屋根の塗り替えもきっちりと三回塗りを行なわないといけません。

いつもご覧いただきありがとうございます。

このブログは、兵庫県西宮市・宝塚市・伊丹市・川西市周辺で住宅の外壁塗装や屋根塗り替えリフォームを

お考えの方の知っているとためになる情報を随時更新しています。

今日は、『屋根の塗り替え』についてです。

外壁の塗り替えはよくホームページなどで掲載されていますが屋根の塗り替えも外壁と同じ様に

下塗り(密着を高める為の材料)・中塗り・上塗りの三回塗りを行うのが適切な工法です。

住宅の屋根は、外壁よりも直射日光や雨・風等からお家を守ってくれているので劣化状況が激しく

なっている場合が多いです。

その為、通常、下塗り(密着性を高める材料)は一回ですがあまりにも劣化が激しい時は、もう一回

下塗りを行います。外壁や屋根の塗り替えは、この下塗りが一番重要でしっかりと行なわなければ

いくら中塗りや上塗りをキレイに行っても全く意味がありません。

この下塗り材は、屋根の場合、透明の塗料を使用する事がほとんどなので実際にきちんと下塗りを

行なったかどうかを判断する事は、少し一般の方では、難しく、中には下塗りをせずにしましたよという

職人さんもいます。これを防ぐ為には、専門家の知識ある人にしっかりと工事中の監理をしてもらう

事で防げます。また多くの業者さんが工程写真をとりますが一部分だけ写真をとりあたかもしっかりと

行ないましたという証拠を作る業者さんもいますので注意が必要です。

この様な事が行われない様にするにはやはりリフォーム中しっかりと知識ある専門家に監理をしてもらうと

防げます。この事は、外壁塗装リフォームを行う上で知っていると訪問販売業者や悪徳リフォームなどに

騙されずに安心してお家の塗り替えを行う事ができますので是非覚えておいてくださいね。

また外壁塗装や屋根塗り替え・リフォームなどの情報を随時公開していきますので

是非参考にしてみてくださいね。本日もご覧頂きありがとうございました。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ