お家を長持ちさせるにはどうすればいい?

いつもご覧頂きありがとうございます。今週で3月も終わり来週から4月ですね。

段々と暖かい日が増えてきていますが暖かくなるとお家の屋根や外壁塗装をされる方が増えてきます。

はじめてお家の塗装工事をとご検討される方の多くが外壁塗装についてわからない事が多くあるのでは

ないでしょうか?安心して塗装工事をしてほしいと思いホームページで外壁塗装の情報を随時公開しています

ので是非ご参考にしてみてくださいね。

さて今日は、これまでご相談を多く頂いておりますがその中で皆さんのご相談をお聞きさせて

頂くと塗り替えをすればお家が長持ちすると思われている方が非常に多いです。

これはホームページなどで業者さんが情報を多く出していますが業者さん側の情報の伝え方が悪く

みなさんそう思われているのではないかと考えられます。

そこで今日は、お家を長持ちさせる為にはどうすればいいのかについて解説していきます。

塗料でお家を守っているのではない

『塗り替えでお家を長持ち』

『お家を長持ちさせるために塗り替えを』

などなどネット検索やチラシなどでこの様な言葉をみたことがあると思います。

確かにお家を長持ちさせるためには外壁や屋根の塗り替えは定期的なメンテナンスは必要な事ですが

塗り替えたからといってそれだけでお家を長持ちさせることはできないです。

お家は、そもそも数種類の保護材料を用いて外部からの雨などからお部屋やお家を守っています。

その保護材料の一つが塗料(塗膜)であって塗料一つだけでお家を守っているのではありません。

塗料を外壁などに塗って場合、厚みがわずか数mmしかなりません。この数mmでお家自体が

外部から守れるならばその他の保護材などは一切必要なくベニア板で外壁を作りその上から塗料で

塗ってあげれば守れるという事になりますよね?塗料だけでお家が本当に守れるならば・・・

外壁塗装の本来の目的を知ろう

ではどうして外壁や屋根の塗り替えが周期的に必要なのか?

外壁塗装の本来の目的は、

・外壁材の保護

・美観上の問題

この二点が外壁塗装の目的と言われていますが

外壁材の保護が一番重要な目的です。

先程も説明させて頂いた通り、お家にはいくつもの保護材が使用されて外部からお家を守って

いますが外部からお家を守る為に外部に一番最初に面している保護材が外壁材です。

外壁材を痛めてしまうとその中にある保護材が年月と共に徐々に傷んできてしまい最終的には柱などの

お家の骨組みを痛めてしまいお家がダメになってしまうという事が起こってきます。

そうならない為に外部に一番最初にめんしている外壁材を保護してあげる目的が

『塗り替えメンテナンス』という事なんですね。

本当のお家を長持ちさせる方法

お家を購入されたり、建てたりすることは一生のうちでそう何度もある事ではありません。

お家を長く大切に長持ちさせたいと誰もが思っておられると思います。

また、お家は、家族の基盤のとなる場所です。

そのお家を長持ちさせるには、『定期的なメンテナンス』をしてあげる事がお家を長持ちさせる

秘訣です。定期的なメンテナンスをする為には周期をしっかりと決めてその時期がきたら

一度、お家の専門家である建築士さんなどにチェックをしてもらい必要な修繕があれば修繕し

修繕がなければ次回の時期まで安心し暮らせることができます。

お家を長く持たせるためには『定期的にチェック』をすることが本当のお家を長持ちさせる方法

なんですね。

定期的にチェックをする為にお家に適した塗料選択方法

お家を長持ちさせるために『定期的なチェック』が必要と先ほど説明させて頂きましたが

メンテナンスの一つの方法が『塗り替え』という方法です。

次回のメンテンナス時期をできれば延ばしメンテナンス費を抑えたいと考えられておられる方も

多いと思います。その為に、最近では耐久年数の長い塗料で塗り替えをとお考えになられている方や

業者さんもおススメされています。

塗料の耐久年数は20年くらい持つ塗料もありますがお家全体の事を考えると10~15年位の

耐久性のある塗料で屋根や外壁を塗り替えるのがお家の為にとっては一番ベストです。

屋根や外壁には最近多くなってきているアステックペイントやガイナ塗料などの機能性を持った塗料で

塗り替えをされる方も多くなっていますがその他の樋や天井、庇などお家についている部分は、高級塗料で

塗り替えをしません。その為、塗料の耐久年数がズレるという現象が起こってきます。

お家でよく雨漏りなどが発生したりする原因は、外壁や屋根よりもお家についている庇やサッシ廻りなどの

接合部分が実は一番多くまた長年の劣化が一番多く出ている部分でもあります。

外装屋さんや塗装屋さんは、機能性を持った高級塗料をおススメされる事が多いですがお家の事を

全体的に考えた場合、ほんとは、高級塗料よりも10~15年位の耐久性のあるシリコン塗料で屋根や

外壁を塗り替えてあげる事が一番ベストな方法なんですね。

その上で、機能性を持った塗料を付加価値で選ぶという事も考えてみるという方法がいいです。

お家のメンテナンスにはそれなりの費用が掛かる事を心得て

お家のメンテナンスをするには費用がやっぱりそれなりに掛かってきてしまいます。

できれば費用を抑えてと思われる方が多いと思います。

生活をする為に重要な衣食住の中で一番費用が掛かってくるのが住です。

この住は家族や生活をする上での全ての基盤となってきます。

その基盤となる『住』があってこそ家族団らんなどが得れるわけですね。

その『住』をいつまでも大切にするためには

『安くよりも適切に』を一番に考えなくてはいけません。

適切にメンテナンスをするためには材料も掛かってきます、その作業をする人も掛かってきます。

そのどちらかを削ってしまうと適切ではなくなってきます。

その様なメンテナンスで家族の基盤となる『住』を長く持たせることは本当にできるのでしょうか?

つらい事があった時、落ち込んだ時、楽しい事があった時、うれしい事があった時、どんな時も

家に帰れば家族がいてくれる、その場所が『住』であってその大切な場所の『住』を長く持たせるために

メンテナンスをされる事をきっとお考えになられたはずです。

人それぞれ考え方があると思いますが『衣食』と違って『住』は安いで選ぶものではありません。

安い物には安い理由がきちんとあります。理由なく安くすることはどんなものでも不可能です。

その証拠に昨今問題になっている『レオパレス』をみてください。

安くするために必要な物が設置されていないなどの問題が発覚していますよね。

『住』で安くするためには、その様な事をして安くしているわけです。

もしあなたのお家でこの様な事をされていたらどう思いますか?

ショックですし腹も立ってきますよね。

そうならない為は、適切にということをお家のリフォームやメンテナンスは、まず第一に考えなければ

いけない事です。安いを優先してしまうと必ず失敗します。

はじめて外壁塗装をお考えの方へ、正しい情報をまずは学びましょう

外壁塗装を兵庫県でお考えならお気軽にお問い合わせください
兵庫県宝塚市で外壁塗装リフォーム

サブコンテンツ

このページの先頭へ

お電話でのお問合せはこちらメールでお問合せ