サイディングのシール(コーキング)について

いつもご覧頂きありがとうございます。

今日は、朝から宝塚市の外壁塗装・屋根塗装リフォーム現場に行ってきました。

リフォーム二日目の今日は、屋根や外壁を洗う洗浄工事を行いました。

DSCN0904
この洗浄工事は、車などを洗う洗浄とは違い旧塗膜の汚れを落す洗浄で新しく塗る塗料の密着性を高める

為に汚れを落します。ですので洗剤などは使用しなくても水洗いで通常は大丈夫です。最近では、バイオ洗浄を

売るにしている業者さんもいますがバイオ洗浄をしてもそれほど意味がありません。では、どうしてそのような

洗浄方法を売りにしているのか?それはただ単に単価をあげたいがために行っているだけです。

さて今日は、外壁がサイディングのお家の方向けにシールについてです。

サイディングとサイディングの間に細いゴム状の線がサイディングの場合、あります。これをシールまたは

コーキングといいます。このシールは、サイディング独特の材料でこの部分も永久的に持つのではなく

寿命があります。

DSCN0907
上記写真がシールといいますが写真の様に口が開いていたり中の青い部分が見えていたり剥がれていたりすると

寿命がきている証拠です。ですがいきなりここから雨水が侵入しお家の中に何かしらの支障が出てくるのでは

なくこのままほっておくといずれ雨水が侵入しお家の中までくるので早め早めの補修または修繕を行なって

あげる事が必要です。シール部分がこの様な状態だと訪問販売の営業マンに目をつけられやすいく不安を

あおってきますのでもし訪問販売の営業マンに目をつけられた場合は、とにかく冷静に対応しお断りし

専門家にみてもらう様にしましょう。

話が少しそれましたがシールが上記の様な症状になっている場合、外壁の塗替え時期もきている場合が

多くあります。ですのでまずは、専門家に建物の外壁診断をしてもらい塗替えとシールの寿命がきていれば

一緒に修繕をしてもらう方がコスト的にも抑える事ができますのでまずは無料外壁診断をお願いしましょう。

今日は、サイディングのシールについてご説明させて頂きました。

本日もご覧頂きありがとうございました。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ