高級塗料や特殊塗料にだまされないで

このコーナーは兵庫県宝塚市・西宮市・川西市・伊丹市周辺で外壁塗装・屋根塗り替えリフォームを

はじめてご検討の方に外壁塗装の情報を随時公開しています。

今日は、『塗料にだませれないで』です。

みなさんの外壁塗装のイメージは、お家を外部からの雨風から守る為に塗り替えその上で綺麗に

したいというイメージがあるのではないでしょうか?

正しい外壁塗装の事を知ってくださいね!

そもそも外壁塗装自体でお家を外部から守っているのではありません。

塗り替えで使用する塗料の塗膜の厚さはわずか0.2mm位です、これだけの厚さしかない塗膜で

お家を外部から守る事は不可能です。

この事を塗装専門店さんやリフォーム会社さんは知っているのですが絶対にいいません。

その代わりに

『いい塗料があります!』

『耐久年数が長いので』などなど特殊塗料や高級なフッ素塗料などをススメてきます。

いくら高級な塗料や特殊塗料を使用して塗り替えても塗膜自体でお家全体を外部から守る事は

不可能です。

では、なぜ高級塗料をススメてくるのか?それは、塗料自体の単価が高くなっている為、利益が大きく

とり易くなっています、その為お客様には『いい塗料ですよ』という単価を上げる為に各業者ススメて

来るわけですね。もちろん高級塗料で塗り替える事もいい事ですが塗膜自体でお家を外部から守って

いる訳ではない事を知る事が重要です。

外壁塗り替えという本来の目的は、お家には室内側から第一保護材、第二保護材という保護材があります

この保護材の保護をしてあげる事が塗装リフォームの本来の目的です。

お家全体を最終的に外部から守っているのがシートというのがあります、これが外部からの侵入を守る

最後の砦であってこれを守るのが外壁材でその外壁材を守る保護が塗膜という様になっています。

ですので塗膜でお家を守っているのではなく塗膜は第一、第二保護材を守る為の保護なんですね。

外壁塗り替えは、この保護材を守る為にするという事が本来の塗り替えという目的です。

塗料の寿命が切れたからといっていきなり雨水などが侵入するのではありません。

ですがいつまでもほっておくと中の保護材まで水が侵入し外壁材やシートなどの保護材がダメになって

しまいお家の骨組みまで水が侵入し取り返しのつかない事になってしまうという事が起こります。

ですので早め早めの塗り替えで内部の保護材を守ってあげる事がお家を長持ちさせるには重要な事です。

塗料選びには、業者のいいなりにならずにお家全体の事を検討してから塗料を選びましょう。

本日もご覧頂きありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ