モルタル外壁の塗り替えと特徴

いつもご覧頂きありがとうございます。

このコーナーは外壁塗装を兵庫県西宮市・川西市・宝塚市・三田市周辺ではじめて外壁塗装リフォームを

お考えの方に外壁塗装の価格面の事や工事の進め方、塗料、外壁や屋根の劣化症状などお家の屋根や外壁の

塗装リフォームについての情報を公開しています。

現在のお家の外壁材で一番多く使用されているのがサイディングというパネルの外壁材ですが

昔からあるモルタルを塗った外壁仕上げもまだまだ人気です。

今日は、モルタル外壁特徴などについて解説していきます。

モルタル外壁の塗り替え時期の目安

モルタルとは、セメントと水、砂などを混ぜて練ったものを外壁に塗って仕上げていきます。

しっかりと乾燥させてから吹付仕上げてという塗装方法で仕上げます。

その特徴は、表面にぼこぼことした粒がたくさんついている感じが特徴です。

モルタル外壁は、新築時など現場で色を付ける事が多くまた新築時はコストを抑える為にそれほど耐久性の

いい塗料で塗っていないので築8~10年位すると外壁の塗り替えを行う必要性があります。

またモルタル外壁は、乾燥をさせてから固まってしまうという特徴があります、建物は、肌で感じない程度に

動いているのですがこの動きにモルタル外壁は追尾できないために外壁にひび割れが発生してしまいます。

このことをクラックといいます。

ひび割れ(クラック)にも種類がありよくあるひび割れがヘヤークラックという数ミリ程度の小さなクラック

から大きなクラックもありますのでひび割れの状態で補修方法は変わってきます。

モルタル外壁は、このひび割れ(クラック)が避ける事ができなため下地調整のひび割れ(クラック)補修が

重要な工程になってきます。小さなヘヤークラックは、塗膜で埋まる事もありますし樹脂系のモルタルなどで

補修をしっかりと行ってあげるといいです。但し、モルタル外壁の特徴でもあるひび割れは、しっかりと

補修してもモルタル外壁は動きに追尾できないのでまたひび割れが発生する可能性があります。

そのため、どうせまたひび割れ(クラック)が入るなら補修しなくてもいいよと思われる方もおられますが

ひび割れ(クラック)をいつまでもほっておくとそこから水分などがお家の中に入ってきてしまい

お家の内部まで影響を及ぼし雨漏りなどの発生原因になったりしますので補修を行う事が重要です。

そしてその補修を行った上に塗膜でしっかりと保護をしてあげるというのがモルタル外壁の場合の

外壁塗装になります。

サイディングやパネル、モルタル外壁などどんな外壁材を使用しても塗り替えというメンテナンスは

必ず必要になってきます。それぞれの外壁材には必ずメリットとデメリットの両方があります。

しかしそれぞれの外壁材にはその外壁材にしかだせない風合いがあり今回ご紹介させて頂いた

モルタル外壁もサイディングやパネルなどには出せない風合いがありまだまだ人気の外壁材です。

それぞれの外壁材に適したメンテナンス方法でしっかりとメンテナンスを行ってあげる事が

お家を長持ちさせるためには必要です。長持ちさせるためには一定の期間にお家の現在の外壁や屋根など

どのような状態になっているのかを点検する必要性があります。

その上で塗り替えが必要なのか?それともまだ塗装工事をしなくてもいいのか?塗装工事をする必要性が

あるなら外壁材は補修が必要なのかなどを判断する必要性があります。

築10年位建っているなら一度、住まいの専門家の方にお家の現在の状態を診断してもらい

どの様なメンテナンスが必要なのかを判断してもらいましょう。

お家を長くももたせるためにはまずは診断が重要になってきますのでしっかりとした診断を

受けてみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ