外壁塗装の時期はいつ?塗り替えの判断と適した季節について

外壁塗装の塗り替え時期は、一般的にお家を購入されてからや建てられてから約10年経ったら

塗り替えの時期と言われていますが10年経ったからといって塗り替えが必要な場合と必要でない場合が

あります。また、外壁塗装をする場合、どの季節の時期がいいの?と思われておられる方も多いと思います。

できれば一番適した季節に外壁塗装をと思っていても一体いつの時期がいいのか・・・

外壁塗装の時期には、

・『外壁塗装が必要な時期』

・『外壁塗装に適した季節の時期』

この二つの時期がありますので今日は、外壁塗装の時期について解説していきます。

外壁塗装が必要な時期について

外壁塗装が必要な時期なのかを判断する基準にはいくつかの症状が外壁に現れていると外壁塗装が

必要な時期と判断できます。

1・外壁を手で触ると白い粉や色が付く

外壁塗装が必要な時期なのかを一番簡単に判断できる方法が『外壁を手で触ると手に白い粉や外壁の色が付く』

場合があります。これは『チョーキング現象』といって新築当時に塗られている塗料の耐久性が寿命に

来ていますよという塗料側から外壁塗装の時期ですという合図を送ってくれています。

少しでもこの症状が出ている様だと外壁塗装の時期に来ている可能性があるので専門家に相談をしてみましょう。

2・外壁の色褪せ

次に外壁の塗り替え時期にきているかを判断する方法として外壁に色褪せがある場合です。

色褪せは、特に日の当たる、南面や西面の外壁に現れている場合が多く色褪せがあるのかを判断するには

東面や北面と外壁を比べてみてください。外壁の色褪せが起こる原因は、長年の直射日光や紫外線の

影響から色褪せが発生します。10年位すると日がよく当たる南面、西面に発生している場合が多くあります。

3・サイディングの目地の劣化(外壁がサイディングなどのパネル素材の場合)

現在のお家の外壁素材で一番多く使用されているのがサイディングという外壁素材です。

このサイディングは、一枚一枚パネル状になっており一枚一枚を貼っていきます。その際にできる継ぎ目の

部分にゴム状の素材の材料で埋めていきます。この事をコーキングを打つまたはシールを打つといいます。

このゴム状の素材部分も年月と共にひび割れ・口の開き・剥がれ・欠落などの劣化が現れてきます。

この様な症状が出たからといってすぐにお家の中に水が入りダメになってしまうという訳ではありませんが

いつまでもほっておくと水の侵入口となってしまうので早めにお手入れをしてあげる必要性があります。

目地などのコーキング(シール)部分は外壁塗装の時期にきている場合、傷んでいる場合が多いので

外壁塗装の時期に来ているサインでもあります。

4・外壁のひび割れ(モルタル外壁・吹付外壁の場合)

外壁の素材にはさまざまな素材があります。その中でモルタルと言われるセメントでの素材を左官で塗って

いきその上に塗料を吹き付けた外壁の仕上げ方法があります。この事をモルタル外壁または吹付外壁と

いいます。この外壁材の特徴は、建物は肌で感じない程度に必ず動いています。また幹線道路など

の影響などで動きます。モルタル外壁は、その性質上、硬くなってしまうので揺れに追尾ができないという

特徴があります。その為、年月と共に外壁にひび割れが表面に出てくる場合があります。

この症状をいつまでもほっておくとひび割れがどんどん広がってくる場合もありそこから水の侵入口に

なってしまいます。このひび割れにも大きさがありますがひび割れ補修だけをすることは可能ですが

美観上の問題から補修をしてしまうと目立ってしまいます。また外壁塗装の時期に近づいている場合、

ひび割れが発生している場合も多いので塗り替えの時期のサインになる事もあります。

ひび割れが入ったからといってすぐに水が入ってくるという事ではありませんが雨漏りなどの原因に

なっている場合もありますので一度専門家の方に診断をしてもらいましょう。

4・樋などの色褪せ・コケの付着


外壁塗装が必要な時期の判断は、外壁だけではなくお家についている部分にも塗り替えの時期にきている症状が

あります。例えば樋と言われる部分は、外壁と同じ様に南面・西面などに面している側は色褪せが発生

している場合が多いです。この樋と言われる部分にも色褪せが発生している様ですと外壁塗装の時期と

判断する事ができます。また外壁の北側に一番よく発生しているのがコケの付着です。

コケは湿気を好むためにお家の作り上、北面の外壁にコケが付いている場合が多いです。

北側には水廻りのキッチン・トイレ・お風呂場・洗面所などが多く配置されている場合がお家の

作りでは基本です。北側は日が足りにくいという性質上、その様になっています。

その為、湿気がこもりやすくなってしまうので発生する場合が多くあります。

コケは、外壁塗装が必要な時期に来ている場合、付いている場合が多いので一度確認をしてみてください。

外壁塗装の必要な時期のまとめ

外壁塗装が必要な時期はお家を購入・建てられてから10年位と言われています。

上記の様な症状がだいたい5年位すると何かしらの症状が出始めてきます。

これは、新築時に使用される塗料は全体のコスト面を考えて耐久性の比較的長い塗料で塗られている事が

少なく5年位すると上記の様な症状が出始めます。ですので築10年位で外壁塗装の時期と言われている

要因でもあります。かといって10年経ったからといって10年で塗り替えないといけないという訳では

ありません。15年で塗り替えをされる方もいますし20年で塗り替えをされる方もおられます。

築10年経った頃に一度専門家の方に塗り替えの時期に来ているのかを調査してもらうと外壁塗装が

必要な時期かを判断する事ができます。但し20年以降で塗り替えるとその分、傷んでいる箇所が

10年で塗り替えるよりも痛みが激しい場合があるのでその分費用が掛かってしまうという事が

起こってきます。

外壁塗装に適した季節の時期は?

次に外壁塗装に適した季節について解説していきます。

日本には、四季があります。春・夏・秋・冬とそれぞれに特徴があります。

春は、暖かく夏は暑く、秋は過ごしやすい、冬は寒いといった様に四季にはそれぞれ特徴があります。

外壁塗装をする時に一番適した季節にとお考えになられる方も多いと思います。実際にこの季節にについての

ご質問も多く頂く一つです。

外壁塗装をする上でそれぞれの季節にメリットとデメリットがあります。

・春

春は、季節的にも暖かく過ごしやすい時期が続くのでこの時期に外壁塗装をとお考えなられる

方が比較的に多いシーズンになります。お天気のいい日が比較的に多い為、工事が順調に進みやすく

また気温も安定し塗料の乾燥期間も取り易くなります。

一方、春は、花粉が飛びやすく屋根などに花粉が付いてしまい塗料塗る時に花粉が一緒について

しまった・・・また、塗り替え中、窓が開けれなくなってしまうために外が暖かいから風をと思って

も室内に風を入れる事ができなくなってしまいます。

メリット

・季節的にも穏やかで暖かいために屋根や外壁の塗り替えが順調に進みやすい

・工事期間の予定がたちやすい

デメリット

・花粉が飛ぶので塗り替え時には注意が必要

・春の穏やかな陽気を感じたいと思っても窓を開ける事が塗り替え中できない

・梅雨

梅雨時期は、雨が多く外壁塗装をと考えておられる方は梅雨が終わったころからという方が多いです。

雨が多いのでその様に考えられる方も多いのではないでしょうか?

確かに雨が多いく工事期間が長くなってしまうというデメリットの方が高くなってしまいますが

梅雨時には、塗り替えをされる方が少なくなるので職人さんも少し暇になります。

その為、通常よりも費用面や工事着工日などの融通が利きやすいというメリットが実はあります。

屋根や外壁塗装の工事期間が少し長くなってもいいよとお考えの方には梅雨時期がいいかもしれません。

メリット

・工事着工日など通常よりも融通が利きやすい

・費用面でも少し抑えれる場合がある

デメリット

・雨が多い為に工事期間が長くなる場合がある

・夏

梅雨が終わると外壁塗装をされる方が増える時期でもあります。春先にとお考えになられていた方が

梅雨が終わってからでもいいよねと考えて夏に外壁塗装をされる方が増えます。

またお天気もいい日が多いので増える傾向になっています。

夏は、外の気温が高く暑いために塗料の乾燥が早くなってしまうのでローラー跡などが出やすいく

なってしまうので注意が必要です、また最近、夏の気温が以上に高く猛暑になる日が多い為に

作業をする職人さんも暑さのために作業ペースが少し落ちてしまい工事期間が少し長くなって

しまうという事もあります。塗替え中、窓など開閉できる部分は養生で塞がっているので

お家の方にとっては、外が暑い為にクーラーなどを使用する為、窓を開ける回数がそれほど多くなく

さほど影響を受ける事はないです。

メリット

・お天気も安定している

・お家の方にとってはそれほど塗り替え中影響がでない

デメリット

・猛暑の影響から作業ペースが落ちる場合もある

・気温が高いために乾燥が早くなってしまうので注意が必要

・梅雨が明けると外壁塗装をされる方が増える為に希望する日に工事が着工できない場合がある

・秋

春に次いで秋も季節的に穏やかでこの時期に外壁塗装をと考えられる方も多い時期です。

秋は、気温も安定し工事期間もそれほど影響する事がないですが台風が多く発生する時期でもあり

塗装工事期間が延びてしまうというデメリットもあります。

メリット

・春先と同じ様に気温が安定しているために屋根や外壁の塗り替え期間がスムーズ

デメリット

・秋雨前線や台風の影響があるので工事期間が長くなる可能性がある

・冬

冬は、気温が低い為に屋根や外壁を塗り替える際には、注意が必要になってきます。

気温が低いと塗り替えができないのではと思われている方も多いと思いますが気温をしっかりと

チェックしておれば屋根や外壁塗装を行う事は可能です。また年末までにお家をきれいにしたいと

いう方が増える時期でもあります。

メリット

・気温さえチェックしておれば雨も少ないので塗り替えできる

デメリット

・年末までに外壁塗装をと考えられる方が多いので駆け込み需要のため希望する着工日が取りずらい

場合もある。

外壁塗装に適した季節のまとめ

外壁塗装に適した時期は?と多くの方からご質問を頂きます。

春・夏・秋・冬それぞれの季節時期にはメリットとデメリットがあります。

ですので一概にこのシーズンが一番適しているとは言えない部分があります。

実際、どの季節でも屋根や外壁塗装をすることは工程や気温などをきちんと守れば可能です。

それでもやっぱり一番適した季節にとお考えになられる方も多いと思います。

一番適した季節をあえて言うならあなたが外壁塗装を検討した時期が一番適した時期だとお答え

させて頂いています。なぜかと言うと外壁は、外部に面している一番の場所です。

そのため、外壁塗装を検討した時よりも時期を遅らせる事により雨漏りや劣化症状が起こったり、

激しくなってしまっている可能性もあります。そうなると費用面的にも大きく変わってくので

外壁塗装を検討した時がやはり費用面やお家の事を考えると一番適した時期です。

まとめ

外壁塗装の時期には『症状からの時期』と『季節柄の時期』があります。一番適した時期を知る為には

まずは、お家の外壁などの状態が現在どの様になっているのか?その症状を知る事が大事な事です。

症状を知った上で『外壁塗装が必要な時期なのか?それともまだ大丈夫なのか?』を専門家の方に

しっかりと判断をしてもらいましょう。その上で季節的に今するべきかそれとももう少し後の季節でも

大丈夫なのかを質問しましょう。素人判断せずに不安になったらまずは専門家の方に一度相談をすることで

一番適した時期を知る事ができる方法です。

はじめて外壁塗装をお考えの方へ、正しい情報をまずは学びましょう

外壁塗装を兵庫県でお考えならお気軽にお問い合わせください
兵庫県宝塚市で外壁塗装リフォーム

サブコンテンツ

このページの先頭へ

お電話でのお問合せはこちらメールでお問合せ