家のことを知らない業者さんに塗り替えをたのむと・・・

いつもご覧頂きありがとうございます。

このコーナーは兵庫県宝塚市・川西市・伊丹市・西宮市ではじめてお家の外壁塗装リフォームを

ご検討の方に外壁塗装の情報を公開しています。

本日は、『家のことを知らない業者に塗り替えをたのむと・・・』についてです。

はじめてお家の屋根や外壁の塗り替えを検討した時、どこの業者さんに塗り替えをお願いするか?

業者さん選びからスタートしなくてはいけません。

業者さんを探す方法は、チラシやネット、紹介などから探す事が最近は容易になりました。

多くの業者さんが塗装工事を取り扱っているのでどの業者さんがいいのか?

わからなくなったり迷ったりすると思います。

塗装専門店さんにお願いするのか?リフォーム総合店さんにお願いするのか?大手ハウスメーカーさんに

お願いするのか?多くの業者さんが取り扱いをしているので迷ってしまいますね・・・。

ひとつだけ注意して業者さん選びをしてほしいのが

『家のことを知らない業者さんに塗り替えをお願いしない事』

家のことというのは、

・家がどの様にして建てられているのか?

これを理解していない業者さんに塗り替えをお願いすると・・・

こんなデーターがあるのご存知ですか?

※国民消費者センター参照

リフォームの相談の中で外壁塗装リフォームに関する相談が2016年度は6,246件も寄せられています。

リフォームは、形ある物のリフォームもあれば完成するまで形のないリフォームもあります。

その形のないリフォームが外壁塗装・屋根塗装になるわけですが

なぜ?外壁塗装に関する相談が一番多いのか?

塗装工事は、費用がどうしても掛かってきます。その為、できるだけ安くと考えて

安い業者さんに塗り替えをお願いして仕上がりがどうもおかしい・・・・

また、塗装工事は、ただ塗り替えてキレイになればいいので・・・

と考えてしまって家のことが全くわからない安い業者さんに塗り替えをお願いしてしまった・・・・

という様な事が起こり相談をされる方が毎年多くおられるのが実情です。

そもそも塗り替えは、ただ塗ってキレイになればいいというリフォームではありません。

塗装工事は、お家をキレイにすることももちろん目的ですがその前にきちんとした役割があります。

それは、お家の骨組みを外部から守る為に何重にも保護材がお家にはしてあります。

その一つが現在の外壁材についている色でありその色の塗料にも耐久性の寿命があります。

寿命が切れたままいつまでもほっておくと次の保護材の外壁材が傷みそしてその次の保護材が傷み

骨組みまで傷んで莫大な費用が掛かってしまう・・・という事になってしまわない為に行う

メンテナンスリフォームなんですね。マンションやハイツ・アパートなどの場合も修繕費という

名目で月に1回や年1回集金されているはずです。この集まったお金でマンションやアパート・ハイツ

などの場合は、管理組合やオーナーさん、管理会社さんなどが入居者さんに代わって塗り替えメンテナンス

を行なってくれているわけなんですね。戸建てのお家の場合は、この塗り替えメンテナンスをご自身で

計画して行わないといけないのが戸建てのお家を所有したからには必ず発生してくるわけです。

 

お家の屋根や外壁の塗り替えを検討する時期は、築10~20年位経ってから検討されると思います。

その長い間、雨や台風、花粉、振動などさまざまな自然環境からお家を守ってくれていた屋根材や外壁材

など外部に接している素材が傷んできている可能性もあります。

また外部からみえないだけで内部も傷んでいる可能性もあります。

そしてお家には、木材や板金、アルミなどさまざまな素材が使われて一つのお家が出来ています。

その為、それぞれの接合部の収まりも正しい収まりなのか?など判断するにはお家の事をわかって

いないと判断する事ができません。

塗り替えを検討した時期になるとそれぞれの素材が傷んでいる可能性もあります、また接合部が

浮いたり、剥がれてたりしている可能性もありその接合部から骨組みに雨などが侵入している可能性も

あります。

そんな状態のまま、お家のことを知らない業者さんに塗り替えをたのむとその状態がわからないので

誤った判断をしたり、わからない為、ほっておいてそのまま塗り替えをしたりします。

塗料だけでお家を外部から守っているのではないのでそのままの状態で補修もせずに塗り替えを

行なっても補修をしていない箇所の上に塗料を塗っただけなので見た目はキレイになったかもしれませんが

お家を外部から守る事はできません。

家の作りなどを知らない業者さんに塗り替えたのんでしまったあげく塗替え中や工事が完了して

から不安を抱いてしまったため、相談する人がおらず国民消費者センターに相談をされる方が

毎年多くなってしまっています。

そうならない為には、塗装工事だからという考えではなく

『家のことを知っている業者さんに塗り替えを』という考えで業者さんを選ぶという方法を取るべき

なんですね。そうする事で次回の塗り替えまでしっかりとメンテナンスをする事ができ

長くお家を持たせる事ができる本当のメンテナンス方法なんです。

ぜひ、みなさんの塗装工事が成功する為のご参考にしてみてくださいね。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ