兵庫県で外壁塗装をはじめてお考えの方へ 本来の外壁塗装の意味を知りましょう

いつもご覧頂きありがとうございます。

外壁塗装リフォームを兵庫県宝塚市・西宮市・川西市・神戸市周辺ではじめてお考えの方に外壁塗装の

情報を随時更新している吉村建築設計の吉村です。

昨日は、朝から現在進行中の宝塚市外壁塗装・屋根塗装リフォーム現場にチェックを行いました。

屋根葺き替え 宝塚市

屋根や外壁の塗り替え前に洗浄工事を行うのですが洗浄後のチェックを行いました。

外壁塗装の場合、各工程をしっかりとチェックする事が重要でチェックする事によって手抜き工事を防ぐ

事ができます。職人さん任せにしてしまうとチェックをする事ができないので工事中不安に思っても

誰にも聞けず・・・工事終了となってしまう為、安心してお家の塗り替えをされたい方は必ず

現場を監理している人にしっかりとチェックをしてもらいましょう。

さて今日は、外壁塗装をはじめてお考えの方が一番多く疑問に思われる『外壁塗装の事がわからない』

という方が多いです。そこで今日は、外壁塗装の自体の事を解説していきます。

お家は塗料だけで守られているのではない!!

外壁塗装を検討されている方の多くが誤った認識をお持ちになられている所が塗料でお家を外部から

守っていると思われている方が多いです。

お家の屋根や外壁の塗り替えで使用される塗料の厚みはわずか数ミリです。この厚みでお家を外部から

守ること自体が不可能なんですね。

お家を外部から守る為にはいくつもの保護材が使用されてはじめてお家を外部から守っています。

その内の一つが塗料であっていくつもの保護材料を守る為に塗り替えをする必要性がでてくるわけです。

築15年~20年位経つとサイディングやモルタル外壁、パネルなど自体の外壁素材が傷んでくるので

補修をしっかりと行った上で塗料でさらに保護をしてあげましょうというのが本来の外壁塗装リフォームという

ありかたです。いわばリフォームの中でも外壁塗装はメンテナンスリフォームになります。

どんなにいい塗料を使用しても下地が悪ければ全く意味のない事!

最近では多くの業者さんがいろいろな塗料を取り扱っています。遮熱などに特化したガイナやアステックペイント

など特殊機能を持った塗料などがあり多くの業者さんがおススメしています。

また次回の塗り替え期間を出来るだけ延したいというご希望をお持ちの方も多くおられます。

しかしどの塗料を使用して塗り替えを行うかも重要ですがそれよりも一番重要なのか塗料を塗る外壁面や

屋根の状態がとても重要です。塗料を塗る外壁面などが傷んでいたりする場合が塗り替えの時期にきている

と傷んでいる可能性が髙く塗り替える前にしっかりと補修をしなくてはいけません。

また次回の塗り替え期間までに外壁面が傷んでくる可能性もあります。ですのであまり長い耐久性の

塗料を選択して塗り替えるとその期間が長い分、外壁面などの傷みを気づくのが遅くなったり

傷みが激しくなったりし余計に費用が掛かってしまうという可能性があります。

そうなるとせっかく高級な塗料で塗り替えても全く意味のない事になってしまいます。

ですのでどの塗料で塗り替えるよりもまずは、現在の外壁面の状態を確認する事、その上で次回の塗り替え

期間をどれ位にすればいいのか?お家の事をわかっている専門家の方と相談をしながら塗料を

選定する事が重要です。業者さんがススメルからといって一概にそれが一番いいとは決していえませんので

しっかりと判断しましょう。

まとめ

外壁塗装はわからない事が一般の方にとって多くあるリフォームです。わからない事をいい事に

いい加減な工事をする業者さんもまだまだ多くいます。また外壁塗装は決してお安いリフォームでは

ありません。お家一棟を塗り替えるにも130万円位は適切に塗り替えをするには掛かってきます。

その為、できれば安い所と考えるのも十分わかりますが値段だけで判断してしまうといぜ工事が始まると

適切に塗り替えをしてくれているのかを判断する事が一般の方では難しいです。

その為、手抜き工事をされていても全く気付かず完成してキレイになったと思っていても実は手抜き工事

をされている事もわからないまま・・・・という事があります。

それを気づくのも何年か経ってから・・・・その時期にはもう手遅れ・・・とならない為には

まずは外壁塗装の事を少しでも知る事が大事なことです。その為にはいろいろな会社さんが無料で

情報を提供されていますし無料の冊子などもくれます。まずは、取り寄せてみたり情報を集める

事からはじめてみてください。

弊社でも兵庫県宝塚市・川西市・西宮市・神戸市・芦屋市周辺でしたら無料の小冊子をお送りできますので

お気軽にお問い合わせください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ