暑くなってくると遮熱塗料が話題になりますがその効果は?

いつもご覧頂きありがとうございます。

今日は、雨が降るのか降らないのかわからない天気ですね・・・。

さて梅雨が明けると今年は、どうやら猛暑になるみたいですね。

暑くなると遮熱塗料が話題になってきます。この遮熱塗料の効果は一体どれ位あるのか?

気になる所だと思いますので今日は、遮熱塗料についてです。

遮熱塗料といってもたくさんの種類があります。日本ペイントのサーモアイ、SK化研のクールタイト

日新産業のガイナなどなど多くの遮熱塗料があります。この遮熱塗料の中でもガイナが今一番人気が

あり多くの業者様が取り扱っています。

ガイナ 遮熱 西宮

一番人気があるガイナについて取り上げたいと思います。このガイナの効果ですが実験をしたデータが

こちらです。

ガイナ遮熱塗料

まず、ガイナを塗った鉄板と普通の塗料を塗った鉄板に太陽の日光としてみたてた電球に鉄板をそれぞれ

当てます。少し時間を置いてどれぐらいの温度差があるのか計測してみます。

涼しくなる遮熱塗料ガイナ

実験結果は、一般の塗料を塗った鉄板の温度は、約97度、遮熱塗料ガイナを塗った鉄板の温度は、約77度

その差約20度の温度差がありました。この実験結果からガイナを塗ると遮熱効果がある事がわかります。

では実際のお家の屋根や外壁に塗るとこれ位の効果が得れるのかというと少し難しいと思います。

ではどうして実際のお家の場合、効果が難しいのか?

それは、お家の構造や屋根や外壁の素材、周りの環境などが影響する為です。

まず結論から先に言うとガイナを使用する場合、特別寒い地域や暑い地域以外だと外壁よりも屋根に使用

する方がいいと思います。その理由は、屋根は一日中どの方角からも日中、陽が当ります。その点、外周面は

陽が一日中当らない面や当る面の差が大きくあります。またガイナの欠点である擦れに弱いという点、

ガイナの単価面からも考えると外周面よりも屋根に使用する方がいいと思います。

また、ガイナを塗ったからといってものすごく涼しくなるという訳ではありません。人それぞれ感じ方が

違うので効果があるという人もいれば全く効果がないという人もいます。

ですので遮熱塗料を使用する場合は、屋根が鉄板の屋根、最上階に空気層がないお家、外壁に使用するよりも

屋根に使用する方がいい。

その上でガイナなどの遮熱塗料は、塗料に特殊機能を持ち合わせているので一般的に塗替えで使用されて

いるシリコン塗料よりも単価が高い為、ご予算に少し余裕があるなら試してみようかというお気持ちで

使用される方がいいかと思います。

また塗替えの場合は、なんでもかんでも特殊塗料(ガイナなど)で塗り替えればいいというものでも

ありません。そのお家お家に適した塗料を選択する事がもっとも重要な事です。

どの塗料で塗り替えるといいのかは専門家に相談しアドバイスをもらうといいでしょう。

本日もご覧頂きありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ