お家を長持ちさせる為には塗料を知ろう

いつもご覧頂きありがとうございます。

お昼間は段々と暖かくなってきましたね、もうすぐ春でしょうか?

暖かくなる3月から外壁塗装をされる方が多くなってきますのでご検討の方はお早めにお見積もりやご相談を

されるといいですよ(^^)

さて本日は、外壁塗装をする際に一番肝心な塗料についてですがどの塗料を使用して塗り替えを

すればいいのかな・・・?って困っておられる方も多いはず!!

はじめて塗り替えをされる場合、どんな塗料があるのかなんて全くわからないし・・・

業者さんがおススメするから・・・この塗料でと考えてしまいますが

それではいけません!業者さんみたいに詳しくしらなくてもいいですが少し知っていれば

お家にとって一番いい塗料での外壁塗装をすることができますので知ってくださいね(^^)

外壁塗装の塗料

さて外壁や屋根を塗り替える際に現在の標準はシリコン塗料と言われているのが現在の塗り替え

で使用される塗料が一般的です。

このシリコン塗料にも一番下のランクから最高級のランクがあります。

ですので一概にシリコン塗料と言ってもどの塗料名なのかによっても変わってきます。

この塗料のランクをしる方法としては、見積書に使用する塗料名が書いてありますので

その塗料名を調べればランクがわかります。

塗料名がもし書いてない場合はお断りするか担当者に質問をしてみましょう。

また、最近使用する頻度が増えてきているのが『ラジカルシリコン塗料』という塗料での

塗り替えも増えてきています。

このラジカルシリコン塗料は、先ほどのシリコン塗料の耐久性が約10年ですが5年耐久性を

延ばすことのできる塗料です。昨今の外壁や屋根の塗り替えは、できれば次の塗り替え時期を

延ばしたいというお客様のニーズが増えてきておりメーカーさんが開発した塗料です。

また、最近では遮熱やアステックペイントと言われるオーストラリアで使用されている特殊塗料など

耐久性の長い塗料もおススメされている業者さんも増えています。

お家の為に一番適した塗料は?

外壁塗装や屋根の塗り替えをされる際にみなさん悩まれるのがどの塗料で塗り替えればいいのか?

塗料の選択でリフォームに掛かる金額は変わってきます。

特殊塗料などで塗り替えをされる際に金額も高くなってきてしまいます。

また業者さんも利益を多くとる為、他社と差別化をはかる為にこの特殊塗料をおススメしたりしますが

お家の事をしっかりわかっている業者さんはこの様な塗料をおススメする事はありません。

まず、お家の塗り替えをされる場合は、屋根や外壁だけを塗り替えるわけではありません。

樋や雨戸などお家に付属している部分で塗り替える事ができる部分を全て塗り替えをするのが

塗装リフォームです。

その際、樋や雨戸などお家に付属している部分はこの様な特殊塗料で塗替えをすることはありません。

お家は様々な材質を使用している為、その材質に合った塗料を使用して塗り替えるのが適切な塗り替え

です。先ほどの特殊塗料などを使用するのは屋根や外壁だけです。

お家を長持ちさせるには定期的な点検をすることで長持ちさせることができます。

定期的な点検ペースは10~15年位が一番、適した時期です。

耐久性の長い塗料で塗り替えた場合、樋や雨戸、天井などの部分は先に傷んでく場合が多くある為

耐久性のずれがお家全体で発生してしまいます。

外壁や屋根を耐久性の長い塗料で塗り替えたから次回の塗り替えは延ばすことができたね~と

思っていても10年後くらいに天井が水分を吸ってしまって・・・といった事が発生する場合も

あります。そうならない為にはできるだけ塗料の耐久性を合わしてあげる事と定期点検の周期を

10~15年位で行ってあげる事が本当はお家を長持ちさせる秘訣なんですね。

まとめ

お家の屋根や外壁を塗り替える際には業者さんがおススメしてくれたからではなく

お家全体のトータルバランスをしっかり考えて塗料を選定してくださいね(^^)

そうする事でお家を長持ちさせることができますしもしどの塗料がいいのかわからなければ

業者さんに相談をしてみてください。お家の事がしっかりとわかっている業者さんなら

お家のトータルバランスをしっかりと考えた提案をしてくれますし上記の耐久年数の塗料を

おススメしてくれるはずです。

はじめて外壁塗装をお考えの方へ、正しい情報をまずは学びましょう

外壁塗装を兵庫県でお考えならお気軽にお問い合わせください
兵庫県宝塚市で外壁塗装リフォーム

サブコンテンツ

このページの先頭へ

お電話でのお問合せはこちらメールでお問合せ