定期的に塗り替えメンテナンスをする事がお家を長持ちさせる

今日は、蒸し暑いですね~・・・

はじめてお家の壁塗装リフォームを西宮市・宝塚市・川西市周辺でお考えの方に外壁塗装の情報を

随時公開しています。

お家の外壁塗装にはたくさんの塗料の種類があります。

その中でできるだけ次回の塗り替えを延したと考えておられる方も多くおられると思います。

また塗装専門店の多くが差別化をはかる為に特殊塗料で塗り替える事をおススメしています。

お家は塗料の耐久性が長いからといってメンテナンスフリーではない!

塗り替え時に次回の塗り替え時期を延す為にフッ素塗料やアステックペイント、ガイナ塗料などを

すぐにススメテくる業者さんが多くいます。特に塗装専門店さんはアステックペイントかガイナ塗料を

ススメテきます。これは、塗料で差別化をはかる為に高いお金を払って特約店に入っています。

ですのでその費用を回収する為にススメテ来るわけですね。

たしかに耐久性が髙いフッ素塗料やアステックペイントやガイナ塗料を使用して塗り替えを行う事を

耐久性を延す事を考えれば重要かもしれません。

しかしその様な塗料を使用して家の壁塗装を行なったとしても20年、30年メンテナンスフリーという

わけではありません。

そもそも家の塗装リフォームの場合、屋根や外壁にはフッ素塗料やアステックペイント。ガイナなど

で塗り替えをする事ができますがお家は屋根や外壁だけで出来ているわけではないのでその他の

樋や雨戸、シャッターBOX、破風など付帯部と言われているお家に付属した部分はその様な塗料を

使用して塗り替えません。

また、塗膜で20年30年お家を外部から守っているのではなく外壁材など全ての保護材が重なりあって

お家を外部から守っています。塗料の耐久性だけを延したからといって塗料の下の外壁材などが

20年30年くらいすると劣化してきます。

雨漏りの症状 兵庫県宝塚市

フッ素塗料やアステックペイントやガイナなどで今回塗り替え、次回の塗り替え時期は20年後。30年後

その間に外壁材や下地材など無傷でいれるということはほぼありません。

今回の塗り替えを検討した時にもおそらく15年から20年位経っておられるから塗り替えを

ご検討したはずです。その際にサイディングが浮いている、外壁にヒビが入っている、コーキングが

劣化しているまたは口が開いている、雨漏りがしているなどの症状がでているはずです。

この事からお家を長持ちさせるには塗り替えの周期をだいたい10年から15年周期で行う事

適切な塗り替えメンテナンスリフォームといえます。

フッ素塗料やアステックペイント、ガイナなど次回の塗り替え時期を延したいというお気持ちも

わかります。しかしその事だけを考えて塗り替えるのではなく長い目で見た場合、どの方法が

お家を永く持たせる事が出来るのかを判断する事が塗料の耐久性よりも重要です。

私達は、塗装専門店ではありませんので本当の事をいいます!

『塗料でお家を外部から守っているのではありません!!』

お家は塗料で外部から守っていると思われている方や業者がそう言っているから・・・と

思われている方も多くおられると思いますが、『塗料でお家を外部から守っているのはありません!』

お家は2重3重の保護素材が使用されており外部に面する第一保護が『塗料(塗膜)』です。

この塗料の耐久性が切れたからといってお家に水がすぐに廻るのではありません。

実際にご近所さんや周りのお家をみてください。

塗り替えを何十年の間一回もしていないお家ありますよね?

塗り替えをしていないのにしっかりと建っていますよね!!

これは塗料だけでお家を守っているのはない証拠です。

この事を塗装専門店やリフォーム店などの業者は絶対にいいません!!

塗装工事の仕事を取るために

『塗料の寿命がきているのですぐに塗り替えないといけません』

『おススメする塗料は耐久性が長いので次回の塗り替え時期を延す事ができます』

などをいいます。肝心な事は絶対にいいません。

ですのでこの事から塗料の耐久性が長いからといって次回の塗り替え時期までメンテナンスしなくても

いいという訳ではありません。

では塗装工事はしなくてもいいの?

上記の理由からだ家の外壁などは塗り替えをしなくてもいいのでは?と思われると思います。

塗装工事をしなくてもいいという訳ではありません!!

先程も少しご説明させて頂きましたがお家には外部からお家を守る保護材がいくつもあります。

その保護材の中で躯体内の侵入を防ぐ最後の砦である保護材がありこれを守る為に外壁材などの

保護材がありそのさらに外壁材を守る為に塗料があり塗り替えというメンテナンスリフォームが

あります。この塗装工事をいつまでもほっておくといずれ躯体内付近の保護材がダメになって

くるので適した時期に塗り替えを行う必要性があります。

この適した時期が10年から15年くらいが一番適しています。

はじめて塗り替えをされる方、次回の塗り替え時期を延したいお気持ちもわかりますが

塗料の耐久性だけで塗装工事を判断せずお家を長持ちさせるには定期的なメンテナンスが必要という

事を判断材料にしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ