外壁塗装リフォームは基本3回塗り!その理由は?

いつもご覧頂きありがとうございます。

このコーナーは兵庫県川西市・西宮市・宝塚市・尼崎市周辺で外壁塗装リフォームをはじめてお考えの方に

お家の屋根や外壁の塗装リフォームの工事の進み方や費用面、塗料の事、業者さん選びのコツなど

外壁塗装に関する工法を随時公開しています。

築10年位すると外壁を手で触ると白い粉や外壁の色がついてきます。この事をチョーキング現象と

いいますがこの現象が出てくると塗膜の寿命がきているという外壁側から発しているサインになります。

その為、そろそろ外壁の塗り替えをしてくださいね~という合図ですので外壁塗装が必要になって

きます。

外壁に白い粉

外壁塗装は人生の中でそう何度もする様なリフォームではありません。その為、業者さんの言われるまま

塗り替えをして失敗しない為には、正しい塗り替えを知る事が大事な事です。

外壁塗装は3回塗りと言われていますがそもそも3回塗りとはどういったものなのか?それ以上塗り回数を

増やしてもいいのか?今日は『外壁塗装の三回塗り』について解説していきます。

外壁塗装の正しい工程は3度塗りが基本

外壁塗装の工程は

・下塗り

・中塗り

・上塗り(仕上げ)

という様に3度塗りするのが基本です。

仕上がりだけに注意が行きがちですが塗った回数に注意をしなければいけません。

下塗りとは

下塗りは、外壁と塗料の密着性を高める為に行う重要な部分です。

この下塗りの塗料は、現在の外壁の種類や状態によって使用する塗料は変わります。

サーフやプライマーと言われている塗料で白色か透明色のどちらかになります。

この下塗り塗料は、接着剤と思って頂く方がわかりやすいと思います。

外壁塗装 川西市

中塗り・上塗りとは

中塗りと上塗りは、選んで頂いた色の塗料で塗り替えていきます。

塗膜の厚みをしっかりと確保する為に中塗りと上塗りと行います。

中塗りと上塗りは基本同じ色で塗り替えを行いますが色変えという方法もあります。

中塗りと上塗りが同じ色の為、2回塗っているのかわからないという場合があります。

その為、中塗りと上塗りの色を替えて塗るという方法もありますがメリットとデメリットもあるので

担当者の方と相談しながら決めるといいでしょう。

色変えのメリットは、中塗りと上塗りの色が違うので2回塗りしているのすぐにわかるという

メリットがあります。一方デメリットは、色は同じ色を塗り重ねる事で本来の色味になります、その為

本来の色味にならないというデメリットもあります。

3度塗りの意図は?

外壁塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3度塗りが基本になっています。

塗料メーカーさんからも塗料の耐久性を最大限に発揮する為に3度塗りが基本となっており塗料設計

されているために外壁塗装は3度塗りが基本となっているわけです。

例外的に模様を付けたりする場合は4度塗りの場合もあります。

塗り替え回数を増やせばより耐久性が増すのでは?

塗料の耐久性を増す為に3度塗りを行うならば塗り替え回数を増やせばもっと増すのでは?と思われる

と思います。たしかに塗り替え回数を増やせば塗料の耐久性が増し丈夫になるイメージがありますが

塗料メーカーさんから提示されている塗り替え回数よりも多く塗ってしまうとよくない場合もあります。

塗料の最大限の効果が発揮できない、塗り替え回数を多くすることで料金を上乗せするなど悪徳な業者さんも

まだまだいますので基本は3度塗りと覚えておくといいでしょう。

三度塗りの工程期間は?

下塗り一日、中塗り一日、上塗り一日と別々に塗るのが基本の工程ですが気候により変化します。

気温が高い夏場などは乾燥が早いので午前に中塗り、午後から上塗りという場合もあります。

一番大事な事は『しっかりと乾燥させること』

しっかりと乾燥させないで一日で三回塗りを終わらす業者さんもまだまだいます。

下塗りは中塗り、上塗りの接着剤ですので下塗りを抜く業者さんはほとんどいませんが

下塗り・中塗りの2回塗りで仕上げてしまうという手抜き工事をする業者さんもいますので

塗装工事中はしっかりとチェックをする事が重要になってきます。

まとめ

ほとんどの業者さんはきちんと基本の3度塗りを行いますが2回塗りなどの手抜き工事をする

悪徳な業者さんもまだまだいるのが事実です。

外壁塗装リフォームは金額がそれならに掛かってくるため、できれば安くと思って金額で

判断しがちになってしまいますが安いには安い理由がきちんとあります。

見積書には3回塗りと書いてあってもいざ工事が始まると手抜きをされていても一般の方では

なかなか判断できないのが外壁塗装リフォームです。

手抜き工事に合わない為には外壁塗装の基本工程を知る事と工事中は職人さん任せにしない

という事が大事な事です。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ