外壁塗装・屋根塗装リフォームで適正価格がわかならいとお困りの方へ

外壁塗装・屋根塗装は、業者によって大きく価格が違います!

業者によってそれぞれ業態が異なる事や塗装工事の考え方の違いから大きく価格が違います。

そして、この事から多くの方が戸惑われます。

『業者によって言っている事が違う・・・』hito_clipped_rev_1

『一体、どれが適正価格なの・・・』

『何を信じていいのかわからない・・・』

何社か見積もりをとっても結局わかるのは、見積もり金額の違いだけという方

が非常に多くおられます。

そこで、どうすれば塗装工事の適正価格が判断できるのか、その秘訣をお教え致します。

塗装工事には守られるべき手順がある

塗装工事には、守られるべき手順があります。ひとつひとつ丁寧に

手順を積み重ねていく事ではじめて『いい仕事』になります。

手順を守り、お家にあった最良の塗料や材料を使用して腕の良い職人が丁寧に工事をする事で

本来の性能を発揮する事ができます。また腕の良い職人だけでなく工事が適切な工法、工程通りに

行われているか監理できる人がいてこそ、はじめて『いい仕事』ができます。

では、適切な手順とは、どういった手順でしょうか?みてみましょう。

外壁塗装の手順

1・洗浄工事

2・下塗り

3・中塗り

4・上塗り

手間を抜くとすれば『中塗り』です。

下塗りの色は、違いますので手間を抜くとすぐにわかります。

『中塗り』と『上塗り』は基本色が同じです。ですので中塗りを

塗ったのかどうか素人の方では、わかりません。

 

 

 

塗装の出来栄えは職人とチェック体制で決まる

手順を守る事は、とても大切な事です。

では、手順を守っていれば大手リフォーム店、総合リフォーム店、専門店なら安心なのかというと

残念ながらそうでもありません。それは、実際に現場で塗るのは職人です。

会社によっては、職人をはじめ現場で働く労働者を非常に低い報酬で雇っていたり専門店といっても

一現場(お家一軒全て塗り替える)を非常に低い報酬で行わさせている会社もあります。

そこでの職人は、丁寧な仕事をしていては、生活が成り立たないという切羽詰まった状態から

仕上がると見えなくなる下塗りなどや高い所の工事などで手を抜き適当に済ませるという事をします。

また考え方もいい加減で自分の仕事に責任を持たないいい加減な会社や職人もいるのが事実です。

また、大きな会社や総合リフォーム店などでは、チェック体制があるから安心かというとそうでもありません。

工事が始まると今まで頻繁に来てくれていた担当者が全く来なくなったや素人同然の人が担当者になった

など残念ながら大手リフォーム会社さんなどではよくあります。

また、専門店では、塗るのも職人、チェックするのも塗った職人で第三者の立場でチェック監理する人が

いなく手を抜く職人も残念ながらいるのが事実です。

会社の大小にかかわらず腕の良い職人とチェックする体制で塗装工事の出来栄えは決まります。

塗替え工事は、一軒、一軒お家によって内容が変わる

お家の塗替えは、お家の資産価値を守り、ご家族が安心して住める様にする為には、必ず必要な工事です。

必ず必要な工事だからこそ、正しい手順で工事をしなくてはいけません。

そして、正しい手順で工事をする為には、体の調子がよくなかったりした場合、病院で診断してもらうのと

同じで詳細でしっかりとした診断が必要になります。

長い間、大切なお家を雨風から守ってくれた外壁や屋根、丁寧な塗替え工事をする業者に出会われる事を

私達は、願っています。そしてご家族が笑顔で過ごせる塗替え工事を行ってください。

otoiawa%ef%bc%93
otoiawa%ef%bc%94

サブコンテンツ

このページの先頭へ