塗装工事の下塗り塗料は、部材によって変わる

いつもご覧頂きありがとうございます。

今日も朝から暑い一日ですね。さて今日も現在進行中の宝塚市屋根塗装・外壁塗装リフォーム現場に

行って来ました。私達は、一日一回必ず現場に行きチェックや進み具合など確認をしています。

さて昨日行なわれた鉄部のさび止めを今日は、チェックしました。

屋根下塗り 宝塚

水切り 下塗り 宝塚

今日は、塗替え時の下塗りについて解説していきますね。

お家を塗り替える場合、屋根や外壁などの工程は、下塗り・中塗り・上塗りの3工程が適切な工程です。

この下塗り材の役割は、中塗り・上塗りの材料が剥がれにくくする為、密着性を高める為に屋根や外壁の

場合は、透明の下塗り材や白い下塗り材を使用します。どの工程も重要ですが特にこの下塗りが重要です。

また、お家は、たくさんの素材の違う材料で出来ています。その素材に適した下塗り材を使用しなくては

いけません。例というと上記写真の様に屋根の一番高い部分には棟包みという鉄部があります。

これは、鉄部ですので鉄部に適した下塗り材を塗らなくていけません。鉄部の場合は、さびが発生するので

下塗り材にサビ止めを必ず塗ります。この様にたくさんの材料で出来ているお家の下塗り材は、

その材料によって下塗り材を替えるのが適切な塗替えの下塗り工程になります。

下塗り材だけでもそれぞれ違いので適切な塗替え工事をするには、金額が掛かってきてしまうという事です。

安い価格の場合、全て同じ下塗り材で塗って後から剥がれてきた!なんてことも実際にはあります。

せっかくお家をキレイにし長く持たせる為に行った塗替えリフォームがこれでは意味がありません。

ですので価格だけで判断すると失敗しますよ!と言い続けている理由です。

しかしご予算あってのリフォームです、予算の事も業者さんに伝える事も時にはよく予算内で適切な

工事をしてくれる業者さんもいますので相談をする事がいいでしょう。

下塗り材は、部材によって使い分けるのでこの辺もチェックをしましょう。

本日もご覧頂きありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ