2回目の屋根外壁塗装では使用できない塗料もある!その注意点とは?

このコーナーは外壁塗装を兵庫県西宮市・宝塚市・川西市・芦屋市・伊丹市周辺ではじめてお家の屋根や

外壁の塗り替えを検討している方に外壁塗装リフォームの工事の進み方や費用の事、塗料のことなど

塗装リフォームに関する情報を随時公開しています。

最近、ご相談が増えてきている相談の中で2回目の塗装工事を検討されている方からのご相談が

増えてきています。2回目の塗装工事の際には、前回の外壁塗装の際にどの塗料を使用して塗り替えたか

も重要になってきます。はじめてお家の塗装工事をご検討の方にも今日は塗料選びの参考になると

思いますので是非ご参考にしてみてください。

2回目の塗り替えの際、使用できない塗料もある

2回目の屋根や外壁塗装の際に、1回目の塗り替えと同じ様に屋根と外壁もご一緒に塗り替えを

される方が多いです。その際、屋根塗装には注意が必要になってきます。

屋根塗装 補修兵庫

2回目の屋根塗装の際には油性の塗料での塗り替えができない場合があります。

その理由は、

『1回目の塗料よりも強い塗料なので塗膜が浮いてきてしまう』ということが起こってきてしまいます。

そのため、しゅわしゅわとなって美観も損ねてしまうということがおこります。

2回目の塗り替えを検討した時期は、おそらく1回目の塗装工事をしてから10年位経って

からではないでしょうか?その時期になると1回目に塗った塗料の耐久性の寿命が来ている為、

塗膜自体が弱くなっていると思います。そこに前回よりも強い塗料で塗り替えをと考えてしまいますが

弱くなった塗膜の上に強い塗料で塗り替えてしまうと1回目の塗料が耐え切れなくなってしまい

科学反応を起こしてしゅわしゅわになってしまうということが起こってきます。

そうならない為の解決方法!

2回目の塗り替えの際には、前回の塗り替えで使用した塗料が水性なのか?油性なのか?によって

2回目の塗り替えの際は使用する塗料が変わってきます。

前回の塗り替えの際に水性の塗料を使用した場合は、2回目の塗装工事の場合、油性塗料を使用して

屋根を塗り替えるとしゅわしゅわになってしまう可能性が高いです。

その為、1回目の塗り替えの際に水性塗料を使用したなら水性塗料で油性塗料を使用した場合は、

どちらでも使用できる可能性が高くなってきます。

ですので前回どの塗料で塗り替えをしたのかによって2回目の塗り替え時に使用できない塗料が

でてきてしまうのでできれば1回目の屋根外壁塗装の際にどの塗料を使用したか覚えておくと

次の塗り替えの時に役にたってきます。

まとめ

2回目のお家の塗装リフォームは1回目の塗り替えよりも塗料選定が重要になってきます。

1回目の塗料が2回目の塗り替えで塗膜が沸いてきてしまうということが2回目の塗料が1回目よりも

強い塗料の場合に起こってきてしまうという可能性があります。

また外壁の場合も1回目の塗り替えで使用した塗料が特殊な場合、2回目の塗り替え時では使用できない

塗料もあります。1回目の屋根外壁塗装の際には、どの塗料で塗り替えをおこなったかを覚えておくと

次の塗り替え時に使用できる塗料なのかを判断できる材料になるので覚えておくかメモを残して

おくといいでしょう。

またあまり特殊な塗料で屋根や外壁を塗り替えた場合、2回目の塗り替え時では使用できない塗料も

あるのでそのことも考慮しながら塗料を選びましょう。

屋根や外壁塗装リフォームをする際は、その時だけのことを考えるのではなくて2回目の塗り替えの

事も考慮しながら塗料を選定しなくてはいけません。流行りだから流行っている塗料でやあまりにも

特殊すぎる塗料で塗り替えてしまうと2回目の塗り替えの時に今回は前回と違う塗料でと思っていても

使用できない場合が出てきてしまったり今よりももっといい性能を持った塗料が2回目の時期に出ている

かもしれません。そうなると1回目の塗り替えで使用した塗料が特殊すぎて・・・しようできないという

事も起こってきます。そうならないためには、2回目の塗り替えの事も考えて塗料を選び

1回目の塗り替え時にどの塗料を使用したかメモなどを残しておくといいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ