パネル外壁の塗り替えはちょっと割高になってしまう・・・

いつもご覧頂きありがとうございます。

今日は、とても寒い一日ですね・・・・

外壁塗装リフォームを兵庫県西宮市・川西市・宝塚市周辺ではじめてお考えの方に外壁塗装の情報を

随時更新しています。

今日の現場チェックは、

神戸市N様邸外壁塗装リフォームは玄関面の下塗りを行うための養生作業

西宮市T様邸外壁塗装リフォームはコーキング(シール)打替え工事を行いました。

さて今日は、目地のコーキングについて解説していきたいと思います。

このコーキングはシールともいいサイディングの外壁やパネルの外壁のお家には必ずある部材です。

外壁の板と板の間にゴム状の線が入っているのがコーキングという部分です。

このコーキングも長年の直射日光などの影響で口が開いたりヒビ割れがしたりします。

このコーキングという部分も上記の理由から築10年くらいすると劣化がみられる様なります。

外壁の塗り替えをされる方は、この部分もしっかりと補修をしてあげないとそのまま塗り替えても

まったく意味のないリフォームになってしまいます。

コーキングが傷んだからといってすぐにお家がだめになるわけではない

よく訪問販売業者さんなどが

「コーキングの部分にヒビがあるのですぐに直さないと大変なことになりますよ!」

不安をあおってきたりします。これは訪問販売業者さんの手口で

一般の方がお家の作りなどをわからないことをいいようにこの様な不安をあおった営業をしてきます。

コーキングの部分が傷んだからといってすぐにお家がダメになるわけではないのでこのことを

覚えておいてください。

このコーキング部分は、パネル工法といわれる外壁材の場合継ぎ目がどうしても出てきてしまいます。

その継ぎ目を塞ぐ役割があります。この継ぎ目を塞ぐことで外壁材の中にある保護材を守る役割をしていますが

すぐにお家の中に水が浸入するのではなく月日をかけて徐々に侵入してきお家を守っている最後の素材である

シートを徐々に痛め躯体といわれる柱などを腐らせてしまいます。

そうならないためには、永遠に直さなくていいのではなくはやめはやめにメンテナンスをしてあげましょう

ということですので不安な場合はまずは、住まいの事がわかっている専門の方に診断をしてもらう事を

おススメします。その上で補修が必要なのかをしっかりと判断し必要ならばしっかりと適切なメンテナンスを

しましょう。

サイディング張りの外壁のお家の場合は塗り替え費用が少し高くなる

昔ながらの和風住宅などの外壁で使われているモルタル外壁のリシン吹き付けなどの場合よりも

サイディングなどのパネルで外壁を作っているお家の塗り替え費用では、このコーキングの打替えが

余分にかかってくるため、サイディング外壁のお家の塗り替えは割高になってしまいます。

割高になってしまう理由は、継ぎ目があるためにこのコーキングを一度撤去し新しく打替えをするため、

撤去費、打替え費というのが発生するためです。

このコーキングを打替えないで塗り替えをすることもできますがそうすること自体が全く意味の

ない塗り替え工事になりただ塗ってきれいにしただけという外壁塗装になってしまいお金をどぶに

捨てるようなものです。適切な塗り替えをすることがお家を長持ちさせるために必要なことです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ