洗面所と浴室でよくあるお悩み事とその解決方法

いつもご覧頂きありがとうございます。

いつもは、西宮市・宝塚市・川西市周辺で外壁塗装リフォームをお考えの方に外壁塗装の情報を

随時更新していますが私達は外壁塗装だけでなくお風呂やトイレ・キッチンなどお家全般のリフォームも

ご相談を受け付けしていますが先日、お風呂リフォームでのご相談を頂いたご相談内容が

お風呂でよくお困りになられている方が多い内容でしたので本日はお風呂リフォームについて少し

解説していきたいと思います。

お風呂と洗面所で一番多いお困りごととは?

通常、お風呂場と洗面脱衣所はつながったお部屋になっています。

その際によくあるお困りごとが

『お風呂場の水は洗面所に入ってしまい床がめくれてきてしまった・・・』というお困りごとが

お風呂場と洗面所では一番多いお困りごとです。

お風呂リフォーム 西宮市

写真の様に洗面所の床がクッションフロアーという床材を使用しているとこの様な状態になることが

多くあります。

この様な状態になる原因は、現在のお風呂はユニットバスというお風呂が一般的に多く使用されており

お風呂の洗い場と洗面所の床がバリアフリーになっているために床がフラットになっております。

水が入ってこない様にするためにお風呂場のドアの部分に少しゴム状などの段差を設けていますが

水が年月と共に洗面所側に少し入ってきてしまいこの様にめくれてしまうという事が起こってきます。

またこの状態をほっておくと洗面所側の床材のベニヤが水分を含んで腐ってきてしまうという事も

起こってきます。

高齢社会の現在、このバリアフリーという対策はいいことなのですが全ての床をフラットにしてしまうと

この様な事が起こってきてしまいます。特にお風呂場と洗面所は水を使う場所なので

お風呂場と洗面所で一番多いご相談になっています。

お風呂場と洗面所部分に水が入らない様にするためには

この様な状態にならない様にするためにはお風呂場と洗面所との境部分に多少でも段差をつけて

あげる事でお風呂場のお水が洗面所に入ってくる事を防ぐことができます。

床に段差をつける場合は、洗面所側を下げる事は難しい場合があるので通常はお風呂側を下げます。

そうする事で段差ができ浴室側の水が洗面所側に入ってくることが防げるため、洗面所の床材が

めくれたりすることが防げます。

浴室側の床を下げるためには新しくユニットバスを入れ替える必要性があります。

ですのでお風呂リフォームを検討の際にご一緒にこのあたりのことも考えながら浴室リフォームを

されるといいでしょう。

まとめ

洗面所と浴室でのお悩みで一番多いのが洗面所の床材がめくれてきてしまったという内容が一番

多いお悩みになっています。

洗面所の床に貼ってあるクッションフロアーという素材が浴室のお水が入ってしまいめくれるのが

原因で起こってきてしまいます。そのままの状態でおいておくと下地のベニヤにまで水が浸透して

しまい腐ってきてしまいます。そうならないためには洗面所と浴室の境に段差を少しでもつけて

あげる事で浴室の水が洗面所に入ってくることが防げますのでもし現在、洗面所と浴室の境の床が

この様になっている場合は一度ご相談してみてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ