宝塚市T様邸外壁塗装2・3日目の作業内容 

いつもご覧頂きありがとうございます。

兵庫県宝塚市・西宮市・川西市周辺で外壁塗装リフォームの現場情報を随時更新しています。

さて先日から着工した宝塚市T様邸屋根・外壁塗装リフォームですが工事二日目の昨日は、洗浄工事と

錆止め塗装の下塗りを行いました。

足場設置が終わると次の日から屋根や外壁を洗って行く洗浄工事という工事を行います。

この洗浄工事は、機械を用いてお家の屋根から下に向かって旧塗膜の汚れなどを落としていく作業です。

新しく塗る塗料の前に汚れを落とす為に行いますがこの洗浄は車などをピカピカにする洗浄とはまた

意味が違います。洗浄と聞くとピカピカにすると思われておられる方も多いと思います。

洗浄工事中の注意点として水を使用する為に窓を閉め忘れてしまう場合があります、特にトイレや階段

洗面所、お風呂場などの小窓を閉め忘れてしまう場合がありますので洗浄工事前に担当者から説明が

あると思いますので閉め忘れにご注意しましょう。

洗浄工事が終わると本来は、その日の作業は終了ですが昨日はお天気もよく暖かったので

屋根の部分の板金の下塗りを行いました。

この屋根の一番高い所に板金が被さっています。この事を棟板金といいます。

屋根材の種類やデザイン・収まりなどによってお家お家によってない場合もあります。

全てのお家の屋根に設置しているという訳ではありません。

お家にはさまざまな材質の物が使われています。

その為、塗り替え工事の場合は、そのそれぞれの材質に合った下塗りを行わなければいけません。

この板金部分やシャッターBOX・外壁と土台の間にある金物のことを水切りと言いますがこれらの

板金の事を鉄部といいます。

この鉄部と言われている部分には鉄部の下塗り材として錆止めを行うのが適切な塗り替えになります。

下塗りはどの工程も重要ですが特に塗装工事の中でも重要になってきます。

下塗りを抜いたりすると中塗り・上塗りの塗料が密着が悪くなり浮いたりしますので特に重要に

なってくるので下塗りの際にはしっかりとチェックをしてくださいね。

工事三日目の今日は、外壁がサイディング使用ですのでコーキングまたシールと言う目地の部分に

ゴム状の線があるのですがこの部分を新しく設置する為に古い目地の部分を撤去致しました。

この目地と言われる部分はサイディングなどのパネルの外壁独特の特徴で現在のお家で一番多く使用

されているサイディングには必ずある部分です。

塗り替えリフォームの場合は、この部分も傷んでいる場合が多いので古い目地を撤去し新しく設置

します。この事をコーキングまたはシールの打替えといいます。

今日は、この古くなった目地の部分の撤去を行いました。

外壁塗装といっても足場を建て終わったいきなり塗っていくのではなくその前にさまざまな下準備を

おこないます。その為、いかにこの下準備をしっかりと行うかが重要で仕上がりに左右されるところです。

本日もご覧頂きありがとうございました。

はじめて外壁塗装をお考えの方へ、正しい情報をまずは学びましょう

外壁塗装を兵庫県でお考えならお気軽にお問い合わせください
兵庫県宝塚市で外壁塗装リフォーム

サブコンテンツ

このページの先頭へ

お電話でのお問合せはこちらメールでお問合せ