外壁塗装の助成金や補助金を受け取る方法は?

外壁塗装や屋根塗装は費用がどうしても掛かってしまいます。

費用負担を少しでも抑えたいと思われるのは皆さん同じです。

外壁塗装の費用を少しでも抑える方法として宝塚市からの助成金を受け取れる方法があります

そこで今日は、宝塚市から受け取れる助成金について解説していきます

外壁塗装でも使用できる補助金

宝塚市では毎年1,2回、市から住宅リフォームの補助金のご案内がホームページや市政ミニコミ誌

などで募集告知がされています。

宝塚市から受け取れる住宅リフォーム補助金には条件があります

1・対象者

工事を行う住宅(市内)の所有者であり宝塚市に住民登録されている方

市税、国民健康保険税について滞納の無い方

2・利用する施工業者

宝塚市内の施工業者

但し、常時使用する従業員がおおむね20人以下の小規模事業者

3・補助額

工事費用の10%(上限10万円)総工事費20万円以上の工事が対象

というのがおおむね毎回同じ条件になっていますが定員人数や募集期間などはその都度変わっています

また、応募者が多数の場合は抽選となっています。毎年、応募される方が多いみたいです。

申込方法は、往復ハガキに

(1)郵便番号、住所(返信用にも)(2)氏名(返信用にも)(3)電話番号(4)予定工事日程

(5)住宅の所有者(6)エコキュート・エネファーム設置工事の予定の有無 を明記の上、

〒665-8665(住所不要)「市役所商工勤労課」へ送る形となっています

補助金を使用される際に交付決定を受ける前の工事着工はした場合は補助金対象外となるので

ご注意くださいね。

宝塚市の補助金は、住宅リフォームで使用ができますが外壁塗装や屋根塗装でも補助金を使用する

ことができます。

毎年、補助金の案内が宝塚市のホームページ等で告知されますのでチェックしてみてください

宝塚市住宅リフォーム補助金告知案内はこちら

外壁塗装での補助金を受け取る際の流れは?

補助金の申請後はどの様にして補助金を受け取ればいいのかを解説していきます

まず宝塚市から必要書類がご自宅に送付されてきます。

申請時に必要な書類は、

「宝塚市住宅リフォーム補助金交付申請書」、「同収支予算書」、「暴力団排除に関する誓約書」

「建物の登記事項証明書(全部事項証明書)〈原本、補助申請時より3 ヶ月以内に交付されたもの〉」

「住民票(世帯一部、続柄・本籍の記載不要)〈原本、 補助申請時より3ヶ月以内に交付されたもの。〉」

「工事見積書(原本、施工業者の社 印が必要)」、「工事予定箇所の写真」、「印鑑」となっており

直接、宝塚市役所商工勤労課の窓口まで必要書類を持参となっています。

これらの書類を市役所に提出した後に市役所の方から交付決定がおりその後、外壁塗装などの住宅リフォーム

工事を着工となります。ここでご注意して頂きたいのが交付前に住宅リフォーム工事を着工してしまうと

補助金の対象外になってしまいますのでご注意くださいね

外壁塗装などの住宅リフォーム工事が完了すると補助金の受け取り申請を行います

その際に必要な書類が

「宝塚市住宅リフォーム補助金実績報告書」、「同収支決算書」、「工事証明書」、 「工事代金の領収書」、

「工事代金の明細がわかるもの(請求書等)」「工事施工箇所の写真」、「印鑑」を宝塚市役所まで

持参という形になっています。

※宝塚市役所から抜粋

令和2年の宝塚市住宅リフォーム補助金の場合は上記の様な流れになっています

市の補助金や助成金以外にも火災保険での修繕・修理が適用される場合があります

屋根や外壁の修繕に火災保険が適用される場合も

火災保険は、補償内容にもよりますが住宅の火災だけではなく台風などの自然災害での住宅修繕費用が

適用される場合があります。

ポイント1 補償適用は壊れた原因次第

補償範囲は外壁や屋根などが壊れた理由で変わります。例えば火災なのか台風などの自然災害で壊れた

のかによって補償範囲が変わってきます。自然災害の場合は補償範囲内になる場合があります

ポイント2 台風による被害に使える可能性がある

台風による屋根や外壁の破損などは火災保険の補償範囲に含まれている場合があります

最近では異常気象の影響で台風による被害も多くありますので台風による屋根や外壁の破損などが

あった場合は、保険申請も検討してみてください

ポイント3 通常の経年劣化では適用できない

火災保険は災害などでの破損等を補償範囲となっています。外壁や屋根の経年劣化では適用されません

まとめ

外壁や屋根の塗装・修繕などの住宅リフォームは高額になってしまいます。

市からの補助金などの情報をこまめにチェックする事で費用の負担を少しでも抑える事ができますので

補助金や助成金を上手に利用しましょう

また最近では台風などの自然災害が頻繁に発生しています。屋根や外壁などが自然災害の影響で

破損などした場合は火災保険の補償範囲になっている可能性がありますので被害が発生した場合は

一度、証書などを確認しましょう

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

お電話でのお問合せはこちらメールでお問合せ