サイディング塗替え時の目地シール(コーキング)について

いつもご覧頂きありがとうございます。

今日も暑い一日ですね~。

今日は、朝から宝塚市の外壁塗装・屋根塗装リフォーム現場に職人さんと色の打ち合わせとシールのチェック

にいってきました。

シール打ち替え 川西

今回、外壁がサイディングの為、サイディング独特の素材であるボードとボードの継ぎ目の目地部分を

塗替え前に新しく打ち替えをします。このシール部分は、ゴム状になっており永久的に持つものではなく

ひび割れや剥がれなどが起こっている場合があります。

このシール部分にひび割れなどが発生しているとホームページなどよくみる情報で

『ここから雨水が侵入しお家がダメになるのですぐに直さないと大変な事になりますよ』という不安を

煽った情報をよくみますがすぐにお家がダメになるのではなく早めに直してあげましょうねというのが

本当は正しいことです。訪問販売の営業マンなどがこのシールの劣化をみつけ不安を煽った営業をしてくるので

まずは、訪問販売の営業マンを断り、専門家にしっかりと状態を確認してもらう様にしましょう。

不安を煽った営業は少なくなってきていますがまだまだ訪問販売系には多いのでご注意くださいね。

本日もご覧頂きありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ