鮮やかに見えてしまいます。

なぜこの様な事が起こるのかというと『色は大きな面積になるとより鮮やかになる』という色の持って

いる特徴が原因で起こってきます。

カラー見本で選んだ色よりも実際の外構塀は大きな面積になります、そのため選んだ色とちょっと違う

という事が起こってきます

そうならないためには

1・カラー見本で選んだ色よりもワントーン下げた色を選ぶと選んだ色に近づく

2・カラー見本で選んだ色をA4サイズの板で一度確認

といった方法を取る事で色選びに失敗する可能性は減ります

色の持っている特徴を知る事が外構塀の色選びでは重要になってきます

まとめ

外構塀の塗装を行う場合、外構塀は常に外からみえます。どんなにお家がお洒落であっても外構塀の

色で失敗してしまうと台無しになってしまいます。

目に見える黒い汚れが気になって目立たない色で外構塀を塗っても実は白い汚れがあった・・・

といった様な事が外構塀にはあります。

そうならないためにはまずは外構塀の色選びのポイントを押さえて色を選ぶと失敗する可能性が

減りますので参考にしてみてください

外壁塗装を兵庫県でお考えならお気軽にお問い合わせください
兵庫県宝塚市で外壁塗装リフォーム

サブコンテンツ

このページの先頭へ

お電話でのお問合せはこちらメールでお問合せ