外壁塗装の洗浄工事について

いつもご覧頂きありがとうございます。

今週から宝塚市のお客さま宅外壁塗装リフォームがスタートしました。

まずは、先日、足場建て工事からスタートしました。

宝塚 塗替え

塗装工事の場合、まずは足場を建てます。工事初日のこの日も建て完了までしっかりと監理させて頂きました。

DSCN0669

お家の塗装工事の場合は、工事中の監理体制がしっかりとする事が必要になってきます。

一般の方では適切な工事が行われているのかを判断する事は難しい為、専門家の私達が工事中は監理を

させて頂き隅々まで毎日現場に行き監理をしています。

工事二日目の今日は、洗浄工事を行いました。

DSCN0686

この洗浄工事は、塗替え前に新しく塗る塗料の密着性を高める為に旧塗膜の汚れを落す工事です。

さて本日は、外壁塗装の洗浄についてです。

洗浄工事は先程もご説明させて頂いた通り、旧塗膜の汚れを落し新しく塗る塗料の密着性を高める工事です。

最近では、洗剤を使用した洗浄工事を行う所もありますが必ず洗剤を使用しなければいけないかと

言うとそうでもありません。逆に洗剤を使用してはいけない場合もあります。

洗浄工事はお家の長年の汚れを落す意味もあるので必ず必要な工事です。この洗浄を行なわない業者さんも

たまにいるので洗浄工事が無い場合は業者さんに言ってしてもらう様にしましょう。

本日もご覧頂きありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ