外壁塗装の見積もりは一体何社位とればいいの?

いつもご覧頂きありがとうございます。

今日も雨ですね・・・最近雨の日が続いておりますがどうやら台風が発生したみたいです・・・

さてこのコーナーは兵庫県宝塚市・西宮市・川西市・伊丹市周辺ではじめて外壁塗装リフォームを

ご検討の方に外壁塗装や屋根塗装・お家のリフォームの情報を随時公開しています。

今日は、外壁塗装をはじめて検討した時に見積もりをとられると思いますが何社くらい見積もりを

とればいいのか?ネットなどには数社見積もりを取るべきなどの情報をよくみますが実際は、

どれ位とればいいのか?また相見積もりをする事のメリットやデメリットなどについても

今日は、解説していたいと思います。

実際何社くらい見積もりをとればいいの?

これまでお家の外壁や屋根の塗り替えやリフォームのご相談を多く頂いた中で見積もりを数社から

取られる方もおられば弊社だけの方もおられます。

何社と実際には決まっていないので何社とはいえません、ですのでご自身が納得できるまで

見積もりを取る事は実際はできます。

多い方で6~8社位とられる方もいますが平均して2~3社程度が経験から言うと多いと思います。

相見積もりを取るメリットとデメリット

さて相見積もりを取るにもメリットとなる面とデメリットとなり面があります。

一番のメリットは、『金額面を比較する事ができる』というメリットがありますがあくまでも

金額面だけの話です。見積書を一度取ってみるとこれははっきりとわかるのですが

各社使用する塗料のメーカーや塗料の商品が違う

平米数が違う

最大の違いはこの二つが違っていると思います。これは、各社使用している塗料の卸値が違う為に

塗料のメーカーや商品が違ってくるわけです。その為、価格が違うという現象は発生し

工事金額が違うわけなんですね。

このため、相見積りをしても価格面でしか判断する事ができないというデメリットが発生するわけです。

見積書の工事金額が安いからといって優良業者さんなのか判断する事はできませんしまた逆に高いからと

いって優良業者さんが来るとも限りません。

複数社から見積もりを取っても実際は、選ぶ基準が金額しかないので安心して適切な塗り替えをと

お考えの方には全く意味のない事になってしまいます。

但し金額が安ければいいという方は相見積もりをして一番安い業者さんを選ぶ事はできます。

相見積もりをするよりも大事な事

外壁塗装はリフォームは形があって無い様な物、どこまで塗ってもらえるのか?どの様な塗料を使用するのか?

そして工事中のチェックは誰がしてくれるのか?などなど見積書だけでははっきりといってわからない

部分が多くあります。金額が安かったから塗り替えをお願いしたら・・・適切に塗り替えをしてくれて

いるのか不安になってしまった・・・ここは塗ってないけど塗ってもらえるのかな・・・

工事がはじまったらそれまで親身になって相談を聞いてくれていた担当者が全くこず職人さん任せに

なっている・・・などなど工事中の不安が発生します。外壁塗装の場合、工事中の不安がある為

みなさん外壁塗装に対して不安を抱く方が多くおられます。この不安を解消し安心して外壁塗装を行なうには

金額面で判断せずじっくりと業者さんの話を聞きわからない事は質問をしご自身が納得できれば

その業者さんに工事をお願いしもしだめな場合は、改めて違う業者さんを探せばいいのでまずは

ご自身がいいなと思われた業者さんとじっくりお話する事が実は、相見積をするよりも大事な事なんですね。

まとめ

多くの業者さんは無料で見積もりを作成してもらえます。しかし実際は無料といっても

そこには見積もりや診断書などを作成する時間が掛かっています。

比較する為に相見積をする事は重要な事ですが6,7社も見積もりを取っても余計に迷うだけで

判断する事が余計にできなくなりますし業者さん側もそれだけ多くの業者さんとの相見積もりだと

真剣に対応してくれない業者さんも中にはいます。

これは業者さん心理から言うとやる気が伏せてしまいもっと真剣に考えてくれる違うお客様の所に

集中してしまうという傾向が発生してしまうという心理があります。

本当は、いけない事だと思うのですがそれだけ多くの業者さんがいればいたしかたない事なのかなとも

思いますが・・・。

相見積もりを取る際は、あくまでも金額面だけでしか判断する事しかできません。

それもその工事内容が本当に適切な金額なのか?判断する事もできません。

工事内容の割に実はものすごく高い金額だったのかもしれません。

相見積もりをする際は、まずはご自身で使用する塗料やメーカー、平米数などの統一した情報を

各業者さんに提示しなければ比較する事は不可能なんです。

例えばテレビを買い替える場合、買いたいテレビの大きさやメーカーなどある程度固まっていると

思います。そして色々な電気屋さんをみて廻り安い所で購入されたりすると思います。

これは、テレビの相見積をしているという事ですよね。

この事と外壁塗装の相見積をする時も同じで

統一した商品や情報がある為に比較する事がはじめてできるという事です。

建築にはいろいろな工法がある為に業者さんの判断もさまざまです。

どれが一番いいのか業者さんのこれまでの経験で判断も違ってきます。

その違う判断の中での見積書となる為に塗料のメーカーや商品が違ってくる為に金額がばらばらで

どれが正しいのか判断する事は見積書だけの金額では判断できないのです。

リフォームは物があっても無い様なものです。その様な状態がリフォームというものになります。

ですので人と人の信頼関係がリフォームの場合は一番重要です。

『人に始まり人に終わる』昔からある通り、相見積で安い業者さんを探すよりも信頼できる人を探す

事に時間を使う方が有意義な時間の使い方になり工事中の安心して工事をする事が出来ます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ