宝塚市現場チェックと築10年位で塗り替えないといけないのか?

いつもご覧頂きありがとうございます。

今日は、昨日の大雨の影響か朝は少し寒いくらいでしたが日中は、暑くなってきましたね・・・。

さて、今日も宝塚市の屋根塗装。外壁塗り替えリフォーム現場にチェックにいってきました。

外壁塗り替え 西宮
サイディングの目地やサッシ廻りのシールが新しく打ち替えが終わったので今日は、このシール部分を

チェック致しました。新しくなったシール部分は白くなっていますが外壁と同じ色になるので塗替え後は、

目立たなくなります。

さて、本日は、外壁塗装の塗替え時期についてです。

一般的にお家の屋根や外壁の塗替え時期は、新築後や購入されてから10年位といわれています。

10年位経つとサイディングの色やモルタル外壁などの色の劣化やコケ、雨汚れなどが付着してきます。

では、10年で塗り替えないといけないかというとそうでもなくお家の屋根や外壁の状態、立地環境に

よりまだまだきれいで塗料の耐久性が持っているお家もあります。ですので一般的に言われている10年で

塗り替えないといけないかというと一概にはいえません。お家の塗替え時期にきているかの簡易チェックが

ご自身でもできる方法があります。

手で外壁を触って白い粉が手に付く場合は、塗料の寿命がきている証拠ですのでそろそろ塗替え時期に

きていますので塗り替えを検討するといいでしょう。

また先程、10年で塗替え時期とと一般的に言われていますが皆さんやはり12~15年位は、ひっぱているのが

現実で築15年位までには塗り替える事、それ以上経つと塗替えだけで済んでいたお家がどこかしら修繕が

必要になっている場合がある可能性があり余計に費用が掛かってしまうかもしれませんので塗替えの目安として

築15年位までには塗替えをしましょう。また塗り替える前に専門家に現在のお家の状態をしっかりと診断

してもらってから塗替えだけでいいのかそれとも他の部分も修繕してから塗り替えないといけないのかなどを

判断してもらいましょう。本日もご覧頂きありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ