次回の塗替え時期を延す事よりももっと重要な事があります。

いつもご覧頂きありがとうございます。

今日も暑い一日ですが高校野球もいよいよ大詰めですね。

さて本日は、明日から始まる宝塚市の屋根外壁塗装リフォームの工事前ご近所様ご挨拶廻りにいって

きました。工事中ご迷惑をかけるので工事前にご近所様に工事のお知らせをさせて頂きます。

DSCN2093

さてお家の屋根や外壁の塗替えを検討した時によく頂くご質問がいくつかあります。その中の一つで

一番多く頂くご質問が『他社で30年以上持つ塗料がある』といわれたんですが・・・というご質問をよく

頂きます。30年・・・・本当に持つ塗料があるのでしょうか?

誰もが次回の塗替えの時期を延したい!そう思う事は当たり前の事だと思います。

実際に30年持つ塗料があると言われればその塗料で今回塗り替えたいと思うはずです。

しかし実際は、30年以上持つ塗料など存在しません、もしあったとしてもその前にお家のどこかしらに

傷みが出てきます。30年間メンテナンスをしないのですから・・・どこかしらに傷みが出てくる事は

当たり前の話です。結局、次回の塗替えを延したい一心で30年持つ塗料で塗り替えたとしても外壁などに

その間傷みが出ると伸ばした意味が全くなくなってしまいます。

これはもしその様な塗料があった場合の話ですが・・・実際にはその様な30年以上持つ塗料など

存在しませんのでご注意くださいね。

ではなぜこの様な事を言ってくるのか?この様な営業方法をしてくる業者の多くが訪問販売系や総合リフォーム

店などが多いです。なぜ多いかというと知識の無い営業マンが多く会社から言われているのでススメテくる

傾向があります。また、やたらと特殊塗料(例えばガイナやアステック)ばかりをススメテくる会社も最近では

多くなっています。まずこの特殊塗料は遮熱効果などを持った塗料になりますがその分単価が高くなって

しまいます。単価が高い分、工事金額も高くなりますがその分の効果がものすごく得れるかというとそうでも

ありません。この特殊塗料をおススメしてくる業者の多くが塗装専門店や自社施工の塗装専門店が多いです。

なぜ多いかというと塗料で他社との違いを出したりしますが一番は、アステックなどの場合は、メーカーと

契約しなければ扱う事ができません。契約をしその分安く仕入れが出来る分、利益を特殊塗料という事だけで

莫大に取る事ができる為、お家の状態などや適した塗料を使用しなければいけないなどを全く無視をし

適していないのに上記の理由からおススメしてきます。

これでは、大切なお家を長持ちさせる為に行う塗装メンテナンスの意味が全くありません。

お家を長持ちさせる為には、定期的に診断をし傷んでいる所が無いかを専門家の方にチェックをしてもらう

事が次回の塗替えの時期を延す事よりも大事な事です。この事から定期的な診断をする機関は約10年から

15年の間に診断をする事が実はお家を長持ちさせる秘訣なんですよ!

この事からお家の屋根や外壁などを塗替えメンテナンスをする場合は、塗替え時の現在の主流である

シリコン塗料かラジカルシリコン塗料のどちらかを使用して塗り替える事がお家の事を考えると本当は

適しています。お家を塗り替える際は、耐久性を延す事も重要ですがお家全体の事を長い目で考えて

塗料を選択する事が本来の塗装メンテナンスですのでこの辺もご参考にしてみてくださいね。

本日もご覧頂きありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ