塗装工事の下塗り材について

いつもご覧頂きありがとうございます。

今日も暑い一日ですね~水分補給忘れず行ってくださいね。

さて本日も現在進行中の西宮市外壁塗装屋根塗り替えリフォーム現場にチェックにいってきました。

今日は、先週から行っているシール(コーキング)工事と今日は、屋根の鉄部と一回目の下塗りを

行ないました。

DSCN1400

DSCN1403

下塗り 宝塚

塗り替えの場合、適正な工法は下塗り・中塗り・上塗りの三回塗りになりますがお家はいろんな部材が

組み合わさって出来ている為、下塗り材といっても一つの材料だけではありません。

写真の様に屋根ひとつをとっても棟包みという鉄部もあります。カラーベストには適した下塗り材を

鉄部にはさび止め材をという様にその部材に適した材料をきちんと塗らなければなりません。

また塗装工事の場合、この下塗り材が重要な部分ですのできちんと塗っているかのチェックをしなければ

いけません。チェックをするにも一般の方ではわからない部分が多いので専門家に見てもらう事を

おススメします。今日は、下塗り材についてでした。

本日もご覧頂きありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ