外壁塗装をする際の考え方 長持ちさせるためには必要な事

いつもご覧頂きありがとうございます。

このコーナーは外壁塗装を西宮市・宝塚市・川西市周辺ではじめて外壁塗装・屋根塗装リフォームを

お考えの方に外壁塗装の工事の進み方や塗料の事、適正価格などお家の塗装リフォームの事について

さまざまな情報を公開しています。

お家の屋根や外壁の塗替えをお考えになられた時、どの様な塗り替えをするのかでその後の状況は

変わってきます。これまでご相談を頂いた方にアンケートを集計させて頂くとみなさん

『安心して適正価格で塗装工事を』とお考えになられている方が多いです。

このブログをご覧のみなさまもその様にお考えになられているのではないでしょうか?

そこで今日は外壁塗装・屋根塗装の考え方について解説していきたいと思います。

どんな塗り替えを考えているのかで大きく変わる!

お家の外壁や屋根の塗り替えを検討する時期は築10年~20年位の間でお考えになられる方が多く

おられます。実際、ご相談を頂くお客様も平均して築15年位の方が多いです。

時期的には適切な時期です。その際、外壁塗装・屋根塗装をされるのにどんな塗り替えを望むのかで

業者さんの選び方なども変わってきます。

大きく分けて

『安くてとりあえずきれいになれば』という考え方と

『安心して適切な塗り替えで次回の塗替え時期までのことも考えて』

という二つの考え方があります。

外壁塗装・屋根塗装リフォームを検討する際には、この二つの考え方でどちらを優先させるのかで

業者さんの選び方が変わってきます。

安くてきれいにになれば・・・

お家の屋根や外壁の塗替えは費用もそれなりに掛かってきます。その為、誰もが少しでも安くと

お考えになられることは間違いではありません。

しかし、外壁塗装だけではなくどんな物にも適正な価格という物があります。

その適正な価格を下回るといくら安くても長持ちさせることはできないという現実的な話があります。

これは塗装工事やリフォームだけの話ではなく、例えば洋服、安くて大量にあるものは洗濯をするたびに

縮んだりしてしまいすぐにダメになるかもっても一年くらいではないでしょうか?

一方、少し高いけどしっかりとした洋服は一生物の場合が多いですよね。

安くて大量生産物は、費用を安くするために大量に作ります。その為、洋服を作る生地をたくさん取る

為に生地のせん断を繊維に逆らってとれるだけ取るという事をします。そのため洗濯するたびに縮んだり

するわけですね。

一方、少し高いけど一生物の洋服はしっかりとした作りをする為に生地も考えてとります。

そのため、丈夫でしっかりとしたものが出来上がるわけですね。

お家の外壁塗装・屋根塗装も実はこの事と同じこと。

しっかりとした作りをする為には塗料の事、塗料を塗る下地となる外壁や屋根の状態、丁寧な作業

このお家にはこの様な方法で塗り替えを行うことが最善の方法という様に一つ一つの事を考えまた

お家はそれぞれ違うのでじっくりと考えてそのお家に合ったリフォーム方法を考えて工事を

行う事を考えないといけません。そしてその最善の方法の方法で塗り替えを行うと費用も掛かって

きてしまいます。しかしその分、丈夫で長く持つということが得れるというわけですね。

まとめ

お家は、洋服などと違ってだめになればすぐに捨てるなどの事はできません。

また、屋根や外壁の塗替えも一生で何度もするリフォームではありません。

そのため、安くてきれいになればという感じで外壁塗装をしてしまうと何回も塗り替えをしないと

いけなくなってしまい費用もその時は安いと思っていてもトータルしてみるともの凄く高くついて

しまったということが起こってきます。

そうならないためには、適正価格で安心して適切な屋根や外壁の塗替えをすることが長い目でみると

実は安く済むということです。

お家の外壁塗装リフォームは一時のことだけ考えてするのではなく10年、20年先の事を考えて

行うことが大事なことです。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ