お家の壁塗装の塗替え時期の目安は?

いつもご覧頂きありがとうございます。

今日も暑い一日ですね・・・・外にいるだけで汗だくです(笑)

さて、今日は、昨日に引き続き宝塚市と尼崎市の外壁塗装・屋根塗装リフォーム現場にチェックにいって

きました。今日は、宝塚市の現場が追い込みですので職人さんと足場の解体日の打ち合わせを行いました。

さて今日は、お家の屋根や外壁塗装の塗替え時についてです。

お家の外壁や屋根を塗り替える時期は一体どれくらいで塗り替えなければいけないのか?

特にどれくらいの時期というのはありませんが一つの目安として新築から約10年といわれていますが

10年で必ず塗替えを行なわなければいけないのかというとそうでもありません。

お家の外壁などの状態を確認してみないと塗替えの時期にきているのを判断する事はできません。

ではなぜ約10年位といわれているのか?それは、新築から10年経つと長年の直射日光や雨風などの

影響で塗膜に色あせやチョーキング(白い粉)などが発生する可能性が髙くなります。

10年経つと何かしらの劣化が発生してきてもおかしくはないですよね。長年、お家を外から守ってくれて

いた外壁や屋根もそれくらい経つと傷んできているかもしれませんよね。

また、新築時に塗装されている塗料は、塗替え時に使用する塗料よりも耐久性が低い塗料で塗装されて

いる場合がほとんどの為、10年位すると劣化症状があらわれてきます。

10年経ったからといって必ず塗替えを行なわなければいけないというわけではなく12、15年位

引っ張る方も多くおられますので一つの目安としてそれくらい経つと一度専門家に外壁などの状態を

診断してもらい塗替え時期にきているのを判断してもらいましょう。また塗装工事をされる場合も

まずは、現状のお家の状態がどの様になっているのを診断する事が重要ですので専門家の人に相談する

事が大事な事です。これから塗り替えをご検討の方の少しでもご参考になれば幸いです。

本日もご覧頂きありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ