家の外壁塗装のチェックポイント

いつもご覧頂きありがとうございます。

今日は、今年一番の寒さみたいですよ(>_<)朝からとても寒いですよね~・・・・

さて、このコーナーは兵庫県西宮市・宝塚市周辺で外壁塗装や屋根塗装・リフォームをお考えの方に

外壁塗装の事を知って頂くために外壁塗装の情報を随時公開しています。

今日は、『外壁塗装で一番重要な工程』についてです。

 

外壁塗装は、多くの工程から成り立っています。養生作業や屋根や外壁を洗う洗浄などどの工程も重要ですが

中でも下塗りという工程がとても重要です。

外壁塗装の適切な工程は、3回塗りが適切な塗装方法です。

下塗り・中塗り・上塗りの3工程の塗り替えが方法が適切で今回説明させて頂くのは、この下塗りという

工程です。

外壁塗装の下塗り
この下塗りは、中塗りや上塗りの塗料を密着させる為に行う、いわば接着剤的な役割をしています。

どんなに高級な塗料や特殊な遮熱などの機能を持ったガイナやアステックペイントなどの塗料を使用しても

この下塗りがしっかりと行っていないと剥がれてくるので塗り替えをする意味が無くなってしまいます。

この下塗り塗料は、プライマーやサーフなどと呼ばれている下塗り専用の塗料があります。

この下塗り塗料は、透明や白い色をしていますが透明の場合は、わかりにくいのでしっかりとチェックを

する必要性があります。

もし透明の下塗り塗料を使用している場合は、若干外壁の色が濃くなっているのでしっかりと塗っているのかを

判断する事ができます。現在、塗替え中の方は、一度確認してみるといいでしょう。

 

外壁塗装ではたくさんの塗料を使用します、またたくさんの塗料の種類があります。

どんなにいい塗料や高級な塗料を選択してもこの下塗りがしっかりと行なわれていないと全く意味が

なくなってしまいます。外壁塗装はチェックするポイントがたくさんありますがこの下塗りの工程も

重要なチェックポイントです。

本日もご覧頂きありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ