お家の塗装工事の本来の目的

いつもご覧頂きありがとうございます。

今日も暑い一日ですね~。

さて本日は、お家の塗装工事の本来の目的についてです。

お家の屋根や外壁が建てられてからや買われてから10年位すると汚れが目立ってきたり外壁が

サイディングの場合、目地のシールが剥がれたり割れたりヒビがあったりなどなどの症状が出てきます。

そこに訪問販売業者や営業活動をしているリフォーム店などが目をつけ塗り替えないと大変な事に

なりますよ!などなどといって不安を煽り高額な金額で工事の契約を迫ってきます。

塗装工事の本来の目的が分かっていればこの様な状況に遭遇しても大丈夫ですよね!

では、塗装工事の本来の目的は、お家の雨風から守る最終の保護材です。

塗料の耐久性が切れたからといっていきなり何かしらの不具合がお家に発生するのではありません。

お家を守っている最後の砦は外壁材のさらに中にあるのでこの材料がダメになると雨水などが侵入し

雨漏りの原因などになります。ですので塗料の耐久性がなくなったからといって急に不具合がなるのでは

ないでご安心くださいね。ですがいつまでもメンテナンスをほっておくと塗装工事だけの費用で済んでいた

物が塗装工事だけでは済まなくなってしまい高額なメンテナンス費用が掛かってしまうので

はやめはやめに塗替えをしましょうという事です。塗装はあくまでも保護材この事をインターネットなどでは

誰も言わずいかにも塗替えで不具合が発生しませんみたいなことを書いてありますがあくまでも保護材なので。

お家の塗替えの目的は美観と保護をしましょうという二つの目的があるので訪問販売業者などが不安を

煽ってきても慌てず、冷静になって専門家にまずは相談をしましょう。

本日もご覧頂きありがとうございました。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ