外壁塗装はお家の為に本当に必要なの?

いつもご覧頂きありがとうございます。

このコーナーは、外壁塗装を西宮市・宝塚市・川西市周辺ではじめてお考えの方に外壁塗装についての

情報を随時更新しています。

はじめて外壁塗装をご検討された時、いろいろな理由で検討されたのではないでしょうか?

例えば、

・外壁が汚れてきたから・・・

・築10年位経ったからそろそろ・・・

・ご近所さんが塗装工事をしてきているから・・・・

・訪問販売業者が頻繁にきて・・・心配になって・・・・

などなどさまざまな理由でご検討されたのではないでしょうか?

また、そもそも外壁塗装というメンテナンスはそもそも必要なのかな・・・と思われておられる方も

多いのではないでしょうか?そこで今日は、『外壁塗装は必要なのか?』について解説していきたいと

思います。

外壁塗装の目的は?

お家は、周期的にきちんとメンテナンスをしてあげてはじめて長く住むことができます。

そのメンテナンスの代表的なものが外壁塗装というメンテナンスです。

外壁塗装は、リフォームの中でもメンテナンスリフォームの分類に入り一定の周期で行ってあげる

必要性があります。お家の外部は、長年の直射日光や紫外線・雨・風などからお家を守ってくれて

います。長年過酷な状況から守ってくれていた外部は年月と共に痛みが生じてきます。

傷んでいる外壁材をそのままの状態でほっておくと外壁材が朽ち果ててしまい新しくしなくては

いけなくなってしまい費用も莫大に掛かってきてしまいます。

そうならない為に外壁材を保護してあげる事が外壁塗装の本来の目的です。

外壁塗装でお家は守れる?

よくチラシやホームページなどで『塗装工事でお家を守る!』というような宣伝を見たことが

ある方も多いと思います。多くの方が塗装工事をすればお家は大丈夫と思われておられる方も多いと

思いますがそうではありません。

そもそも外壁に塗る塗料はわずか数ミリの厚さです。その厚みの塗膜だけでお家が守れるならば

サイディングやモルタル、ボードなどの外壁材はいりません。ベニヤの板でお家を囲って塗料を

塗れば守れるという事になりますよね。

お家は、さまざまな保護材でお家の内部を外部から守っています。その一つが外壁材であって

この外壁材を保護してあげる事が外壁塗装というメンテナンスになるわけです。

外壁塗装は外壁材の劣化を守ってあげる事が目的であって外壁塗装をすればお家が守られるわけでは

ありません。また塗料の劣化症状が出ているからといって雨漏りの原因などになる事はほとんどありません。

雨漏りなどが起こる原因は、その他の下地や継ぎ目などが原因の場合が多くあります。

本当の外壁塗装とは

外壁塗装の目的などをご説明させて頂き本来の外壁塗装の目的がおわかりいただけたと思います。

外壁塗装はしなくても大丈夫なんじゃないと思われた方も多くおられるかと思いますが

そうではありません。

お家は、何重にも保護材があって外部からの雨などの侵入を防いでいます。

劣化した塗料の状態をいつまでもほっておくと外壁材が傷みその傷んだ所から徐々に内部の

保護材も痛みの症状が出てきてしまい最悪のケースは柱などの木材を痛めてしまい取り返しのつかない

状態になってお家がダメになってしまうというケースもあります。

そうならない為には、外部に一番面している外壁材を守ってあげる必要性が出てきます。

外壁材を守ってあげる為に外壁塗装をしなくてはいけないという事が本来の外壁塗装という

目的です。その目的があってその上で美観もきれいにという付加価値がついてきます。

まとめ

今日は、外壁塗装の必要性について解説させて頂きました。

外壁塗装は、外部に一番に面している外壁材を守ってあげる事が塗装工事という一番重要な目的です。

塗料の劣化症状が現れてきたならまずは外壁材の状態をしっかりと確認しその上で今回は塗装工事で

大丈夫なのか?それとも外壁材の痛みが激しために張り替えないといけないのか?など外壁材の

状態が重要になってきます。外壁材を張り替えたりする場合は、費用が塗装工事よりも高くなって

しまいます。そうならない為にはやめはやめに外壁材をメンテナンスしてあげる事がお家を長持ち

させる秘訣でもあります。その為に外壁塗装が必要になってくるというわけなんですね。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ