安い塗装には理由がちゃんとあります。

こんにちは、吉村です。

兵庫県宝塚市・西宮市・伊丹市・川西市周辺で外壁塗装や屋根塗装リフォームをご検討の方に知っていると

ためになる情報を随時公開しています。

今日は、『安い塗装の理由』についてです。

前回にも書きましたが外壁塗装を検討された多くの方が『数社程見積もりを取る』という方が多いです。

だいたい3社程から見積もりをとられその中から一番安い業者さんにお願いしようと考えておられる方が

多くおられます。少しでも安くと考えるお気持ちはわかります。

またどれくらいするのか知りたいから3社程から見積もりを取るという方もおられます。

この『数社から見積もりをとる』という情報は、インターネットで検索すればすぐに出てきますが

この情報は、はっきりいって間違いです。数社見積もりをとり比べたいなら使用する塗料や面積などの

情報を同じにし公共事業の様に入札方式にしないと何も判断する事はできません。

判断するとなると『金額面』だけです。しかし見積もりの表面金額が一番安くても実際の工事内容が

その金額にあった工事内容になっているのか?

おそらくなっていないと思いますが・・・

 

『安い塗装の理由』にはそれなりの理由がちゃんとあります。

例えば見積書に記載されている塗料名がなくシリコン塗料とだけしか書いていない。

この場合、シリコン塗料の中でもランクがあり一番下のランクのシリコン塗料かもしれません。

また商品名が書いてあっても一般の方ではそれがランクの低い塗料なのか高い塗料なのか判断できない

為に営業マンなどにうまく丸め込まれるといった場合があります。

 

工事に入るとお家の大きさにもよりますがほとんどの場合、職人さん2,3人で一軒のお家を

塗り替えます。丁寧に作業をする業者さんほど工事の日数が掛かってきますが

工事期間を短縮し費用を抑える為に5,6人の職人さんを一気に投入し作業日数を短縮します。

この様な場合、仕上がりが各面でバラバラになりものすごく汚くなります。各職人の腕が違うので・・・。

一番よくある手口が『お友達職人さんに〇〇円で塗ってくれ』と言うパターンが安い塗装の理由が

ほとんどです。お友達職人さんをよく使っているのが実は、『自社施工』と大げさに宣伝している業者

さんが一番多いです。この『お友達職人』にお願いしている業者さんは、

『〇〇円で塗り替えてくれ』という様に一軒いくらで仕事をもらっています。

(『お友達職人さん』とはその会社の社長などの先輩や後輩などが塗装職人さんをしておりそこの社員では

無く各自で塗装店をしていますがその会社から仕事をもらっている職人さんの事です。)

それもまともに塗り替えができない様な金額で・・・。

では、どうするのか?はい!答えは、『手抜き工事』をします。

でも手抜きをすれば会社の人にわかるのでは?と思いますよね?はい実は、工事中『職人任せ』にし

会社の人は、全くきません。だからお友達職人さんは、手を抜いてもばれない事を知っているので

手を抜きます。これはお友達職人さんが悪いのではなくその会社自体の体質が悪いのです。

『外壁塗装だから職人さんだけで十分よね』と思って塗装専門店さんなどの職人さん業者に

直接依頼される方が多くおられます。しかしお家の塗り替えは高い所などを塗り替えたり、

シートでお家を囲う為、外から工事内容が見にくくなってしまいます。

その為、きちんと工事をしてくれているのかなどの不安を抱く為に外壁塗装に不安を抱いておられる

方が多くいるのも事実です。

安い塗装には、職人さん以外に工事中のチェック・監理をする人がいません。

これは、当たり前ですよね!金額が安いのですから・・・

洋服などなら安い物を買っても破れたりすればすぐに買い替えてしまえばいいですが

外壁塗装の場合は、そうはいきません!

金額がそれなりにする為、簡単に何度も何度もできる事ではありません。

安い金額の所で塗り替えを行い、もし手抜き工事をされていた・・・・

実は手抜き工事をされているのに気付かない・・・なんて事があるかもしれません。

安心してお家の屋根や外壁塗装を誰もがしたいと思っているはずです。

安心して適切に塗り替えを行うには職人さん以外に知識ある方に工事中のチェックや監理をしてもらう

事が外壁塗装での不安をとり省き安心して塗り替えリフォームができる唯一の方法なんです。

安い塗装には安心してお任せできるという安心感もありません。

外壁塗装にはお家の状態などにも左右されますが適切に塗り替えを行う為には

適切な工事金額がきちんとあります。

『どうせ塗るだけだからとにかく安く』

『キレイになればいいのでとにかく安く』

『とにかく安く塗り替えたい』

などなどを考えて外壁塗装をと考えておられる場合は、はっきりいってそれなりの仕上がりと

工事内容になってしまいます。これは仕方のない事ですよね・・・安いで選んだのだから・・・

『安くてクオリティの高い工事を』というのは、どこの会社も努力をしています。

しかし限界があります。その限界が『適正な金額』というラインなのです。このラインを下回ってしまうと

ただ塗ったという安い塗装だけになり本来の外壁塗装をする目的から外れてしまいます。

そんな塗り替えをしても全く意味のない事でお金をどぶに捨てる様な物です。

安い塗装というのは様々な理由があって安い塗装なんです。

食品や家電製品などの形あるものを買うのではありません。

外壁塗装やリフォームの場合、『安い』を求める事は、『適正金額』のラインを下回っているので

それなりの工事内容になってしまいます。

そうならない為に『適切に』『しっかりと』『安心して』という基準で選ぶ様にする事が

重要な事です。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ