西宮市I様邸 外部階段手摺取付 市の住宅介護リフォーム助成金を利用して手摺を取付けたい

兵庫県西宮市I様邸介護用外部階段手摺リフォーム

お客様との出会い

父が要介護になり玄関から道路までの階段が危ない為、西宮市の住宅介護リフォーム助成金を使用して

手摺を取付けたい

吉村建築設計からのご提案

以前リフォームを行わさせて頂いたOB様からのご相談です。今回、お父様が要介護認定を受けられ

玄関から道路までの高低差があり階段での出入りが危なくなり階段に手すりを設置のご相談を頂きました

今回、手摺を設置するに辺り歩行補助手摺をご提案させて頂きましたが排水管が道路付近にある為に

手摺を設置するには排水管の位置を確認し排水管を傷つけない様に手摺設置箇所を少しだけずらす

必要性がありました。

施工場所 兵庫県西宮市
使用材料 リクシル グリップライン歩行補助手摺(支柱埋め込みタイプ)

フロントビーム1段

施工前

手摺取付リフォームにあたり西宮市の住宅介護リフォーム補助金の申請が必要になってきます。

この助成金を受けるには、事前に

・申請書

・見積書

・ケアマネージャーさんなどの意見書

・施工前写真

・見取り図

が必要になってきます。ケアマネージャーさん等の意見書のみご用意して頂く必要性がありその他は、弊社で

ご用意させて頂き全ての書類が揃ってから西宮市の介護保険課に弊社が代理でご提出させて頂きました。

まず、柱を立てる為に柱の間隔を規定内の寸法に印をつけます

今回は、柱が9本必要ですので9か所、印をつけます

印の付いた箇所に柱を埋め込む為に穴を機械を使用して空けて

いきます。この穴あけをコア抜きといいます

 

 

 

穴をあけた状態です。この穴を柱の本数分あけていきます

今回は、柱が9本ですので9か所の穴をあけていきます

 

 

 

 

 

9か所の穴が空くと次に両端の柱の位置を決めていきます

この両端の柱を決めないと間の柱の高さが決定できない為に

両端の柱を先に固定していきます。

固定する際には先ほど空けた穴に柱を入れてセメントで

固めていきます

 

 

両端の柱が設置し終わると間のそれぞれの柱を設置し

手摺となる部材を取付けていきます。

この取付時に柱が真っすぐ立っているか、手摺は水平に

なっているかなど調整しながらそれぞれの柱の高さや

手摺の位置を決定し固定していきます

 

 

全ての位置が決定し取付完了です。

この際、柱を立てる為に使用したセメントが乾くまで一日位

必要になりますので乾くまで使用はできませんが翌日には

使用可能になります

 

 

 

施工後

設置が終わると西宮市に助成金の支払いをして頂く手続きを行います。

その手続きに必要な書類が

・申請書(工事完了申請書)

・施工後の写真

・領収書

が必要になってきます。申請書のみご用意頂きその他の書類は弊社で用意させて頂き申請時と同じ様に

西宮市の介護保険課に書類を代理でご提出させて頂きます

手摺が一つあるだけで上り下りも安全で楽に上り下りができる為、歩行補助手摺があると便利で

安全です。また介護が必要になった場合は、西宮市などの市役所から住宅介護リフォームの助成金を

受ける事もできます。

私たちから

この度は、誠にありがとうございました。

階段も手摺がある事で安全に上り下りができる様になりました

リフォーム中、お気遣い頂き有難うございます。

また何かありましたらいつでもご相談ください

 

 

西宮市周辺で手摺など介護リフォームをご検討されておられる方へ

親御さんが高齢になり我が家の階段や段差・お風呂などに手摺があればお父さん・お母さんがケガをせずに安心

もしお父さんやお母さんのために手摺の設置などご検討の場合は、市の介護補助金を利用する事をおススメ

致します。上記工事をさせて頂いた西宮市のI様もお父さんのために階段に手摺をご検討され

西宮市の介護リフォーム補助金をご利用されてリフォームをされました。

介護リフォームについてお悩み事やご相談などありましたらお気軽にご相談ください

サブコンテンツ

このページの先頭へ

お電話でのお問合せはこちらメールでお問合せ