宝塚市A様邸着工と目地コーキングについて

いつもご覧頂きありがとうございます。

今日も寒い一日でしたね・・・。

さて今日から宝塚市のお客様宅の屋根外壁塗装リフォームが始まりました。

リフォーム初日の今日は、足場建てからスタートしました。

dscn8554

お家の塗り替えを行う上で必ず必要になってくる足場を設置しました。

外壁塗装の工程の一番最初の工事になります。

足場を設置し屋根や外壁などを改めて現在のお家の状態をチェックをさせて頂きました。

兵庫県宝塚市・西宮市・川西市周辺でお家の外壁や屋根塗装リフォームをご検討の方に

外壁塗装リフォームで知っているとためになる情報を随時公開していますが今日は、

『目地シールについて』解説していきます。

目地シールとは、サイディングやパネルなどの外壁材が外壁に使用されているお家には、必ずある部材です。

このシールをコーキングともいいますがこの部分がひび割れや剥がれなどが発生していると雨漏りなどの

原因になります。

目地コーキング劣化

シールの劣化

このシールも永久に持つものではなく耐久性が切れるとこの様な症状があらわれてきます。

この症状が現れる原因は、長年の直射日光の影響や耐久性の寿命などが原因です。

外壁を塗り替える際は、一緒に新しく打ち変えてあげると外壁と同じ色に染まるので目立つこともなく

美観上もキレイになります。

現在のお家の外壁は、ほとんどがこのサイディングを外壁に使用しているお家が多くあるので

パネルとパネルの間にゴム状の線があるか一度確認してみてください。

もしあれば現在の状態がどの様になっているかも確認しもしヒビや剥がれなどがあれば一度、専門家の方に

相談をしてみるといいでしょう。

本日もご覧頂きありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ