塗料はたくさんの種類がある

いつもご覧頂きありがとうございます。

シルバーウィークも終わり今日からお仕事の方が多いのではないのでしょうか?

皆さんは、どこかお出かけされましたか?

さて、本日は、雨の為、各現場お休みですが今日は、外壁塗装工事の塗料につい少し書きたいと思います。

まず、住宅の塗装工事に使用される塗料は、たくさんあります。

シリコン塗料やウレタン塗料、フッ素塗料、断熱や遮熱などの機能を備えたガイナなどの特殊塗料などなど

多くの塗料が現在あります。その中でも油性塗料や水性塗料などさらに細かく分類されます。

住宅のペイントで現在一般的に使用される塗料は、シリコン塗料が主流ですが特殊塗料を使用して

塗替えをされる方も多くなってきています。このシリコン塗料の中にも油性塗料や水性塗料があります。

油性塗料と水性塗料にもメリットとデメリットがありますがこちらは、また後日詳しくご説明しますね。

では、このシリコン塗料ですがどんなメーカーがあるのか?日本で有名なメーカーは

日本ペイント(職人さんなどがニッペといいます)SK化研・関西ペイントが大手三大メーカーです。

この三大メーカーが一番よく使用されていますがSK化研のセラミシリコンという塗料が一番よく使用されて

いるのではないでしょうか?(弊社もこの塗料が主流です)この他にもたくさんのメーカーがあるのですが

ほぼこの三大メーカーが現在の主流です。では、違いがあるのか?というと中身はどこのメーカーも

同じシリコン塗料です。よく日本ペイントの方がいいという方などがいますがそれは違います。

ただネームバリューが違うだけで中身は同じシリコンです。現在は、SK化研の方がシリコン含有率が

多いのでどちらかというと現在では、SK化研の方がいいです。

このシリコン塗料の耐久性は、約10年位です。といえ10年経ったから塗装しなおさないといけないかと

いうとそうでもありません。お家の状態や環境などでまだ持ちそうなお家もたくさんありますし逆に

海辺や山手のお家だと耐久性がはやくなったりしているお家もあります。あくまでも10年位が目安で

その時期位にお家を点検するといいですね。塗替え時をご自身でもチェックできますので一度チェック

してみるといいです。塗装時期にきているか一目でわかるチェック方法は、外壁を手で触って、手に

白い粉が少しでも付く様だと塗替えの時期に来ていますので症状があれば一度、プロに診断をしてもらうと

本当に塗替えの時期にきている判断してもれえますので。

本日は、住宅の塗装工事時に使用される塗料について書かさせて頂きました。塗替え時のご参考になれば

幸いです。本日もご覧頂きありがとうございました。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

お電話でのお問合せはこちらメールでお問合せ