外壁塗装の『3社程見積もりを取りましょう』って本当に意味のある事なのでしょうか?

こんにちは、吉村です。

兵庫県西宮市・宝塚市・伊丹市・川西市周辺で外壁塗装リフォームをご検討の方に知っているとために

なる情報を随時更新しています。

さて本日は、『外壁塗装をする場合、見積もりを3社以上からとりましょう』という言葉を

インターネットなどで観たことがあるかと思います。

複数の業者から見積もりを取り比較する事を『相見積もり』といいます。

 

例えば電気屋さんでTVを購入しようと考えている場合、

いろんなTVが展示されていますが同じメーカーの同じ型のTVでも量販店さんによって値段が違います。

家電などもし壊れてしまった場合、買い替える事ができますがお家の場合はそうはいきません。

だから『3社ほど見積もりをとりましょう』というのだと思います。

しかしなぜ『相見積もり』をするのでしょうか?

業者さんが信用できないから?

相場がわからないから?

できれば一番安い業者さんを探しているから?

といった理由で『相見積もり』をするのではないでしょうか?

しかし実際に外壁塗装の見積もりを取ってみると

各社、使用するメーカーや塗料も違いまた面積なども違い何をもって比較するのでしょうか。

見積書の内訳の書き方も違いますし『M』なのか『㎡』なのかにもよって変わります。

特に外壁塗装の場合、使用する塗料やメーカーがバラバラでその上、面積が各社測り方が違うので

同じになる事は、絶対ありません。

この状態で数社の見積もり書をみて何を基準に比較するのでしょうか。

見積書の中身の違いが分からなければ比較するのは金額だけになってしまいます。

結局、見積もりの『合計金額』が判断基準になってしまいます。

各業者さんが相見積もりだと知ると

『もう少し値引きができます!』といいます。それだったら最初からその金額で見積もりしてよって

思いますよね・・・・。

 

相見積もりってなんだか意味のない事だと思いませんか?

塗り替え工事自体の内容が各社違っているのに判断する基準は金額だけ・・・

塗り替え工事の中身が大事な事なのに・・・

どんな塗料を使いどんな工程で塗り替えを行うのか?

どこまで塗ってもらえるのか?

塗料の質はどうなのか?

見積書の中身が本当は大事な事なのに各社、使用する塗料やメーカー・面積などがバラバラだと

数社見積もりをとっても全く比較にならないですよね?

ほんとに数社から見積もりをとって比較したいなら

『全ての項目を同じにしなければいけません』でも実際は、できないですよね・・・

もしやろうとしてもかなりの外壁塗装の知識が必要になってきます。

 

もっとも大事な事は、『予算内で適切に塗り替えをする事』です。

私達は、そういう外壁塗装をご提案し行っています。

相見積もりをし業者とカケヒキやできるだけ安い所を探すよりも

『予算がこれだけで適切に塗り替えがしたいのでお願いします』と真剣にお話された方が

希望の塗り替えができる可能性が髙いですし相見積もりをする時間をこちらにあてた方が

有効に時間を使えます。

 

ここまでお話させて頂き『見積もりを3社から取りましょう』という相見積もりが

信頼できる業者選びの判断基準にならない事がお分かり頂けたと思います。

信頼できる業者とは、

外壁塗装に対しての思いや人柄、あなたのお家の事をどれだけ真剣に考えてくれているのかなどを

時間を掛けて知る事だと思います。

あなたのお家の塗り替え費用がどれ位するのか?わからなければ直接聞いたらいいのです!

教えてくれない業者さんはいません!もしいたらその業者さんは信用できる業者さんではないと

判断できます。

そしてもし予算がオーバーしているなら予算を伝えれば業者さんは予算内で適切に塗り替えができる

方法を考えてくれますしできない場合は、できないといってくれます。

『相見積もりをしできるだけ安い業者さんを!』と考えて数社見積もりを取るから余計に分らなくなり

金額面だけで判断してしまうから失敗してしまうのです。

あなたがインターネットなどで探した業者さんはあなたが『いいな』と思ったからお問い合わせをした

と思います。それでしたらいろいろ業者さんを探し『相見積もり』をするのではなく

まずは、その業者さんとじっくり話をしてからでも遅くはありません。

あなたがインターネットなどで探しお問い合わせをした業者さんはきっと真剣に話を聞いて

相談にのってくれますよ!なぜならあなたが『いいな』と思った事は間違っていないからです。

あなたに似ている

ご主人や奥さんに似ている

そんな業者さんがあなたのお家の外壁塗装のパートナーに相応しいのかもしれませんね。

本日もご覧頂きありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ