外壁塗装の必要性。これが本当の事。  

いつもご覧頂きありがとうございます。

兵庫県西宮市・宝塚市・伊丹市・川西市周辺でお家の外壁塗装リフォームをご検討の方の

知っているとためになる外壁塗装の情報を随時更新しています。

さて本日は、『外壁塗装の本当の意味での必要性』についてです。

外壁塗装は、訪問販売業者などが『すぐに塗り替えないとお家の中に水が侵入しダメになってしまいますよ』

などの言葉を巧みにいいお家の方が不安になって契約してしまったというお話をよく聞きます。

外壁塗装の本当の意味をきちんと知っていなければ誰もが不安になりあたかもそれが本当の事だと

思って契約をしてしまいます。

外壁塗装の本当の必要性を知っているときちんと適切な金額で適切に工事をしてくれる優良業者さんに

塗り替えリフォームをお願いする事ができ優良業者さんをみつける事ができます。

 

では外壁塗装の本当の意味での必要性は、

『お家を雨風から守ってくれる最初の保護材』という事。

これが外壁塗装の本当の意味であります。

お家の外壁の下には必ずシートがありその下ベニヤがありその下に柱などがあります。

この柱に水が侵入すると柱が腐ってきお家がダメになり修繕にも莫大な費用が掛かってきます。

この柱などを守っているのがシートでこのシートを守る為に外壁材がありさらに守る為に

塗装があります。外壁塗装は、外部からお家を守る第一の堤防と考えて頂くとわかりやすいかと

思います。ですので外壁の塗料の寿命が来たからといっていきなりお家が大変な事になるわけでは

ありません。

第一の堤防である塗料の寿命が切れても第二の堤防である外壁材が守りさらに最終堤防のシートが

お家をしっかりと守ってくれています。

塗料の寿命が切れても外壁材やシートがお家を守ってくれているから外壁塗装は必要ないよねと

思うと間違えでいつまでも外壁を塗り替えないでほっておくと外壁材が傷みしいてはシートも傷み

柱などの構造体が傷みお家がダメになってしまいます。

お家を長く守る為に外壁塗装で保護の保護の保護をしっかりとメンテナンスしてあげる事が

お家を長く守る為に必要になってくるメンテナンスリフォームという意味が外壁塗装の本当の意味での

必要性なんです。

この事を知っていれば訪問販売業者や悪徳なリフォーム業者の被害に遭わずに優良業者さんを

みつける事が必ずできます。

これから西宮市や宝塚市・伊丹市・川西市・神戸市などで外壁塗装をご検討される方のご参考になれば

幸いです。あなたの外壁塗装が成功する事を心から願っております。

本日もご覧頂きありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ