外壁をツートンカラーで塗り替える時の注意点とポイント

いつもご覧頂きありがとうございます。

このコーナーは外壁塗装を兵庫県川西市・西宮市・宝塚市・尼崎市周辺ではじめてお考えの方に

お家の屋根や外壁の塗り替えリフォーム費用や色選びのポイント、塗装工事の工程、塗料のことなど

外壁塗装に関するさまざまな情報を随時公開しています。

お家の屋根や外壁の塗り替えを検討した時にどんな感じにしょうかなとい事も考えなければ

いけません。今のお家の雰囲気を残して今と同じ様にぬりかえるのか?それとも外壁の色を少し

替えるのか?色変えをする場合は一色にするのか?それとも2色使ってツートンカラーのお家に

するのか?などなど業者さんが決まると次に決めるのが色選びになってきます。

そこで今日は、ツートンカラーの色選びのポイントを解説していきます。

外壁塗装 神戸市

 

お洒落にみえるツートンカラー!配色に注意しましょう

ツートンカラーで外壁を塗り分けてあげるとお洒落感が自然に出るので最近は塗り替えでも

多くご希望されています。その際、色選びには注意が必要です。外壁塗装は費用面も掛かって

くるので失敗したと思ってもまた費用が掛かってきます。その為、色選びも慎重に選ばなくては

いけません。ツートンカラーで塗り替えをする場合は

1・お家の1階と2階で塗り分ける場合は、1階の外壁部分を濃い色で2階部分は淡い色で

外壁をツートンカラーで塗り替える場合、一番多いお家が1階と2階部分に帯という線が入って

いるお家が多いです。この場合は、ツートンカラーにしやすいというメリットがありますが

1階部分の外壁と濃い色にしないとお家全体のバランスが浮いてしまいます。

その為、1階部分は、濃い色系を選ぶと失敗しません。

例えば1階部分の外壁を茶色系、2階部分の外壁をクリーム系などに帯は上下のバランスをみながら

色を選ぶといいでしょう。

2・ベランダ部分などの出っ張り部分を色変えする場合は、外壁面を先に決める

ツートンカラーで塗り替える場合は、1階と2階部分の外壁だけのパターンだけではなく

ベランダ部分などの出っ張り部分もツートンカラーにすることができます。

ベランダ部分などの出っ張り部分を色を変える事でアクセントになる為、このパータンでの塗り替えを

ご希望の方も多いです。

ベランダ部分などの出っ張り部分を色を変えて塗り替える場合は、まずは外壁面の色を決め

次にアクセントカラーとなるベランダ部分などの出っ張り部分の色を決めるといいでしょう。

このパターンの場合一番多いのが外壁を淡い色で塗りアクセントカラーとなるベランダ部分の

出っ張り部分を濃い色で塗り替えるというパターンが多いですが逆転のパターンでもお洒落な感じに

なるためツートンカラーのバリエーションが多く得れるのがメリットです。


ツートンカラーの費用は・・・?

お洒落な感じになるツートンカラーの外壁塗装ですが費用が高くなってしまうのではと思いますよね。

お洒落なお家になるのはいいけど外壁塗装費用が1色で塗り替えるよりも高くなってしまうならちょっと

と考えてしまいます。ではツートンカラーで塗り替えた場合の費用はどうでしょうか?

外壁塗装の費用は、一般的に

塗り面積×塗料単価で費用がでます。その為、1色で塗り替えても2色使っても費用が変わる

ことはありません。但しサイディングなどの目地残しまた目地色変えは手間が変わるので

費用が高くなる場合があります。

外壁塗装の色はたくさん色を使えばいいというものではなく多くの色を使うことで

お家のバランスが悪くなってしまいちぐはぐなお家になってしまいます。

そのため、だいたい2~4色くらいでまとめてあげるとお家のバランスがよくお洒落にまとまります。

ツートンカラーの場合も多くの色を使用するのではなくそれ位の色を使用してまとめてあげると

お洒落な感じがでます。

まとめ

ツートンカラーでの塗り替えをご希望される場合は、

・色の調和

・塗り分ける位置

に注意しながら配色を考えるとまとまりがでてお洒落な感じになります。

また、塗り分ける位置はできるだけ境界線がある部分で塗り分けをしてあげるといいです。

境界線がない部分で塗り分けると外壁は平らではないので直線がでない場合もあるので

塗り分ける場合は境界線と覚えておくといいでしょう。

また塗り分ける位置や色の調和などわからない場合は専門家の方にアドバイスをしてもらうと

いいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ