外構塀もしっかりと塗り替えメンテナンスを!

いつもご覧頂きありがとうございます。

兵庫県宝塚市・西宮市・川西市周辺で外壁塗装をお考えの方から現場調査時に一緒にご相談をよく

頂くのが外構塀の塗り替えについても多くご相談を頂きます。

外構塀は、お家と一緒で塀を塗装している場合が多くありますがお家の外壁などを塗り替える際に

一緒にとお考えの方も多くおられます。

今日は、外構塀の塗装について解説していきたいと思います。

外構塀でよくあるご相談

外構塀も塗装で仕上げている場合が多いですがよく頂くご相談で膨れや剥がれなどが発生している

ケースが多くあります。

なぜ膨れや剥がれなどが起こるのか?

外構塀は、ブロックやコンクリートで出来ていますがもともと地面や土の部分に接している場合が多く

水分を含みやすくその水分が塗膜とブロックの間に入ってしまい塗膜が膨れてしまうという原因と

塗膜の密着が不十分という原因などでこの様な症状が発生します。

いったん膨れてしまうと塗膜を破ってあげないと水分は外にでないのでほっておくとどんどん水分を

含んでしまい塗膜の膨れが大きくなってしまい剥がれなどが起こってきます。

そうなってしまうとなにか問題が発生するわけではありませんが見栄え的にも悪くなってしまいます。

見栄えが悪くなってしまうのでご自身で外構塀を塗られている方も多くおられますが

次に塗る時には、塗料が綺麗に乗らない場合が多くあるのでできればご自身での外構塀の塗装は

やめておく方が無難です。

外構塀の補修方法は?

外構塀の塗り替えの場合は、まずは膨れている塗膜などをはがす必要性があります。

その際、膨れている塗膜の部分と膨れていない塗膜の部分には段差ができてしまいます。

塗装をする前にモルタル(セメント)という材料やひび割れなどの場合は、コーキングなどで

段差をなくしてあげる処理をする必要性があります。

補修を行ったあとは、外構塀自体に水分が含んでいる場合が多いの十分乾燥させてから塗り替えて

いきます。

まとめ

外構塀もお家の屋根や外壁と同じ様に年月と共に色劣化などの症状が起こってきます。

また手で触ると白い粉がつくチョーキング現象という症状も外壁と同じ様に外構塀にも発生します。

この症状が発生してくると外壁と同じ様に塗り替えの時期に来ていますよというサインです。

外構塀の膨れを起こさない為には塗膜の密着性を高めることと水分の逃げ道を確保してあげる事が

重要で、その為、よく外構塀の地面から数十センチほど塗装していない塀をみられたことがあると思いますが

塀全面を塗ると逃げ道がなくなってしまうので逃げ道を確保するためにあえて塗装しないのはそのためです。

外構塀も外壁と同じ様にただきれいになればいいというのではありません。

外構塀もしっかりとした補修方法でメンテナンスをしてあげる必要性があります。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ