外壁の塗り替えをする際は忘れずベランダ防水もチェック!

いつもご覧頂きありがとうございます。

このコーナーは兵庫県西宮市・宝塚市・川西市周辺で外壁塗装・屋根塗装リフォームをお考えの方に

外壁塗装の色の選び方・費用のお話・リフォームの進み方など外壁塗装のさまざまな情報を随時

公開しています。

外壁塗装をされる際に外壁の汚れや色褪せが目立ってきたな~そろそろ塗り替えた方がいいかな?

と外壁塗装リフォームをと検討されるのではないでしょうか?その際、一緒にチェックを

してもらいたい部分がベランダの床の状態も確認してもらい所です。

外壁塗装の際にはベランダ防水もチェック

築10年~20年位経って外壁塗装・屋根塗装リフォームを検討される方が多いです。

そのころになると外壁に色褪せ・ひび割れ・サイディングの浮き・コーキングの剥がれや口の開きなどの

劣化症状が出ていることを気づいて外壁塗装リフォームを検討しようと思われた方が多いです。

外壁はご自身でチェックがしやすく気づく点がありますが築10年~20年位すると外壁や屋根

だけでなく傷んでいる可能性があるところは他にもあります。その代表的な部分が

ベランダの防水です。

ベランダ防水 西宮市

ベランダの床部分も外壁や屋根と同様に年月と共に劣化してきます。

ベランダは、特に日当たりの良い南側などの部分にある場合が多く直射日光や雨などの影響を

思っているよりも受けまた毎日のお洗濯物を干す際に出入りするため築10年~20年位経つと

傷んでいる場合が多くあります。

ベランダ防水には大きく分けて三種類の防水

ベランダ防水には大きく分けて3種類の方法で工事をされている場合が多いです。

・モルタル防水

モルタル防水とはセメントで防水した防水材で年月と共にひび割れが発生している場合が多いです。

・ウレタン防水

塗り替えの際にもっとも多く使用される防水材です。ウレタン防水塗料を使用して防水します。

・FRP防水

一度も塗り替えをしていない場合によく使用されています。表面が固くひびが入っている場合もあります

戸建て住宅のベランダ床防水は大きく分けてこの三種類の防水方法が多く使用されています。

こんな症状が出ているとベランダ防水も検討の時期

ベランダ防水も年月と共に傷んできます。傷んだ状態を放置していると雨漏りの原因などに

なったりします。

雨漏りの症状 兵庫県宝塚市

雨漏りの状態を放置していると内部の構造体と言われる梁などにまで影響を及ぼし朽ち果てしまい

費用が莫大に掛かってしまうということが起こってきます。そうならない為には

上記の写真の様にひび割れ・ベランダ床に黒い部分が見えているなどがあれば外壁塗装と一緒に

ベランダの床防水もメンテナンスしてあげましょう。

部屋の上にベランダがある場合は特に注意

最近多くみられる様になってきているのがお部屋の上にあるベランダやルーフバルコニーです。

この場合は、よくある跳ねだしているベランダなどと比べて特に注意が必要です。

よくある部屋の外にあるベランダの場合は、雨漏りがしたとしてもベランダの底部分に症状が

現れてきます。そのためベランダの底部分を補修してあげれば大丈夫ですが

部屋の上にベランダやルーフバルコニーがある場合は、部屋の天井や壁部分に症状が発生してきます。

部屋の天井とベランダの床部分には空間がありその部分にはお家を作っている構造体と言われる

梁などがあります。一度雨漏りが発生すると水はその内部で道を作ってしまい症状が現れている付近

から雨漏りがしていると思っても実は遠く離れた部分が雨漏りの原因という事もあります。

構造体いわれる梁などを伝って道を作ってしまっているために症状が現れている箇所以外にも

影響がでているいる可能性もあります。

部屋の外にあるベランダよりもお部屋の上にあるベランダやルーフバルコニーの防水は特に

注意が必要になってきます。

まとめ

築10年~20年経つと外壁の色あせなどの症状が年月と共に外部からの影響で出てきます。

その為、それ位の時期になると外壁や屋根の塗り替えが必要になってきますがその年月の間

傷んでくるのは屋根や外壁だけではありません。お家の外部に面している部分、特にベランダの床の

防水も傷んできます。その為、大丈夫と思っていても外壁塗装・屋根塗装リフォームをする際に

住まいの専門家の方に一度点検をしてもらう方がいいでしょう。

外壁や屋根の劣化症状に目がいきがちですがベランダの防水も忘れずチェックをしましょう。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ