塗料選びでお困りの方必見です!

いつもご覧頂きありがとうございます。

現在、リフォーム中の兵庫県宝塚市S様邸外壁塗装リフォームは外壁の下塗りに入りました。

西宮市・川西市の外壁塗装は安心価格の吉村建築設計へ

外壁塗装や屋根塗装の適正な工事方法は下塗り・中塗り・上塗りの3工程が適切な工程ですが

今日は、その中の下塗りを行いました。今回使用している下塗り塗料はクリヤーの為少しわかりにくい

ですがところどころ白くなっている所があります。これが下塗りをしっかりと行っている証拠です。

この下塗りという工程は、外壁塗装では必ず必要な工程になります。

中塗りと上塗りの塗料を密着させるためにこの下塗りという工程を行います。

いわば接着剤がわりの役割をしています。

下塗りをしっかりっと行い乾燥させてから中塗り・上塗りを行っていきます。

外壁塗装の塗料を選ぶ際の基準

さて今日は、外壁塗装を行う際に、みなさんよくどの塗料で塗り替えたらいいのか?

どんな塗料があるのか?塗料のことについてわからない方も多くおられご質問をよく頂きます。

最近では、アステックペイントやガイナ、光触媒などの特殊な機能を持った塗料でお家を塗り替える

方も多くなってきていますがお客様自身がこの様な塗料を知っていることは少なく業者さんが

おススメしてくれたからその塗料で塗替えをされる方が多い様です。

特殊塗料はよく20年位耐久性があるのでおススメですよと言われますがお家の専門家である私達が

これまでの経験で塗料を選ぶとなると耐久性が15年位までの塗料を選定する事が一番お家のためには

いいと思います。その為、これまでご相談を頂きましたお客様には、シリコン塗料か同じシリコン塗料でも

耐久性が15年位のラジカルシリコンでの屋根や外壁の塗替えをご提案させて頂いています。

なぜ15年位までの塗料がいいのか?

お家の塗装リフォームは、屋根や外壁だけ塗り替えると思われておられる方も多いと思いますが

その他の樋や雨戸、ベランダの手すり、換気フードなどお家についている塗替えができる部分全てを

塗り替えるのが一般的です。

これらの部分をお家についている部分なので付帯部といいます。

この付帯部と言われる部分は屋根や外壁で使用する塗料とは違う塗料で塗り替えを行います。

その為、屋根や外壁に耐久性が長い塗料を使用してもこの付帯部と言われる部分と差が出来てしまいます。

また、屋根や外壁に特殊な塗料や長い耐久性の塗料を使用し次の塗り替えがこれで20年後までしなくて

いいわよねと思われていても先にこの付帯部と言われている部分が必ず傷んできます。

せっかく次回の塗り替えを延ばすために高額なアステックペイントやガイナ、光触媒などの特殊塗料で

塗替えをしたのに・・・となってしまいます。

外部にさらされているのは屋根や外壁だけではなく樋や雨戸、破風、天井なども外部からお家を守って

くれています。その為、これらの部分も年月と共に傷んできて当然です。

外壁塗装をされる際には外部に面している部分のこともきちんと考えてメンテナンスをしてあげる事が

大切な事です。

この部分の事を考えずに耐久性が長い塗料で外壁や屋根を塗り替えてしまうと天井や破風などの部分が

次回の塗替え前に先に傷んでしまいまた費用が余計に掛かってしまうという事が起こってきます。

そうならないためにはお家の屋根や外壁を塗り替える際にはお家全体の事を考えてどの塗料で塗り替える

かを選定しないといけません。その為、塗料の耐応年数は最大でも15年位の耐久性が一番外壁塗装には

適した塗料になります。

特殊塗料で塗り替えるという選択も悪くありません。しかし塗替えリフォームは費用も掛かってきます。

ランニングコストの事も重要です。次回の塗替え時期を延ばしたいというお気持ちもわかります。

延ばすに期間にもお家全体の事を考えると15年位が最長です。それ以上延ばしてしまうと補修部分が

多く出てきてしまい余計に費用が掛かってきてしまいます。

そうならない為には一定周期でしっかりと塗装というメンテナンスをしてあげる事が大切な事で

10~15年の周期での塗装工事を考える事がベストです。

この事から外壁塗装で使用する塗料は15年くらいまでの耐久性の塗料で塗り替える事が一番ベスト

な選択です。

西宮市・宝塚市・川西市で外壁塗装をお考えでしたら創業40年の豊富な実績の私たち吉村建築設計に

お気軽にご相談ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ